バラ苗4本(新苗は5本)以上送料無料 ※種類(秋苗、大苗、裸苗、新苗)が同一の場合 バラ苗以外7,000円(税込)以上

はなはなショップは、毎年「国際バラとガーデニングショウ<西武ドーム>」に出店しております。

芽吹きの季節になりました

2021.03.07

3月に入り、遅めに剪定したバラたちもだいぶ芽吹いてきました。

  

芽吹きが始まったという事は、土の中では新しい根が伸び始めているということ。

 

これからの季節、根が元気に伸びてくれれば芽吹きも良くなり、ベイサルシュートも出てきて株も若返るし、良い事ばかり。

   

ということで、3月に入ってからは根を元気にして芽吹きを更に促す為に「フルボ酸活力液アタックT-1」と、アミノ酸たっぷりの「有機プラス液肥トップワン」を与え始めます。

  

「アタックT-1」をバラに使用する場合は、250倍に薄めて灌注(かんちゅう)します。

 

↓↓↓写真のバケツは水が約8リットルなので、8000ml÷250=32ml。

T-1のボトルについたキャップ1杯が10mlなので、3杯とちょっとです。(※200mlボトルはキャップ1杯が6ml)

   

次に「有機プラス液肥トップワン」は100倍希釈なので、

8000ml÷100=80ml。キャップに8杯。 

良くかき混ぜてから、ジョウロに移して、、

   

、、、灌注します。↓↓↓

普通に水やりをする感覚で、鉢土いっぱいに希釈液が行き渡るくらい与えます。

鉢底から流れで始めるくらいまで与えるのが目安です。こちらのガブリエルは12号鉢ですが、約4リットルくらい。

↓↓↓フェ・クロシェットは10号鉢なので、約2~3ℓくらい。

  

↓↓↓地植え(庭植え)のバラも約4リットルくらいが良いでしょう。

株が小さければ、少し少な目でも良いですが、、

これを、これからの生育期に出来れば2週に1回(月に2回)程度与えてあげれば効果テキメンです。

   

  

目安として

鉢植え(10号鉢)には1鉢当たり希釈液が2リットル必要なので、

 フルボ酸活力液アタックT-1 : 8ml/鉢

有機プラス液肥トップワン  : 20ml/鉢

 

庭植えには1株あたり希釈液が4リットル必要なので、

 フルボ酸活力液アタックT-1 : 16ml/株

 有機プラス液肥トップワン  : 40ml/株 

になります。

      

3月~4月に毎月2回、5月の開花時期は休んで、6月~10月まで月2回くらいのペースで、年間合計14回くらい与えるのがオススメです。

活力液と液肥のお買い上げはこちら↓↓↓ 

  

「フルボ酸活力液アタックT-1」

 パソコンから      スマホから

 

「有機プラス液肥トップワン」

 パソコンから      スマホから

あわせて読みたい関連記事

  • 2021年4月4日
    4月に入り、新芽の先端に蕾が見え始めました。 芽吹きも順調で、ガーデン全体が艶やかなバラの新緑で日々明るくなってきてい…

  • 2021年8月1日
    夏らしい暑い天気が続く中、時折激しい雷雨も。 梅雨時期よりはマシになりましたが、それでもところどころ黒星病が。 黒星病…

  • 2021年6月6日
    春の開花が終わったので、有機プラス液肥トップワン+フルボ酸活力液アタックT-1の灌注(かんちゅう=希釈液を水やり代わり…

  • 2020年9月26日
    9月上旬に夏剪定したバラたちの生育状況です。 ピンク・ビンテージ 9月6日に夏剪定したときの姿と↑を比べてみてください…

  • 2022年6月4日
    遅咲き品種の開花も終わり、花後の切り戻しやお礼肥も終わり。 数週間前はあんなに賑やかだったガーデンがこのとおり↓↓↓、…

アーカイブ

ページのトップへ