はなはなショップ

バラ苗4本(新苗は5本)以上送料無料 ※種類(秋苗、大苗、裸苗、新苗)が同一の場合 バラ苗以外7,000円(税込)以上

はなはなショップは、毎年「国際バラとガーデニングショウ<西武ドーム>」に出店しております。

冬剪定の時、気を付けること

2016.01.21

これから冬剪定をする方、まだまだいらっしゃると思います。

今日は、冬剪定の時に知っておくと良いことを紹介します。

 

まず、このあと2枚の写真のうち、

剪定ばさみの使い方が正しいのはどちらだと思いますか?

 

①残す枝の方に、「受け刃」がある

冬剪定

 

②残す枝の方に、「切り刃」がある

冬剪定

 

正解は②です。

では、実際に切った切断面を見てみましょう。

 

①枝が割れて、表面がデコボコしている。

バラの枝切断面

 

②キレイな平面。

冬剪定

 

①のような切り方だと、全ての枝の断面が割れるわけではありませんが、

キレイに切れない確率が高くなります。

 

枝の状態や、ハサミの動きによっては、これくらいになることもあります。↓↓↓↓↓

剪定後の断面

 

枝の切断面がイビツになっていると、そこから枯れこんだり、雑菌が入ったりしやすくなります。

剪定の時は意識して、残す枝の方に切り刃を当てる癖をつけると良いですね。

 

また、切れ味の悪い剪定ばさみでも、切断面が割れたり、潰れたりします。

今のハサミに満足していない方は、冬剪定前に新調してはどうでしょう?

切れ味の良いハサミを使うと、冬剪定も楽しくなります。

(スパッとした感触が気持ちよくて、ついつい切り過ぎちゃうかも)

 

スタッフも使っている、イチオシの剪定ばさみはコチラ。↓↓↓↓↓

秀久剪定ばさみ

「秀久 剪定鋏」 https://www.hanahana-shop.com/SHOP/ss34175_34174.html

 

切れ味は言うことなし。スパッと切れます。(評価レビューを見ると皆さん同意見です)

あと、刃の部分が細身に出来ているので、枝の込み合った間にも入ります。

グリップも握りやすく、手にフィットしてくれ、強い力が要りません。

秀久剪定ばさみ

 

バラのプロたちにも愛用者が多く、雑誌で紹介されていることも…。

紹介されていた雑誌⇒https://www.hanahana-shop.com/shop_blog/news/20150724/

 

バラ栽培には、この剪定ばさみと、剪定のこぎりがあれば、バッチリです。

これくらい太い枝になると、剪定のこぎりじゃないと切れません。↓↓↓↓

太いバラの枝

この剪定のこぎりは、ハンディタイプでちょうど良いです。

剪定のこぎり

 

ぜひ優秀な道具を使って、楽しくラクにお手入れしましょう。

「秀久 剪定鋏」

https://www.hanahana-shop.com/SHOP/ss34175_34174.html

「剪定のこぎり」

https://www.hanahana-shop.com/SHOP/ss34475_34476_34477.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あわせて読みたい関連記事

ページのトップへ