バラ苗4本(新苗は5本)以上送料無料 ※種類(秋苗、大苗、裸苗、新苗)が同一の場合 バラ苗以外7,000円(税込)以上

はなはなショップは、毎年「国際バラとガーデニングショウ<西武ドーム>」に出店しております。

オベリスク仕立ての花後の剪定その後

2022.06.19

5月末にブログで花後の管理をご紹介した時に、オベリスク仕立てをかなり思い切って剪定したのをご覧いただいたでしょうか?

まだの方はこちらから 

 ⇒ 花後の管理あれこれ ※記事の真ん中すぎあたりです。

 

↓↓↓その時のソフィー・ロシャスのオベリスク仕立ての剪定ビフォーアフターです。

「こんなに強く剪定して大丈夫??」と思われた方、いると思います。

しか~し! ご覧ください↓↓↓

弱るどころか、わずか数週間でモリモリと元気に茂っているのがわかっていただけると思います。

  

↓↓↓花後に思い切って切り戻した昨年の太い枝から、早くも長いもので50㎝くらいのシュートが伸びています。

剪定後はオベリスクの上部がさみしいことになっていましたが、これなら秋までには若くて元気なシュートが、オベリスクのある高さの範囲内にたくさん茂ってくれるというのがわかっていただけると思います。

  

※これをしないと逆に、若くて元気なシュートはオベリスクより高い位置だけに茂って、下の方は老化した古い枝ばかり、、、ということになってしまうんですね。そんな株、よく見たことありませんか? 

  

 

↓↓↓同じ時期にちょっと強めに切り戻しをしたナエマのオベリスク仕立ても、たくさん新芽が芽吹いて、、

   

↓↓↓こちらは株本からシュートが4本も!! 

   

 つるバラを花後に少し強めに剪定する、というのは慣れないと少し躊躇してしまうかとはおもいますが、こうしてみると効果的だったということがわかっていただけると思います。

はなはなショップのブログを見ていただいている皆さんはもうご存じかと思いますが、鉢植えのオベリスク仕立てバラが何年たってもこれだけたくさんシュートを出し続けてくれる秘訣をまとめると、、、、

   

1.適切な冬剪定(老化した枝はおもいきって剪定する)

2.出来るだけ毎年(冬)の土替え、又はたい肥のマルチングなどで土の改良

3.花後の切り戻し、プラス少し強めの剪定(オベリスクの高さの上から3分の1程度の剪定)

4.そして、フルボ酸活力液アタックT-1と、有機プラス液肥トップワンの灌注!! 

ですね~。

皆さんも是非、実践してみてください!! 

   

  

■このブログで紹介した商品のお買い上げは、スマホの方はこちらから↓↓↓(パソコンからご覧の方は文章中にリンクを貼ってあります)

ソフィー・ロシャス

ナエマ

フルボ酸活力液アタックT-1

有機プラス液肥トップワン

あわせて読みたい関連記事

  • 2016年12月2日
    スタンダードやオベリスク仕立ては、背が高いです。↓↓↓   風が強いと、鉢が倒れることがありますから、 私たち…

  • 2016年11月2日
    先日から「つるバラの誘引を計画しましょう!」と呼びかけています。 今日は、その3。 (3)オベリスクを使って、つるバラを…

  • 2018年5月12日
    ズバリ写真の商品が届く指名買い、今年もやります! 1点ものなので、早いモノ勝ちですよ。   01「ナエマ オベ…

  • 2021年3月30日
    今年も、少しですが、オベリスク仕立てを販売しています。パソコンから スマホから オベリスクは、このあと伸びることを想定…

  • 2017年11月29日
    ショップの庭には、鉢植え「ナエマ」のオベリスク仕立てがあります↓↓↓ 春の様子↓↓↓ 枝が短く、寸足らずでした 今のオベ…

アーカイブ

ページのトップへ