はなはなショップ

バラ苗4本(新苗は5本)以上送料無料 ※種類(秋苗、大苗、裸苗、新苗)が同一の場合 バラ苗以外7,000円(税込)以上

はなはなショップは、毎年「国際バラとガーデニングショウ<西武ドーム>」に出店しております。

花がら摘み・切り戻し

花が終わったら、切り戻し&肥料やり

2019.05.23

そろそろ一番花が終わりそうです。ショップの庭↓↓↓

バラの庭

終わったバラから、切り戻し&肥料やりをしました。

ガブリエル」↓↓↓ 養分を蓄えるため、葉をたっぷり残します

ガブリエル

エドゥアールマネ」↓↓↓ キレイな花を残して、他の枝は切り戻しました

バラ

シャンテロゼミサト」↓↓↓ 深めに切り戻しました

つるバラ

パトラッシュ」↓↓↓ 花が咲いている2本を残し、2/3の高さまで切り戻し

パトラッシュ

切り戻したバラには、肥料をやっておきましょう!

バラの肥料やり

花ごころ バラの肥料」なら、鉢植えには1握り、地植えには2握りで簡単!

バラの肥料

四季咲きのバラは、切り戻しから45日前後で、次の花が咲いてきます。

バラの花、全部摘みました

2019.05.16

フェンスに誘引して5年目になる「ローブ・ア・ラ・フランセーズ」。

今年も、こんなに咲いてくれているんですが↓↓↓

ローブアラフランセーズ

ここ3年くらいシュートが出ず、枝の色も良くないので、

咲いている花を摘んで、樹にエネルギーを行くようにしました。

ローブアラフランセーズ

今年も、美しい花をありがとう! もう休んで…。

バラの樹

あと、できたらシュート出してね!

バラの樹

優しいようで、スパルタなのでした。。

秋は、花がら摘みだけ

2018.10.16

今日の秋バラ。

まずは「エドゥアール・マネ」↓↓↓ 黄色とピンクが可愛い

エドゥアール・マネ

咲き進んだ花↓↓↓ 時間が経つとフンワリしてきて、最後まで可愛いです

エドゥアール・マネ

 

パトラッシュ」↓↓↓  優しい黄色

パトラッシュバラ

樹は、とても元気!↓↓↓

パトラッシュ

3つの台風を切り抜けた「シャンテ・ロゼ・ミサト」↓↓↓

シャンテ・ロゼ・ミサト

まだこれから咲いてくる「ラ・パリジェンヌ」↓↓↓ 樹形がキレイでしょ

ラ・パリジェンヌ

 

秋の花、咲き終わったら、どこで切るか?ですが、

冬剪定まで、葉を太陽に当て光合成させ、養分を蓄えたいので、

葉をたくさん残すために、花首でカットしましょう↓↓↓

秋の花がら摘み

花首でカット↓↓↓

秋のバラ

日の当たる場所に置いて、たっぷり光合成させると、春に良く咲きますよ!

台風前に花摘み

2018.09.03

ショップのある名古屋は、明日台風が通る予報です。

台風にもってかれる前に、花摘み↓↓↓ 「シャンテロゼミサト

シャンテロゼミサト夏の花

ローブアラフランセーズ」↓↓↓

ローブアラフランセーズ

女性好みなクラシックな色↓↓↓

ローブアラフランセーズ

一つひとつは、夏の小さな花だけど、集めると、こんなに可愛い!↓↓↓

夏のバラ

ポツポツ咲いてる「エドゥアールマネ」↓↓↓はガラスプレートに浮かべます

エドゥアールマネ

お部屋の中が、華やかになりますよ↓↓↓

バラの装飾

花を水に浮かべる「フローティングプレート」

https://www.hanahana-shop.com/SHOP/va64498.html

朝夕が涼しくなると…

2018.08.20

朝夕が涼しくなると、枝先が動き始めます。

赤い新芽が、ぞくぞくと…↓↓↓ オベリスクの「ナエマ」

バラの新芽

 

ツボミは摘むようにしていますが、

取り切れなかったのが咲いてくるので、朝は花摘みタイム。

夏でも弱らず、何度も咲いた「パトラッシュ」↓↓↓

バラのパトラッシュ

夏もずーっと咲き続けた「レジスマルコン」↓↓↓

レジスマルコン

暑くても頑張っちゃう「ローブアラフランセーズ」↓↓↓

ローブアラフランセーズ

スタンダードの「ラ・ドルチェ・ヴィータ」↓↓↓

ラ・ドルチェ・ヴィータ

 

こういうのを、チョンチョン摘んでいったら、こんな可愛いのができました↓↓↓

バラの花摘み

 

薔薇夏の花

 

このあと、ココに水を入れて飾りましたよ。

ポツポツ樹に咲かせておかないで、

花びらがキレイなうちに摘んで、こうして楽しむのアリですね。

この時期だけの楽しみ!

ブラインドの枝も、切り戻し必要ですよー

2018.06.08

切り戻しの際に、気を付けていただきたいことです。

 

花が咲いた枝だけではなく、

ブラインドしていた枝も、切り戻しが必要ですよー。

ブラインドとは、こんな状態↓↓↓ 花芽が出なかった枝です

バラのブラインド

今年は、オベリスク仕立て「ナエマ」で、ブラインドが多発しました↓↓↓

バラのブラインド

この枝、そのままにしておくと、いつまでたっても花が付きません。

 

2番花を咲かせるために、切り戻ししておいてくださいね。

どこでカットするかというと、ここ↓↓↓

バラの切り戻し

 

ブラインドの切り戻し

切り戻した、ブラインドの枝↓↓↓

バラのブラインド

 

ブラインドの枝、そのままにしておかないでくださいね!

