はなはなショップ

バラ苗4本(新苗は5本)以上送料無料 ※種類(秋苗、大苗、裸苗、新苗)が同一の場合 バラ苗以外7,000円(税込)以上

はなはなショップは、毎年「国際バラとガーデニングショウ<西武ドーム>」に出店しております。

植えつけ・植え替え

植え替え作業、ほぼ終わり

2019.01.22

冷たい風が吹いているので、身体にダメージを受けないよう、

午前1時間、午後1時間と決めて、植え替え作業をしました。

 

すでに、植え替えの記事はたくさんありますが、作業の流れをサーッと。

毎年元気な「ラ・パリジェンヌ」↓↓↓

鉢植えバラ植え替え

まず、冬剪定↓↓↓

バラの冬剪定

↓↓↓ 3分で終了

バラの冬剪定

↓↓↓ 冬剪定で切った枝

バラの冬剪定

バラの土お徳用18L」を用意して↓↓↓

バラの土

鉢から株を取り出し↓↓↓

バラの植え替え

くり返しくり返し使える鉢底石」を剥がしとり↓↓↓

くり返しくり返し使える鉢底石

くり返しくり返し使える鉢底石」は、ネットが丈夫なので破れていません↓↓↓

くり返しくり返し使える鉢底石

根を整理して↓↓↓

バラの植え替え

新しい土に植えます↓↓↓

バラの植え替え

根の間にも土を入れるため、棒で土を突つきながら入れましょう↓↓↓

バラの植え替え

最後に、水をたっぷりと↓↓↓

バラの植え替え

 

そのほか、2年ぶりに「ガブリエル」も植え替えました。

根がしっかり張っているのを確認して、ひと安心↓↓↓

ガブリエル植え替え

植え替え後、太陽が1日中あたる特等席へ戻しました↓↓↓

バラの植え替えガブリエル

5月、どんな花を見せてくれるでしょうか。

新苗、こんなふうに成長します

2018.06.09

新苗は、こんなふうに成長していきますよー。

春から冬までの変化を、ご覧ください!

 

5月 植替え↓↓↓ 良質な土を使いましょう!成長に差が出ます

バラの植え替え

↓↓↓↓↓↓↓↓↓ 花は咲かせず、ツボミはカットしました

バラの植え替え

 

6月 2番花&ベイサルシュートが出る↓↓↓

バラの成長

 

7月 2番花が咲いた枝は、切り戻しをする↓↓↓

バラ

 

8月 ベイサルシュートも、花を咲かせたあと切り戻しをする↓↓↓

バラの株

 

10月 枝が、ガッシリ太くなりました↓↓↓

鉢植えバラ

 

11月 秋の花が咲きます↓↓↓

バラの鉢植え

 

12月 花がら摘みだけして、冬剪定まで、そのまま置いておく。紅葉した様子

バラの紅葉

 

1月~2月 冬剪定&植替え

バラの植え替え

10号ならば、鉢を大きくする必要はありません。

バラの植え替え

 

成長過程が分かると、お世話しやすくなりますよね。

「開花苗」植え替えしました

2018.05.30

開花苗の1番花が終わったら、植替えです。

私たちも、作業しました。

 

まず用意するもの↓↓↓ マネは大きくなるバラなので、12号鉢を使います

開花苗の植替え

デルバールポット12号バラの土15Lくり返し使える鉢底石

 

まず、切り戻しを済ませましょう↓↓↓ 最後に咲いた花

バラの切り戻し

 

鉢底石を敷きます↓↓↓ 網入り鉢底石はリサイクルできるので経済的&便利

網入り鉢底石

 

鉢の1/3の高さまで「バラの土」を入れます↓↓↓

バラの土

 

苗をプラスチック鉢から抜く前に、接ぎ木部分に巻いてあるテープを取ります。

そのままにしておくと、枝が太るため、食い込んで取れなくなります↓↓↓

接ぎ木テープを外す

 

苗をプラスチック鉢から抜きます↓↓↓ 株元を持って引っ張ると抜けます

バラの植え替え

根の周りの土は崩さず、そのままにします↓↓↓

バラの植え替え

 

土の上に置き、高さと向きを調節します↓↓↓ ※接ぎ木部分は土の上に出るように

バラの植え替え

 

土を足します↓↓↓  鉢の上部3~5cmは水を溜めるスペースとして空けましょう

バラの植え替え

だいたい入れたら、土をしっかり詰めるため、鉢を持ち上げて地面に落とします↓↓↓

バラの植え替え

土の位置が下がるので、もう一度足します↓↓↓

バラの植え替え

土が入ったら、植替え完了↓↓↓

バラの植え替え

 

最後に、水をやっておきましょう↓↓↓ 量は、鉢底から出てくるまで。

バラの植え替え

 

2週間後、「バラの肥料」ひと握りを撒くこと、お忘れなく!↓↓↓

バラの植え替え

今年も、植替え実験やります!

2018.02.02

「植替えって大事なんです」というのを証明するため、

今年も実験やります!

