はなはなショップ

バラ苗4本(新苗は5本)以上送料無料 ※種類(秋苗、大苗、裸苗、新苗)が同一の場合 バラ苗以外7,000円(税込)以上

はなはなショップは、毎年「国際バラとガーデニングショウ<西武ドーム>」に出店しております。

今、土壌改良のタイミングです!

2019.01.31

冬の間に、鉢植えバラは、土替えをしますね。

庭植えバラには、“土壌改良”をしておきましょう。

“土壌改良”も、年に1回行うのが理想的です。

バラ園でも“土壌改良”するんですよ↓↓↓ 名古屋市 庄内緑地公園バラ園

バラ園の土壌改良

 

“土壌改良”とは、

固く、微生物の活動も減って、水や肥料を保つチカラが弱くなってきた

“劣化した土”に、

人が手を入れることで、その力を回復させることです。

 

そこに必要なのは、有機物。

 

堆肥などの有機物を混ぜると、

細かくなってしまった土の粒がくっついてダンゴ状になり(土の団粒化)、

通気性、排水性(水はけ)が良くなり、

有機質の効果で保水性(水持ち)や保肥力もアップします。

そして、植物の生長を助ける微生物の働きも活発になります。

 

以下は、土壌改良材として使われる有機物のポピュラーなものです。

(1)バーク堆肥…樹皮を発酵させたもの

(2)腐葉土…落ち葉を発酵させたもの

(3)家畜糞尿堆肥…牛、豚、鶏などのフンを発酵させたもの

 

ショップでは、(3)の「花ごころ 特選有機バラのたい肥」(お徳用20Lも中身同じ)

を使い、土壌改良します。

この商品は、特に腐植(ふしょく)が多いのが特長です。

腐植(ふしょく)が多いと、土に多くの作用を及ぼし、土壌改良効果が高くなります。

「腐植(ふしょく)」を詳しく知りたい方⇒ http://hanagokoro.co.jp/btoc/lesson/9372

また、(3)は、肥料成分が多いので、肥料を混ぜる必要がなく、経済的&簡単です。

 

では、さっそくやってみましょう!

バラの株元から30cmくらい離れた場所に↓↓↓

バラの土壌改良

深さ30cm~40cmの穴を掘り↓↓↓

バラの土壌改良

そこに、「花ごころ 特選有機バラのたい肥」(お徳用20Lも中身同じ)を

約5L入れます↓↓↓

バラの土壌改良

そして、掘った土を埋め戻すだけ↓↓↓

バラの土壌改良

これで完了です。簡単でしょ。

ちなみに、来年は別の場所を掘って入れます。

 

もしも、他の植物が植わっていて、

周りに穴を掘ることが出来ない場合は、

株元に「花ごころ 特選有機バラのたい肥」(お徳用20Lも中身同じ)を

マルチングするだけでも、やっておくと良いです↓↓↓

バラの土壌改良

ひと手間がかけられるなら、土にすき込むとベターです↓↓↓

バラの土壌改良

マルチングすることで、

上の方で分解された有機物が、土の中に浸みこんでいくわけです。

 

「土壌改良やらなくても、肥料をやれば育つでしょ」と考えがちですが、

まず健康な根がなければ、肥料をどれだけやっても意味がありません。

健康な根を出すには、土の中が大事で、肥料はその後の話です。

 

肥料で何とかしようと思わず、冬に土壌改良を!

◆バラのたい肥 お徳用20L×2袋 送料無料

https://www.hanahana-shop.com/SHOP/cp34095.html

 

「みんな、土壌改良どうしてるの?」が分かるアンケートも参考に。

http://hanagokoro.co.jp/btoc/life/7879

あわせて読みたい関連記事

ページのトップへ