 

ブラインドの多かったオベリスク仕立て「ナエマ」、切り戻ししました。

モサモサ葉が多すぎ↓↓↓ 巻きつける枝が多すぎました、反省。

バラのオベリスク仕立て

↓↓↓↓↓↓ 出開きなどを取り除いていったら、葉の量が半分以下に!これでOK

バラのオベリスク仕立て

オベリスク仕立ての切り戻し方法は、こちらの記事を↓↓↓

バラの切り戻し方法 つるバラ オベリスク編

つるバラは、くまなくチェックを!

2018.06.06

昨日、クレマチスを剪定して枝を外したら、

フェンスに誘引している「シャンテロゼミサト」がハッキリ見えるようになりました↓↓↓

シャンテロゼミサト

見回っていると、こんなのがチラホラ見つかりました↓↓↓

バラの花がら

花がらをそのままにすると、実(ローズヒップ)ができちゃいます↓↓↓

バラのローズヒップ

そして、この実を作るのに、凄いエネルギーが使われちゃうんです。

ですから、必ず切り戻しが必要!

 

あと、こんなのも。 花がら摘みだけして、切り戻ししていない花枝↓↓↓

バラの枝

このままでは、2番花は咲いてきませんから、切り戻しが必要です。

 

つるバラは、花枝が多いので、

色んな角度から、くまなくチェックして、こういうの残さないようにしましょう!

剪定ばさみ、黒くなってませんか?

2018.05.25

花がら摘み、切り戻しで毎日使う剪定ばさみ、汚れてませんか?

刃の黒いのは、ヤニです↓↓↓ ヤニが付くと、切れ味が確実に悪くなります

剪定ばさみのヤニ

一旦、このへんでお手入れしましょう!

用意するもの↓↓↓

剪定ばさみメンテナンスセット

まず、「ヤニ取りスプレー」を、シュッシュッと刃にかけます↓↓↓

ヤニ取りスプレー

はさみを裏返して、反対側にも↓↓↓

剪定ばさみメンテナンス

20秒待ち、浮き上がった汚れを拭き取ります↓↓↓

剪定ばさみメンテナンス

黒いヤニが落ちました↓↓↓

剪定ばさみメンテナンス

ここで終わって油を塗っても良いのですが、

黒い筋のようなものも、キレイに消してしまいたい方もいると思います。

私も、そのタイプです。

そんな方には「消すピカ」↓↓↓ 消しゴムの要領で、汚れをこすると

剪定ばさみメンテナンス

このとおり、1点の曇りもなくピカピカ↓↓↓

剪定ばさみメンテナンス

これなら満足ですね。

最後に、「サビ止めツバキ油」を1摘垂らし↓↓↓

剪定ばさみメンテナンス

全体に塗りこみます↓↓↓

剪定ばさみメンテナンス

これで、スパスパ切れるハサミに戻りました。

品質の良い剪定ばさみは、お手入れしながら、長く大事に使いましょう!

◆剪定ばさみメンテナンス3点セット

https://www.hanahana-shop.com/SHOP/ss34579_34580_34026set.html

昨日の雨で、第一幕は終了

2018.05.24

昨日の雨で、最後の一番花が散ったので、

今朝のパトロールは、2番花に向けて切り戻しをしました。

 

早く咲き始め、最後まで頑張ってくれた「パトラッシュ」↓↓↓

バラの切り戻し

房咲きの、最後の花が終わったので、切り戻します↓↓↓

バラの切り戻し

切り戻しは、大きくて元気な葉の5mm~1cm上でカット↓↓↓

バラの切り戻し

花がら摘みだけで終わっていた枝も、切り戻しておきましょう!↓↓↓

バラの切り戻し

切り戻しをしておくと、こんなふうに節目から2番花の花芽が出てきます↓↓↓

バラの切り戻し

そして、45日前後で花が咲きます。※四季咲きの場合

 

鉢植えも、全て花が咲き終わったら、同じように切り戻しをしておきましょう↓↓↓

バラの鉢植え

すでにビュンビュン出ているサイドシュート、ベイサルシュートは切り戻さずそのまま↓↓↓

バラのサイドシュート

 

また、切り戻しが済んだら、肥料も忘れずに!

地植えバラは、「花ごころ バラの肥料」2握り↓↓↓

バラの肥料やり

鉢植えバラは、ひと握り↓↓↓

バラの肥料やり

 

 

1番花が終わったら切り戻し&肥料

2018.05.21

スタンドトレリスに誘引している

ローズポンパドゥール」の一番花が終わりました↓↓↓

スタンドトレリス

まだ株が若いので、花数は少なかったですが、

濃厚な香りの、ボッテリとした豪華な花が、10輪前後咲きました↓↓↓

ローズポンパドゥール

これを、

花がら摘み&切り戻しhttps://www.hanahana-shop.com/shop_blog/rose/20160524/

のあと、

肥料やり↓↓↓ 「バラの肥料」ひと握りして、土の上に撒きます

バラの肥料やり

こうしておくと、50日前後で2番花が咲いてきます。※四季咲き品種だけ

 

ここで、嬉しい発見!

ベイサルシュートが3つも顔を出しているじゃありませんか!↓↓↓

ローズ・ポンパドゥール

来年ボリュームアップは、確定ですね。ヤッター!

 

 

1 / 41234
ページのトップへ