はなはなショップ

バラ苗4本(新苗は5本)以上送料無料 ※種類(秋苗、大苗、裸苗、新苗)が同一の場合 バラ苗以外7,000円(税込)以上

はなはなショップは、毎年「国際バラとガーデニングショウ<西武ドーム>」に出店しております。

コガネムシの捕まえ方

2019.07.05

まだ2番花が咲いてますね。

シャンテロゼミサト」↓↓↓

シャンテロゼミサト

ダフネ」↓↓↓

ダフネ2番花

ダム・ドゥ・シュノンソー」↓↓↓

ダムドゥシュノンソー

夜来香」↓↓↓

夜来香2番花

ローズ・ポンパドゥール」↓↓↓

ローズ・ポンパドゥール

フラマン・ローズ」↓↓↓ フラミンゴ色でリンゴの香り

フラマンローズ

 

コガネムシの出没に悩んでいる方が多いと思うので、捕獲の仕方をご紹介。

コガネムシの下に、要らない封筒を構えて、葉や枝を揺すってください↓↓↓

コガネムシ捕獲

飛ばずに、ポトっと落ちますから↓↓↓

コガネムシ捕獲

なぜ封筒かと言うと、コガネムシは危険を感じると茶色い液体を出すので、気持ち悪いんですね。

封筒だとそれが見えないので、イヤなものを見なくて言い訳です。

 

潰すのは抵抗があるので、私たちは、燃えるゴミで捨てています↓↓↓

コガネムシ捕獲

しっかり閉じてくださいね。少しでも開いていると、脱走するので。。

ポツポツと2番花

2019.06.25

ポツポツと2番花が咲いています。

ガブリエル」↓↓↓

ガブリエル2番花

ローブアラフランセーズ」↓↓↓

ローブアラフランセーズ

フェクロシェット」↓↓↓

フェクロシェット

セラフィム」↓↓↓

セラフィム

7月に開きそうなツボミも控えています↓↓↓「シャンテロゼミサト

シャンテロゼミサト2番花

コガネムシも土の中から出てきました↓↓↓ 日中は、日陰に隠れていますよ

バラを食べるコガネムシ

来週から2番花か?

2019.06.19

1番花が早かった「ガブリエル」は、2番花のツボミが膨らんできました。

来週には咲きそうです↓↓↓

ガブリエル

長く咲いていた「ダフネ」は、これくらい。赤いのが新芽です↓↓↓

ダフネの新芽

他のバラも、新芽やシュートを出して順調です。

ベイサルシュートを6本も出している「ラ・パリジェンヌ」↓↓↓

ラパリジェンヌのベイサルシュート

ダム・ドゥ・シュノンソー」も、ベイサルシュート4本出てます↓↓↓

ダム・ドゥ・シュノンソー

一本足ではなくなりそうな「セラフィム」↓↓↓ もう少し太いとイイんだけど…

セラフィムのベイサルシュート

バラは今、一番勢いがあるときなので、ちゃんと植え替えして

のびのび根を伸ばしましょう!

イモムシ類が多い時期です

2019.06.13

春から夏の間は、イロイロな虫が出ます。

主に蛾のイモムシですね。

「ホソオビアシブトクチバ」↓↓↓

ホソオビアシブトクチバ

ハマキガの幼虫↓↓↓ お食事中

蛾の幼虫

「セスジスズメガ」の幼虫↓↓↓

セスジスズメガの幼虫

毛虫↓↓↓

毛虫

バラの枝に産む指輪のような「オビカレハ」の卵↓↓↓

オビカレハの卵

今年は虫が多いので、手袋をして作業しましょう!

ここまでの虫被害、初めて!

2019.06.12

今年は、バラゾウムシが出ないぞ!と喜んでいたら

思わぬしっぺ返しを食らいました。

 

見てください!このボロボロの葉↓↓↓

バラのイモムシ被害

犯人は、この虫↓↓↓ 透明or緑ボディの小さな幼虫です

クシヒゲハバチ

不揃いの大きさで、10匹程度いるんですよね↓↓↓

ハバチの幼虫

 

これが大量発生すると、こうなります↓↓↓

クチヒゲハバチの被害

葉の筋だけ残して、食べ尽くします↓↓↓

クチヒゲハバチの被害

こんな虫被害は初めてで、驚きです。

 

で、この幼虫は何?とネットで調べまくったところ

ハバチの一種「クシヒゲハバチ」の幼虫と分かりました↓↓↓

バラにとまるハバチ

アレ?ハバチの幼虫は今まで何度も遭遇しています。

例えば、コレ↓↓↓

ハバチの幼虫

裏側の葉を食べて、レースになるやつです

ハバチの幼虫に食べられた葉

今までは、被害がこれくらいだったのに、

今年は、レースでとどまらず、葉脈の主脈を残して、食べ尽くしています。

ひょっとすると、ハバチの種類が違うのかもしれませんね。

 

ハバチの産卵現場も見たことあるんですよね。

チュウレンジハバチとは違い、葉柄に数か所、卵を産み付けます↓↓↓

ハバチの産卵

白い点々が、産卵跡らしい↓↓↓ 葉脈に産むんです

ハバチの産卵跡

チュウレンジハバチの行動はコチラ

https://www.hanahana-shop.com/shop_blog/rose/20160429/

 

今年は、いつものハバチと違う!

クシヒゲハバチは、こんなにも強力なのでしょうか?

