はなはなショップ

バラ苗4本(新苗は5本)以上送料無料 ※種類(秋苗、大苗、裸苗、新苗)が同一の場合 バラ苗以外7,000円(税込)以上

はなはなショップは、毎年「国際バラとガーデニングショウ<西武ドーム>」に出店しております。

2番花の切り戻し 地植え木立ちバラ編

2017.07.15

朝から灼熱の暑さで、庭に出ていられる時間が少ないので、

2番花の切り戻しは、太陽が隠れた時を見はからって、少しずつ進めています。

 

今日は、花壇の「パトラッシュ」↓↓↓

バラの切り戻し

このバラの2番花も花数多く、庭を賑やかにしてくれました。

 

春は2本のベイサルシュートが出て、今また1本伸びてきてます↓↓↓

樹に勢いがある証拠。

バラのベイサルシュート

 

↓↓↓こんな状態なので、早くサッパリしてあげたかったんですよね

終わりかけのバラの花

 

花がよく咲き、樹の状態はとても良いバラでも、株元には「黒星病」が出ています↓↓↓

バラの黒星病

薬品を散布したので、病気は止まったはずですが、

やはり夏場は、葉が減ることを想定して、葉は多めに残しておきましょう。

 

花がらに近い、元気な葉の5ミリ上でカット↓↓↓

バラの切り戻し

元気な葉の5ミリ上でカット↓↓↓

バラの切り戻し

 

完成形↓↓↓ なるべく葉を残して、樹形も整えることができました

バラの切り戻し

カットしたのは、これだけ↓↓↓花がら摘みくらいの量ですね。

バラの花がら

「今年の夏も暑いけど、頑張って耐えてね」と、声をかけて終了しました。

2番花の切り戻し ガブリエル編

2017.07.14

昨日に引き続き、2番花の切り戻しです。

 

今日は、はかなげバラの代表「ガブリエル」。

今のところショップの「ガブリエル」は、

ベイサルシュートの勢いが凄くて、樹形は乱れていますが、元気いっぱい↓↓↓

ガブリエルのバラ

やはり、常に葉をたくさん付けておくことが、枯らさないコツですね。

 

でも、こうして暑さで弱っている葉もあります↓↓↓

バラの葉

 

「ガブリエル」は暑さには強いバラですが、

昨日と同じく、葉をなるべく多く残すために、切り戻しは浅めに!

 

上の方にある、元気な葉の5ミリ上でカット↓↓↓

バラの切り戻し

細い枝も残して、葉っぱに光合成してもらいましょう↓↓↓

バラの切り戻し

 

終了↓↓↓ 樹形は不格好ですが、葉を残すことを最優先しました。

ガブリエルの切り戻し

切ったのは、これだけ。花がら摘み程度です↓↓↓

バラの切り戻し

樹に勢いがあるので、またツボミが出てくるはずですが、

秋までは摘み取ります。

さあ、元気なまま夏を越せるでしょうか。

黒星病で葉を落とさないよう、気を付けなきゃ。

2番花の切り戻し 木立ちバラ編

2017.07.13

賑やかに咲いてくれたバラの2番花ですが↓↓↓そろそろ終盤。

バラの2番花

早く咲き始めたバラは、「もう、終わっていいよねー」と訴えてきます↓↓↓

バラの2番花

 

「まだ頑張って!」というのは可哀そうな気候なので、

「暑いなか、キレイに咲いてくれて、ありがとう」と言いながら、

順に、2番花の切り戻しを始めました。

 

今日は「シェエラザード」の切り戻し↓↓↓

病気知らずで、暑さに強く、2番花も見応えのある花が咲く、優秀なバラです。

シェエラザード

 

2番花の切り戻しは、あまり枝を短くせず、葉が残るようにしましょう。

というのも、夏は乾燥や葉の老化で、下の方の葉が落ちやすいので↓↓↓

黄色くなったバラの葉

多めに葉を残しておくと、もし葉が落ちることがあっても、樹が弱りにくいためです。

 

上の方にある、元気な葉の5ミリ上でカット↓↓↓

2番花の切り戻し

次に良い花を咲かせるための切り戻しではないので、枝は細くてもOK。

バラの切り戻し

 

ビューンと伸びたベイサルシュートは、ホウキ状に枝分かれしているはず。

ホウキ状になる手前でカットしちゃいましょう↓↓↓

2番花の切り戻し

 

完成形↓↓↓ 樹形のバランスも見ながら、枝を長めに残しました

2番花の切り戻し

切ったのは、これくらい↓↓↓

バラの切り戻し

 

まだ、ツボミやキレイな花が入っているなぁと思ったら↓↓↓

2番花の切り戻し

 

「フローティングプレート」に浮かべたり、花器に生けたりすれば、最後まで満喫できます。

バラ

バラゾウムシのボス?

