はなはなショップは、毎年「国際バラとガーデニングショウ<西武ドーム>」に出店しております。

 

つるバラの育て方3月〜4月

3月、4月つるバラの育て方

3月は新芽、4月は若葉が茂りツボミも付く

3月〜4月は、姿の変化が大きい時期です。日照時間が長くなり、気温が上がってくると、成長のスピードが加速します。
3月に新芽が出て、次に若葉が茂り、そのうち小さな蕾も見えて、、、と日に日に姿が変わっていきます。
暖かくなるので、虫も動きはじめ、病害虫に注意が必要になります。
若葉が出はじめてからは、毎日状態を観察すると病害虫を見逃しません。

3月のつるバラの状態

水やり 鉢植えは、土の表面が乾いたらたっぷりやる
庭植えは、必要なし
肥料 月に1回「バラの肥料 」をやる
4月の肥料は中旬までに済ませる
病害虫 若葉にアブラムシが付きやすい。
葉が多くなるとうどん粉病も出てきます。蕾が付く頃にはバラゾウムシにも注意。
寒冷地の場合 雪が解けてきたら剪定&誘引を行います

つるバラ3月〜4月 よくあるQ&A

Q.3月に誘引してはいけないですか?
A.3月、4月でも誘引は可能です。ただ、新芽が出ているので、なるべく作業中に芽が取れないよう、気を付けて行ってください。
もし芽が取れてしまっても、新しい芽が出てきます。花は少なくなりますが、全く花が咲かないわけではないので安心してください。
Q.早く枝を伸ばしたいのですが、どうすればいいですか?
A.とにかく日当たりが重要です。株元に日光が当たると新しい枝が出やすいです。

ブログへ

ページトップへ