バラ苗4本(新苗は5本)以上送料無料 ※種類(秋苗、大苗、裸苗、新苗)が同一の場合 バラ苗以外7,000円(税込)以上

はなはなショップは、毎年「国際バラとガーデニングショウ<西武ドーム>」に出店しております。

花後の管理 あれこれ

2022.05.27

開花シーズン中も、常に花がら摘みやベーサルシュートの処理などを続けてきましたが、ここにきて一気に開花が終了し始めたので、まとめて花後の管理を始めました。

 

↓↓↓鮮度の落ちたフラゴナールの花をせっせと摘み取ります。

 

↓↓↓開花の終わった房は、開花枝の半分程度で切り戻します。

 

↓↓↓ピンク・パラダイスの株からベーサルシュートが何本も!

 

↓↓↓ベーサルシュートの切り戻しは3分の1程度まで短くします。

「こんな太いところで切ってしまって大丈夫?」と思われる方もいるかと思いますが、大丈夫です!! 

  

 ベーサルシュートを高い位置で剪定してしまうと、そこからさらに勢いの良い枝が伸びて、ほかの枝と比べてバランスが悪くなるばかりかその枝に勢いが集中してしまって、ほかの枝の伸びが悪くなることがあります。 

  

 樹形を整えるためにも、ベーサルシュートは現在の株の茂みよりも一段二段低い位置で切るようにしましょう。

   

  

↓↓↓芽が吹いて枝が伸びても花が咲かなかったブラインド枝。

   

こういった、そこそこの太さのあるブラインド枝はしっかり切り戻しておくと、次に芽が伸びてきたときにはちゃんと開花してくれます!

細すぎるブラインド枝は、ほかの枝と込み合っている場合は枝の元から切り取っておきます。枝が込み合っていない場合は無理に切り取る必要はありませんが。

  

↓↓↓ひととおり花が終わったら、お礼肥を与えておきます!

花ごころバラの肥料なら、地植えのバラには100g程度(約2つかみ半くらい)。

有機主体なのに臭いも少なく、部分的に化成肥料が補ってあるので即効性もあるとても使いやすい肥料なのでおすすめです!

 

↓↓↓マルチングチップを敷いてある場合は、マルチングをよけて土の上に撒くのがおすすめ。この後マルチングチップを戻しておきます。

 

↓↓↓鉢植え(10号鉢)の場合は40g程度。

  

↓↓↓完全に開花が終わったソフィー・ロシャスのオベリスク仕立て。

開花枝の切り戻しが終わったのでこのままお礼肥を与えておけば、また次々開花してくるのですが、、

   

↓↓↓オベリスク仕立ては来年も同じサイズでたくさん花を咲かせるために、冬に誘引した太い枝も含め、上から3分の1程度までバッサリ剪定します!!

こうすることによって、株元からベーサルシュート、枝の途中からサイドシュートが出やすくなって、冬の剪定・誘引時にオベリスクの下の方から若くて勢いの良い枝が何本も残ることになります。

すなわち、春の開花時はオベリスクの下の方から上の方までまんべんなく花が咲く、という事! 

 

こんなに切るのはちょっと怖いですかね?

  

でも、これをしないと何年か後には「上の方は元気な枝葉が茂って花もよく咲いているんだけど、下の方に花が咲かない、枝も古くなっている」という状態になってしまいます。(心当たりがある方も多いのでは?)

  

この時期に強めの剪定をしておくと、これから夏、秋にかけて元気なシュートが良く伸びるようになるので怖がらずに剪定してみてください!

   

↓↓↓バラの株元の宿根草(宿根サルビア“カラドンナ”)もほぼ開花が終わり、、

このまま放置しておくと、雨などでバタバタと倒れて見苦しいだけでなく、バラの株元の風通しが悪くなって病気の発生原因にも。   

 

↓↓↓ということでこちらもバッサリ切り戻し!

すぐに芽吹いてまた元気に茂ってくれます。。

  

  

■こちらのブログで紹介した商品のお買い上げは、スマホの方はこちら↓から。(パソコンの方は文章中の商品名にリンクが貼ってあります)

 

花ごころバラの肥料

バラ専用マルチングチップ

フラゴナール

ピンク・パラダイス

ソフィー・ロシャス

あわせて読みたい関連記事

  • 2018年5月24日
    昨日の雨で、最後の一番花が散ったので、 今朝のパトロールは、2番花に向けて切り戻しをしました。   早く咲き始…

  • 2020年6月19日
    1番花が終わって、2番花を待つ梅雨の間のバラは、こんな感じ。 若枝(ベイサルシュート)に花が咲く↓↓↓ ベイサルシュー…

  • 2018年6月9日
    新苗は、こんなふうに成長していきますよー。 春から冬までの変化を、ご覧ください! 5月 植替え↓↓↓ 良質な土を使いまし…

  • 2021年4月9日
    今の時期に伸びてくるベーサルシュートの処理について分かりやすくご説明します。ベーサルシュート??? 初めて聞いた人もい…

  • 2017年6月2日
    咲いている「ラ・パリジェンヌ」を除いて、全てのバラの"切り戻し”が終わりました。   フェンスの「シャンテロゼ…

アーカイブ

ページのトップへ