2017.07.12

昨日、“バラゾウムシ”の存在を確信したので、

捕獲するため、朝のパトロールに出ました。

 

この時期は、虫が多いです。

まず、コガネムシのお食事タイムに遭遇↓↓↓

コガネムシ食害

食い散らかして、糞で汚れるのがイヤなので、捕獲して燃えるゴミへ。

触ると死んだふりをしてポトッと落ちるので、

袋を持って構えて、その中に落とすと簡単に捕まえられます。

 

次に見つけたのは、大きなカメムシの一種↓↓↓ネット検索で「ホソヘリカメムシ」と判明。

カメムシ

苦手なカタチの虫なので、見て見ぬふりします。こういうこともあります。

 

次は、アシナガバチ。最近よく飛んで来ます。

アシナガバチ

食料になる青虫類を探しているんですね。私たちの助っ人なので、そのままに。

アシナガバチ

 

で、大騒ぎをしたのが、コレ!↓↓↓

見つけたとたん、

「メチャクチャ大きい“バラゾウムシ”いたー!バラゾウムシのボスだよ~」と興奮して、

ツマグロキンバエ

いつもの10倍近い大きさの“バラゾウムシ”を捕獲しようとしたのですが、

ブ~ンと飛んだのです。そして戻ってきて、花の密を吸い始めました↓↓↓

ツマグロキンバエ

この時点で「バラゾウムシじゃないんじゃない?」と、もう一人のスタッフが…。

 

そうなんです、これ“バラゾウムシ”じゃないんです。

ネット検索したら、「ツマグロキンバエ」と判明。花の密を吸うハエなんですね。

バラゾウムシのボスではありませんでした。

 

この時期、まぎらわしいよ~。

このボスを倒せば終わりってことだったら良かったのになぁ。

「バラゾウムシ」出ちゃいました!

2017.07.11

「シャンテロゼミサト」の2番花↓↓↓が咲いてきたなぁと眺めていた視線の先に、

シャンテロゼミサト

この光景が飛び込んできました↓↓↓

バラゾウムシ被害

 

バラゾウムシ被害

 

バラゾウムシ被害

 

恐れていた奴が出ちゃいました。「バラゾウムシ」です↓↓↓

バラゾウムシ

春は出なかったので、今年は大丈夫かなと喜んでいたのですが…。

 

枯れた枝先に卵が産みつけられているので、必ず切って捨てましょう↓↓↓

バラゾウムシ被害

下の方の葉が黄色くなる

2017.07.10

シェエラザード」の2番花↓↓↓ この花数は優秀、花の寿命も長いです。

シェエラザード

 

シェエラザード

 

下の方の葉が黄色くなっているんですが、↓↓↓

シェエラザード

黒星病ではないので、大丈夫です。

これは、乾燥と老化によるものです。

夏場は、こうして葉を落とすので、2番花の切り戻しは長めにしておきましょう。

今出る青虫は、ビッグ!

2017.07.07

パトロール中に見つけました!花の中の大きな青虫(だいたい蛾の幼虫)↓↓↓

バラの花を食べる虫

虫とりばさみ」でキャッチ↓↓↓

バラの花を食べる青虫

「虫とりばさみ」なら、感触は分かりませんよ↓↓↓

バラの青虫

こういうのも、青虫の仕業です↓↓↓

バラを食べる青虫

この時期の青虫は、育ってるんですよね~。

 

あと、あちこちで見かける、こういう葉↓↓↓ これは、コガネムシが食べた跡

コガネムシの食害

花びらが汚くなっているのも、コガネムシです↓↓↓

コガネムシ被害

コガネムシは、葉も花も食べます。

 

あと、台風の雨のせいで「黒星病」が出てきていたので、↓↓↓

バラの黒星病

ベニカXファインスプレー」を散布しておきました。↓↓↓

バラの黒星病治療

この程度なら、広がる前に止められるので、見つけたらスグ処置しましょう!

