バラ苗4本(新苗は5本)以上送料無料 ※種類(秋苗、大苗、裸苗、新苗)が同一の場合 バラ苗以外7,000円(税込)以上

はなはなショップは、毎年「国際バラとガーデニングショウ<西武ドーム>」に出店しております。

「開花苗」を庭に植えつけました

2016.06.01

5月21日に、満開でやってきた「フラゴナール」ですが↓↓↓

フラゴナール

最後の花が終わったので↓↓↓

フラゴナールの一番花終わり

花壇に植えつけします。

 

「開花苗」は、水切れに気を付けてさえいれば、

植えつけ(植え替え)に一刻を争うわけではありませんが、

6月、7月が生育最盛期なので、その前に植え付けた方が、育ちが良くなるのは確かです。

6月中旬までには終わらせましょう。

 

では、用意するものから↓↓↓

開花苗の植えつけ

開花苗or大苗/特選有機バラのたい肥バラのバイオキャッチ/スコップ

 

最初に、苗木の“切り戻し”をしておきましょう。

開花苗

枝先は、まだこんな状態↓↓↓

花摘み後の枝

 

花がら摘み

 

2/3くらいの高さになるよう、大きく元気な葉の5ミリ上でカット↓↓↓全ての枝にハサミを入れます

バラの切り戻し

バラの切り戻し

切り戻し完了。スッキリしました↓↓↓

切り戻しが終わったバラ苗

 

では、植えつけますよ~。

最初にやるのは、穴掘り。

植えつけたい場所に、深さ幅ともに30cm~40cmの穴を掘ります↓↓↓

バラの植えつけ

 

そこに、「特選有機バラのたい肥」を、約5L入れます↓↓↓

バラの植えつけ

 

さらに、「バラのバイオキャッチ」をスプーン3杯入れます↓↓↓

バラのバイオキャッチ

根の周りの環境を良くするためです

バラのバイオキャッチ

 

掘り出した庭土を2/3穴に戻して、混ぜ合わせます↓↓↓

バラの植えつけ

 

植える穴は、準備完了。

 

いよいよ、苗を鉢から出します。

片手で株元を持ち上げ、片手で鉢の角を下へ向けてコンコンと叩くと外れます↓↓↓

開花苗の植えつけ

 

開花苗

 

この時に、株元の接ぎ木テープを剥がしてしまいましょう。株が太ると食い込むので…

大苗の接ぎ木テープ

 

取り出した苗をそのまま穴に入れて、高さや向きを決めます↓↓↓

開花苗の植えつけ

 

位置が決まったら、土を被せていきます↓↓↓

開花苗の植えつけ

 

手で軽く押さえて、完了↓↓↓

開花苗の植えつけ

 

最後に水をたっぷりやっておきましょう↓↓↓↓↓↓

根鉢と用土が馴染んで、根の張りが良くなります。

開花苗の植えつけ

 

穴掘りが少し大変ですが、あとは難しくない作業です。

土が乾いている日を見計らって、作業しましょう。

※土が濡れていると力が要るのと、たい肥がネバつくので

 

あわせて読みたい関連記事

アーカイブ

ページのトップへ