バラ苗4本(新苗は5本)以上送料無料 ※種類(秋苗、大苗、裸苗、新苗)が同一の場合 バラ苗以外7,000円(税込)以上

はなはなショップは、毎年「国際バラとガーデニングショウ<西武ドーム>」に出店しております。

つるバラの剪定・誘引  ~ダフネのフェンス仕立て~

2022.01.09

今年のつるバラ剪定・誘引はフェンス仕立てのダフネから始めました。 

  

↓↓↓今週の剪定前のダフネの状態はこんな感じです。

   

↓↓↓剪定・誘引後の姿です。

   

↓↓↓ちなみに昨年2月の剪定・誘引後の姿はこんな感じ。この1年でまた一回り大きくなったのが良くわかると思います。

↓↓↓昨年の春の開花時の姿。ダフネ、やっぱきれいですね~。

淡いブルーのクレマチスは “プリンス・チャールズ”、足元の濃いブルーの宿根草はサルビア・ネモローサ “カラドンナ”です。両方とも春の開花時期がバラとほぼ同じなので組み合わせに最高ですね!

   

今回は剪定する枝や誘引の仕方など、細かな説明画像がありませんのでつるバラのフェンス仕立ての剪定・誘引方法ををもっと詳しく知りたい方はで昨年1月のブログで詳しく図解していますので参照ください。

 

昨年の「冬の作業の段取り」ブログでもご説明しましたが、冬のバラの剪定作業はつるバラから始めていただくのがセオリーです。

 

つるバラは枝を誘引する際に枝を大きく曲げることが多いですよね。誘引作業が遅くなると冬の寒さでだんだん枝が固くなってくると折れたり割けたりすることがあるためです。

 

とは言え、1月終わりとか2月につるバラの剪定・誘引してはいけないわけではないのでそれほど厳密に考える必要はありませんが、、。

あわせて読みたい関連記事

アーカイブ

ページのトップへ