まだ出るベイサルシュート

2017.07.06

“アガパンサス”とバラの2番花の競演が美しい庭です↓↓↓

アガパンサスとバラ

よく咲いているのは「パトラッシュ」↓↓↓2番花でも、この花数って凄いですよね

パトラッシュ

 

ガブリエル」も暑さに強いバラです↓↓↓花の大きさは、一番花と変わりません

ガブリエル

ベイサルシュートの勢いが凄くて、こんなに背が高くなってます↓↓↓

ガブリエル

 

シェエラザード」も暑さに強いですね。花数多いですし、春の花に見劣りしません↓↓↓

シェエラザード

 

ローブ・ア・ラ・フランセーズ」も、よく咲くほうです。

ローブ・ア・ラ・フランセーズ

 

レジス・マルコン」は1番花が大きすぎたので、2番花の大きさがちょうどいい

香りもあるし、病気知らずの育てやすいバラ↓↓↓ ツヤツヤの葉に注目

レジスマルコン

 

バラの育ち盛りは、1番花が終わってから梅雨明けまで。

この時期に、若枝(シュートやベイサルシュート)が出れば出るほど、

来春は豪華になるんですね。

 

そろそろ若枝のタイムリミットかな~と思っていたのですが、

株元を覗くと、まだまだ出てくれていました。↓↓↓最近出たベイサルシュート

バラのベイサルシュート

 

バラのベイサルシュート

 

この時期は、株元が暑さで蒸れやすいです。

蒸れると、このベイサルシュートの赤ちゃんが、伸びる前に腐ってしまうことも…。

ベイサルシュートを無事に伸ばすために、

株元が混みあっている場合は、風通しよくする処置をしておきましょう!↓↓↓↓↓↓

バラの株元、混みあっていませんか?

 

台風前にやったこと

2017.07.05

昨日の台風、皆さん被害はなかったですか?

ショップのある名古屋では、昼過ぎから雲行きが怪しくなってきたので、

急いで、つるバラのシュートが折れないよう、対策をしました。

 

ラ・レーヌ・ドゥ・ラ・ニュイ」↓↓↓ 昨年冬、トレリスに誘引したばかり。

つるバラのシュート

春から初夏にかけて出現した、ベイサルシュート2本、サイドシュート2本がビューンと!↓↓↓

バラのベイサルシュート

花が咲く前の枝は柔らかいので、強風で根本から折れる可能性があります。

なので、台風前などは、風で枝が揺れないように、軽く固定しておくのがベター。

 

作業は簡単。

ガーデンソフトタイ」や「麻ひも」をつかって↓↓↓

ガーデンソフトタイ

支柱、フェンスなどに、枝を真っ直ぐに立てて、軽く結ぶだけ↓↓↓

枝の誘引

固く縛ると、枝が揺れた時にその部分に負担がかかり、

そこから折れる心配があるので、ゆるく固定しておきましょう↓↓↓

バラのシュート処理

 

せっかく出た、つるバラのシュート、冬まで大事に守りましょうね!

7月8日(土)アウトレットセール開催!

2017.07.04

ショップ事務所のある、愛知県名古屋市中川区で、

1日限りのアウトレットセールを開催します!

アウトレットセール

 

どんなものが販売されるかというと、室内グリーンや↓↓↓

室内グリーン

 

インテリア雑貨↓↓↓

インテリア雑貨

 

海外ブランドのガーデンブーツや↓↓↓

ガーデンブーツ

 

定価で買ったら数千円する手袋、エプロンなんかが↓↓↓

手袋

最大98%OFFで販売されます。

破格の商品、掘り出し物が、わんさかあります。

 

ご都合が合う方は、ぜひ!

【開催場所】

〒454-0911 愛知県名古屋市中川区高畑1丁目52番地

株式会社 花ごころ 1F

【日時】 7月8日(土)10:00-17:00

ページのトップへ