 

幼虫に、ベニカXファインスプレーをかけてみたのですが、

スグ死なないんですね。薬品が効きにくいみたいです。

被害にあった葉を取り除くしかないのか…。

 

あとは、アシナガバチ。

ちょうど、目の前でアシナガバチが幼虫を捕獲してくれていました↓↓↓

アシナガバチの食事

葉の上で、幼虫をお持ち帰りするために丸めてました↓↓↓

アシナガバチの食事

人が庭に居ないとき、1000匹くらいで、押しかけてくれないかしら…。

一網打尽にして欲しい!

ベイサルシュートが凄い「ラパリジェンヌ」

2019.06.11

ラ・パリジェンヌ」の株元を覗くと↓↓↓

バラのベイサルシュート

ベイサルシュートが5本出ようとしているじゃありませんか!(映らない角度に1つあります)

ラ・パリジェンヌ」は毎年ではないですが、

出るときは数本まとまって出る傾向があります。

 

で、この若枝に栄養を集めるために

1番花が少なかった古枝をカットして、枝数を減らすことにしました↓↓↓

バラの剪定

元からカットしてしまいます。

 

これだけ切りました↓↓↓

バラの剪定

枝数を減らし養分が行き渡るようにしたし、

株元にも直射日光が当たるようになったので、勢いよく伸びてくるはずです。

バラのベイサルシュート

2番花を待つ「見本苗」販売再開しました!

2019.06.06

2番花を待つ「見本苗」販売再開しました!

品種によっては、ベイサルシュート、ドーン!↓↓↓ ってのもあります。

バラのベイサルシュート

株に力があるのは確実なので、スグ庭の戦力になってくれますよ。

 

切り戻し時期は、イロイロで、数日前に済ませたばかりのもあれば、

↓↓↓ 「オデュッセイア

バラの見本苗

2週間前に済ませて、すでに新芽が出てきているものもあります

↓↓↓ 「ローズ・ポンパドゥール

バラの見本苗

いずれも、7月中旬までには2番花が咲いてきます。

 

再開した品種は、

ラ・パリジェンヌ」↓↓↓ 葉っぱピカピカの丈夫さで、無農薬栽培できます

ラパリジェンヌ

オマージュアバルバラ」↓↓↓ 買った方の満足度が高い、上品な赤バラ。

オマージュアバルバラ

エドゥアール・マネ↓↓↓ 無農薬栽培OKなのに、花数も多く、可愛い!花も長持ち

エドゥアール・マネ

クロード・モネ」↓↓↓ 可愛い色の花で、花数が多い

クロードモネ

オデュッセイア」↓↓↓ 小さめのつるバラで、カッコよく

オデュッセイア

ローズ・ポンパドゥール」↓↓↓ 細めの枝にボリュームある花が素晴らしい!香りも素晴らしい!

http://www.hanahana-shop.com/SHOP/da39569.html

ダフネ」↓↓↓ 無農薬栽培でも、驚きの花数

ダフネ

その他にもあります↓↓↓

https://www.hanahana-shop.com/SHOP/g19658/list.html

 

 

1本足セラフィムにベイサルシュートか!?

2019.06.05

皆さんのバラの中に、一本足のバラありますか?

ショップの庭では「セラフィム」が一本立ちになっていて、困ってたんですよね↓↓↓

一本立ちバラ

「セラフィム」は、河本バラの中でも樹勢の強い品種で、

植えて1年目に、凄いシュートが出たんです。

その時の記事 https://www.hanahana-shop.com/shop_blog/rose/20170617/

早めに切り戻しておいたのですが、次のベイサルシュートは出ず、

そのうち、この枝ばかりに養分が集中するようになりました。

その時の記事 https://www.hanahana-shop.com/shop_blog/rose/20180215/

で、他の枝が弱ったのでカッとし、今の状態になったワケです。

昨年の春もベイサルシュートは出ず、一本立ちのままだったのですが、

今日、朝のパトロールをしていると、出そうなのがあるじゃありませんか!

ベイサルシュート

お願い、このまま伸びてきて!

2年越しで、一本足から脱却できるでしょうか?

続きをお楽しみに。

クレマチス花後剪定&肥料

2019.05.30

一旦休憩に入ったバラに代わって、アジサイが咲き始めています↓↓↓

カシワバアジサイ

さて、クレマチスも一旦休憩です↓↓↓

つるバラ

この品種は、剪定をすれば1か月半で、また花が咲いてきます。

剪定のタイミングは、2割花が残っているくらい。↓↓↓

果球のクレマチス

昨年まで、ボボ(果球)だらけになってからやっていたので、今年はタイミングOK。

 

株元から3節くらいを残して、節と節の真ん中でカット↓↓↓

クレマチス剪定

引っ張って、枝を外していきます↓↓↓

クレマチス剪定

これで全部↓↓↓

クレマチスの枝

仕上げに、肥料をやっておきます↓↓↓ 「花ごころ バラの肥料」を2握り

クレマチス花後の肥料

クレマチス以外の草花も整理して、暑くなる前にスッキリさせました↓↓↓

つるバラ

ベイサルシュートを待ち望んでいた「シャンテロゼミサト」は、1本出ました↓↓↓

バラのベイサルシュート

今日の作業で、日当たりと風通しが良くなったので、良い枝に育ちそうです。

一旦お休み、バラの庭

2019.05.29

ショップの庭は、すっかりバラの一番花が終わりました。

バラの庭

販売中の「開花苗」も、切り戻し済のものです。

バラの苗木

四季咲きであれば、45日前後で次の花が咲いてきます。7月上旬頃とお考えください。

バラの開花苗

花後の肥料は、ほんの少ししかやっていないので、

植替え後、通常の量をやってください。

ページのトップへ