バラ苗4本(新苗は5本)以上送料無料 ※種類(秋苗、大苗、裸苗、新苗)が同一の場合 バラ苗以外7,000円(税込)以上

はなはなショップは、毎年「国際バラとガーデニングショウ<西武ドーム>」に出店しております。

夏の花が早く咲くわけ

2016.09.02

全てのバラに当てはまるわけではありませんが、

夏って、剪定してから、ツボミが付くまでが早いなぁと思いませんか?

あと、細い枝に、小さな小さなツボミが付くんですよね。

こんなふうに…↓↓↓↓

夏のツボミ

 

夏のツボミ

 

これには理由があります。

 

まず、剪定した場所が浅かった、というのがあります。

切る位置と芽が伸びだす時間の関係です↓↓↓

バラ剪定の位置

夏は、高い位置で切ることが多いので、芽が出るのが早いのです。

また、高い位置は、枝が細いので、出てくる枝も細く、小さなツボミしか付かないということです。

 

あと、気温が高いと、バラは早く花を咲かせ実を付けようとするんですね。

もともとバラは寒さに強い植物ですから、暑さは苦手です。

危機感を感じて、早く子孫を残そうとしているのかもしれません。

 

 

剪定の時、この原理を知っていると応用が利きますよ。

私たちは、来週夏剪定する予定です。

あわせて読みたい関連記事

  • 2019年9月10日
    夏の小さな花って、どうしていますか? 私たちは、コレです。水に浮かべる↓↓↓ 夏のバラ これなら、センスが無い人でも、…

  • 2016年4月21日
    ツボミの周りの葉が、細長いヘンなカタチになっています。 この株は、全てこんな感じ。     これは…

  • 2017年8月2日
    夏は、バラが暑さで弱っているので、花を咲かせない方がいいですよ! 出てきたツボミは摘んでしまいましょう! と言っています…

  • 2018年4月10日
    今日の「シャンテロゼミサト」↓↓↓ 庭に来て4年目の株です もう、小さなつぼみが見えています↓↓↓ 今の時期、「わぁ~い…

  • 2019年2月25日
    ショップのある名古屋は、最高気温18度。 パトロールで庭に出ると、小躍りしたくなるポカポカ陽気でした。   先…

アーカイブ

ページのトップへ