はなはなショップ

バラ苗4本(新苗は5本)以上送料無料 ※種類(秋苗、大苗、裸苗、新苗)が同一の場合 バラ苗以外7,000円(税込)以上

はなはなショップは、毎年「国際バラとガーデニングショウ<西武ドーム>」に出店しております。

病気・害虫

冬の植替え、コガネムシ被害

2020.01.09

冬の植替えシーズンに入ったので、私たちも、さっそく作業しました。

モデルさんは、いつもの「パリジェンヌ」。

昨年は4本ベイサルシュートが出てくれて、ずーっと元気なパリっ子。

先に冬剪定をして、上をスッキリさせると植替えがラクですよ↓↓↓

冬剪定完了 ↓↓↓

そして植替えです。

鉢から株を出す時、鉢を倒して引きずり出すと、力が少なくて済みます。

途中からスコッと軽くなったので「もしや?」と思ったら、

コガネムシの幼虫8匹入りでした ↓↓↓ 根が半分食べられてます。

でも、これくらいのダメージなら、復活してくれるでしょう。

もっとヒドイのも経験済みなので、この程度は気にしません。

コガネムシ入りじゃないと、こうやって鉢のカタチで出てきます ↓↓↓

皆さんのバラも植替え作業してあげてくださいね。

コガネムシ被害にあっても、復活してくれることが多いので、

諦めないで植替えして育てましょう!

今年も出ました!巨大イモムシ

2019.10.30

庭に出ると、何やら黒いツブツブが…

庭に落ちた黒いツブツブ

一つ一つ、結構大きいです↓↓↓

大きなツブ

これは、もしや… と探すと ↓↓↓

ですよね~ スズメガのイモムシです。

2匹目 ↓↓↓

3匹目 ↓↓↓

私は、昨年の遭遇で耐性が出来ているので、

https://www.hanahana-shop.com/shop_blog/rose/20181101/

「またお会いしましたね!」という感じですが、

やはりこの大きさ、ちょっとアートなシルエットは、初めての人には 刺激が強いと思います。

枝ごと切って、袋に入れて燃えるゴミへGO。 ↓↓↓

本当は、鳥さんに食べてもらうのが自然なんですが、放っておくと移動するので、また木に登るんですよね。

最後は、お口直しに「ダフネ」をご覧ください。このバラ、丈夫だなぁ

チリチリの枝先はバラゾウムシ

2019.07.29

7月に入ってから、新芽のチリチリが目立ちました↓↓↓

バラゾウムシ被害

 

バラゾウムシ被害

これは、バラゾウムシの仕業ですよ↓↓↓

バラゾウムシ

この時期のバラゾウムシは、大きくて、枝を揺らしても落ちません。

だから、枝ごと切って、踏んで潰しましょう

バラゾウムシの駆除

35度を超えると出なくなります。暑すぎて活動できないんでしょうね。

 

あと、この時期はオンシツコナジラミも発生しやすいです。

白い羽の小虫が飛ぶやつです。

オルトランを撒いて対処してくださいね。

コガネムシの捕まえ方

2019.07.05

まだ2番花が咲いてますね。

シャンテロゼミサト」↓↓↓

シャンテロゼミサト

ダフネ」↓↓↓

ダフネ2番花

ダム・ドゥ・シュノンソー」↓↓↓

ダムドゥシュノンソー

夜来香」↓↓↓

夜来香2番花

ローズ・ポンパドゥール」↓↓↓

ローズ・ポンパドゥール

フラマン・ローズ」↓↓↓ フラミンゴ色でリンゴの香り

フラマンローズ

 

コガネムシの出没に悩んでいる方が多いと思うので、捕獲の仕方をご紹介。

コガネムシの下に、要らない封筒を構えて、葉や枝を揺すってください↓↓↓

コガネムシ捕獲

飛ばずに、ポトっと落ちますから↓↓↓

コガネムシ捕獲

なぜ封筒かと言うと、コガネムシは危険を感じると茶色い液体を出すので、気持ち悪いんですね。

封筒だとそれが見えないので、イヤなものを見なくて言い訳です。

 

潰すのは抵抗があるので、私たちは、燃えるゴミで捨てています↓↓↓

コガネムシ捕獲

しっかり閉じてくださいね。少しでも開いていると、脱走するので。。

イモムシ類が多い時期です

2019.06.13

春から夏の間は、イロイロな虫が出ます。

主に蛾のイモムシですね。

「ホソオビアシブトクチバ」↓↓↓

ホソオビアシブトクチバ

ハマキガの幼虫↓↓↓ お食事中

蛾の幼虫

「セスジスズメガ」の幼虫↓↓↓

セスジスズメガの幼虫

毛虫↓↓↓

毛虫

バラの枝に産む指輪のような「オビカレハ」の卵↓↓↓

オビカレハの卵

今年は虫が多いので、手袋をして作業しましょう!

ここまでの虫被害、初めて!

