バラ苗4本(新苗は5本)以上送料無料 ※種類(秋苗、大苗、裸苗、新苗)が同一の場合 バラ苗以外7,000円(税込)以上

はなはなショップは、毎年「国際バラとガーデニングショウ<西武ドーム>」に出店しております。

ベーサルシュートの処理について

2021.04.09

今の時期に伸びてくるベーサルシュートの処理について分かりやすくご説明します。ベーサルシュート??? 初めて聞いた人もいるかも。写真をご覧ください。

  

↓↓↓写真は昨秋に開花苗を植え付けたサント・ノーレです。

秋の植え付け時のブログはこちらです。

  

株元の接ぎ木部分からひときわ勢いよく伸びてくるシュートがベーサルシュートです。

この枝の処理がこの時期に行うバラの必須作業です。

   

なぜかというと、出てきたばかりのベーサルシュートはとても柔らかくて折れやすいんです。何も処理をせずに花をいっぱい咲かせると、花の重みで根元から折れてしまうことがあります。

 

この事態を避けるために、ベーサルシュートの処理は必ず行いましょう。

   

”処理”の方法は2種類あります。

 

A:思い切って剪定する(一般的に「シュート処理」と言われるのはこちらです)

 

B:花を見てから剪定する

    

どちらでもOK! ・・なんですが、2種類の方法について詳しくご説明します。

 

A:ベーサルシュートの3分の1程度で剪定する。

春の最初の花は見ることができませんが、ベーサルシュートを確実に守ることができ、2番花が6月頃楽しめます。

  

B:支柱を立て、開花を楽しんだ後にAと同じ位置で剪定する。

せっかく蕾が付いたので、花を見たい! ですよね。

↓↓↓支柱を立てた状態。 

支柱を立てる時には、柔らかいベーサルショートを優しく扱い、折れないように細心の注意を払ってください。ここで折れたら…(涙)

   

皆様もご自宅のバラを早速チェックして、ベーサルシュートの処理をお願いします。

  

■このブログで紹介した商品のお買い上げはこちら

 

サント・ノーレ

パソコンから     スマホから

あわせて読みたい関連記事

アーカイブ

ページのトップへ