2019.06.12

今年は、バラゾウムシが出ないぞ!と喜んでいたら

思わぬしっぺ返しを食らいました。

 

見てください!このボロボロの葉↓↓↓

バラのイモムシ被害

犯人は、この虫↓↓↓ 透明or緑ボディの小さな幼虫です

クシヒゲハバチ

不揃いの大きさで、10匹程度いるんですよね↓↓↓

ハバチの幼虫

 

これが大量発生すると、こうなります↓↓↓

クチヒゲハバチの被害

葉の筋だけ残して、食べ尽くします↓↓↓

クチヒゲハバチの被害

こんな虫被害は初めてで、驚きです。

 

で、この幼虫は何?とネットで調べまくったところ

ハバチの一種「クシヒゲハバチ」の幼虫と分かりました↓↓↓

バラにとまるハバチ

アレ?ハバチの幼虫は今まで何度も遭遇しています。

例えば、コレ↓↓↓

ハバチの幼虫

裏側の葉を食べて、レースになるやつです

ハバチの幼虫に食べられた葉

今までは、被害がこれくらいだったのに、

今年は、レースでとどまらず、葉脈の主脈を残して、食べ尽くしています。

ひょっとすると、ハバチの種類が違うのかもしれませんね。

 

ハバチの産卵現場も見たことあるんですよね。

チュウレンジハバチとは違い、葉柄に数か所、卵を産み付けます↓↓↓

ハバチの産卵

白い点々が、産卵跡らしい↓↓↓ 葉脈に産むんです

ハバチの産卵跡

チュウレンジハバチの行動はコチラ

https://www.hanahana-shop.com/shop_blog/rose/20160429/

 

今年は、いつものハバチと違う!

クシヒゲハバチは、こんなにも強力なのでしょうか?

 

幼虫に、ベニカXファインスプレーをかけてみたのですが、

スグ死なないんですね。薬品が効きにくいみたいです。

被害にあった葉を取り除くしかないのか…。

 

あとは、アシナガバチ。

ちょうど、目の前でアシナガバチが幼虫を捕獲してくれていました↓↓↓

アシナガバチの食事

葉の上で、幼虫をお持ち帰りするために丸めてました↓↓↓

アシナガバチの食事

人が庭に居ないとき、1000匹くらいで、押しかけてくれないかしら…。

一網打尽にして欲しい!

今年はバラゾウムシ出なかった!

2019.05.28

ショップの庭だけでしょうか?

この春は、バラゾウムシが出なかったんですよね。

バラゾウムシ被害↓↓↓

バラゾウムシ被害

朝の捕獲作業が不要で、本当にラクでした。

バラゾウムシだけでなく、うどん粉病も出なかったんですよ。

病害虫の悩みが無い、ラッキーな春でした。

 

でも、虫がいないわけではないので油断はできません。

昨日遭遇した虫↓↓↓ 「ホソオビアシブトクチバ」の幼虫

ホソオビアシブトクチバ

「チュウレンジハバチ」の幼虫↓↓↓

チュレンジハバチ幼虫

卵が産みつけられた場所は、ココ↓↓↓ 柔らかい枝に卵を産みます

チュウレンジハバチ産卵場所

切り戻しでカットして、一網打尽でした。

そろそろコガネムシ類も出てきそうです。

この時期の虫

2019.04.25

バラのツボミが膨らんできましたね。

「ガブリエル」は、花びらの白い肌がチラ見えしているので、

あと1週間くらいで咲いてきそうです。↓↓↓

ガブリエルのツボミ

「ダムドゥシュノンソー」にも、1つだけ早いツボミがあって、色が見えているので

これも来週開きます↓↓↓

バラのツボミ

ツボミの形がタージマハルの屋根みたいな「ローブアラフランセーズ」は、再来週↓↓↓

ローブアラフランセ―ズ

行儀良く並ぶ「シャンテロゼミサト」↓↓↓

花が汚くなるので、ツボミが開く前に、雨が続きませんように!今はまだOK

シャンテロゼミサトのツボミ

 

虫も活発ですね。

こういう葉があったら、ハバチの幼虫が孵った証拠です↓↓↓

ハバチの幼虫被害

発生率が高いアブラムシ↓↓↓

アブラムシ

あと、このウニョ~っとした虫は、ハエの仲間ヒラタアブの幼虫↓↓↓

ヒラタアブの幼虫

アブラムシの天敵、つまり益虫なので、そのままにしておきましょう!

アブラムシを食べてくれる虫には、テントウムシもいます。

 

今のところ、私たちの庭には出ていないですが、

こういうのがあったら、一番の厄介者“バラゾウムシ”↓↓↓

バラゾウムシ被害

これを見つけたら、薬品を散布しておいた方が良いですね。

冬に出る枝の斑点

2019.02.25

ショップのある名古屋は、最高気温18度。

パトロールで庭に出ると、小躍りしたくなるポカポカ陽気でした。

 

先日、お客様から

「枝に紫の斑点が出ているのですが、大丈夫ですか?」

と質問がありました。

これですね。ショップのバラにも出ています↓↓↓

バラの枝の斑点

斑点が細かいのもあれば、大きいのもあります

バラの枝の斑点

枝全体に赤いのもあります↓↓↓

バラの枝の斑点

この斑点、紫系のバラや、白系のバラに出やすいです。

斑点は、バラの“しもやけ”みたいなもので、

暖かくなるにしたがって消えていくので、心配いりません。

 

また、こんなのもあります↓↓↓ 樹液漏れです

バラの樹液

カイガラムシではありませんので、ご安心ください。

自然に止まります。

ホソオビアシブトクチバが多い

2018.12.19

ショップの庭だけでしょうか?

今年は「ホソオビアシブトクチバ」が多いです。

 

そこで問題です。

この写真の中で「ホソオビアシブトクチバ」はどこにいるでしょう?↓↓↓

ホソオビアシブトクチバ

分からないでしょ?

答えは↓↓↓ ここでした。

ホソオビアシブトクチバ

擬態が上手すぎでしょ。

ピーンとしてるのも面白いですよね。

見つけたら捕まえて捨てましょう!

1 / 1212345...10...最後 »
ページのトップへ