 

去年の実験では、同年齢の「モーリスユトリロ」を同じ場所、肥料、水遣りで管理して

これだけ差が出ました↓↓↓ シュートの発生、枝数、枝色が違うのが分かりますね

植替え実験

もちろん花数にも影響しました。

たくさん良い花を見たいならば、まずは“植替え”です↓↓↓

植え替え応援キャンペーン

 

今年の実験テーマは、

弱った株は植替えで復活するのか?

どんなに元気な株でも、植替えしないと弱るのか?を検証。

弱っている方を植替えして、元気な方は植替えしない、というやり方で↓↓↓

バラの植え替え

 

まずは冬剪定↓↓↓

「モーリスユトリロ」は枝がグーンと伸びるので、冬剪定で短くした方がバランス良くなります

バラの冬剪定

太い枝は、剪定のこぎりを使って↓↓↓

バラの冬剪定

冬剪定の終了↓↓↓ 似た感じになりました

バラの冬剪定

 

次は、左の弱っている方の植替え↓↓↓

バラの植え替え

鉢から出してみると、こんな感じ↓↓↓2年植替えしてないのに、根が回ってないですね~

バラの植え替え

手とスコップを使って、土を崩し取っていきます↓↓↓

バラの植え替え

古い土を落としたら↓↓↓

冬の植替え

新しい「バラの土」で植えつけます↓↓↓

バラ冬の植替え

↓↓↓ 終了

バラの冬植替え

 

弱った株は、植替えで復活するのか?

どんな元気な株でも、植替えしないと弱るのか?

果たして、この2本の逆転はあるのか?

バラ冬の植替え

 

同じ日当たり、肥料、水量で、1年間実験していきます!

バラの植替え

お楽しみに~

弱っているバラ、鉢をサイズダウンして植替えました

2018.02.01

寒いからと言って、冬の作業を先延ばしにしてると、春が来ちゃうので、

今日は「ラ・ドルチェヴィータ」(デルバール)スタンダード仕立ての

冬剪定と簡単植替えをすることにしました↓↓↓

スタンダード

まずは、冬剪定から↓↓↓ 先に冬剪定するのは、枝を短くした方が扱いやすいからです

バラのスタンダード

どれくらい切るのか?昨年の冬剪定は、コレ↓↓↓ スッキリしていますね

バラの冬剪定

そして、春はこう咲きました↓↓↓ バランスバッチリ!!ブラボー!

ラドルチェヴィータ

なので、今年も同じような長さに剪定します↓↓↓ イメージしましょう

バラのスタンダード

細すぎる枝や枯れ枝は、元からカット↓↓↓

バラの冬剪定

 

バラの冬剪定

その他の枝も、大胆に切ります↓↓↓ 外向きの芽の5ミリ~1cm上で

バラの冬剪定

全ての枝にハサミを入れて、終了↓↓↓

バラの冬剪定

カットした枝たち↓↓↓

バラの冬剪定

 

で、次は“簡単植替え“。

“簡単植替え“は、土の上の方だけ取り除き、たい肥を入れる方法です↓↓↓

バラの植え替え

土を取り除き始めると、すぐに「あれ?」と思いました。

土が柔らかく、掘っても掘っても根が出てこないのです。

元気な株なら、根がビッシリ張っているために、土が固いはずです。

 

去年の冬の枝が真っ赤だったのに、今年の枝が黄色っぽいことや

枝が細くなっていることから、ピンときました。

「これ、根が回っていないね~。全部出してみようか~」

 

結局株を取り出して、土を落としてみると、根はこんな状態↓↓↓

バラの植え替え

これでは、枝の勢いもなくなるし、良い花も咲かないはずです。

春は良く咲いたので、そのあと根の成長がよくなかったのでしょう。

考えられるのは、水のやり過ぎと夏の暑さです。

 

この弱った根を、今の大きな鉢に入れると、水の乾きが遅くなり、

根の元気が回復しません。

鉢のサイズダウンが必要です。

 

急きょ、

デルバール12号鉢」と「バラの土」と「バラのバイオキャッチ」を用意して↓↓↓

バラの植え替え

バラのバイオキャッチ」は、スプーン3杯を根に振ります。根の発育促進に↓↓↓

バラのバイオキャッチ

鉢をサイズダウンして植え替えました↓↓↓ 植替え手順は、いつもと同じです

バラの植え替え

最後に水をやっておくのも同じ↓↓↓

バラの植え替え

鉢をサイズダウンして気を付けることは、水切れと転倒です。

 

ウィッチフォードのテラコッタは重量があって、台風でも転倒しなくて良かったのですが、

今年は根の元気回復が優先ですから、仕方ありません。

水やりと強風に気を付けながら、お世話していきます!

鉢植え木立ち性バラ、冬剪定&植替え

2018.01.19

今日も暖かかったので、

昨日に引き続き、冬剪定&植替え作業をしました。

 

今日は、デルバールの「ラ・パリジェンヌ」↓↓↓ 春の様子

ラパリジェンヌ

丈夫で、花数多く、トゲ少なく、何度も咲く、優秀な木立ち性バラです。

今はこんな感じ↓↓↓

バラの冬剪定

 

冬剪定から始めます!用意するもの↓↓↓

バラの冬剪定

剪定ばさみ剪定のこぎりバラ用手袋

 

始める前に、どれくらい切るかイメージしましょう!

樹勢の強い品種は、深く切っても大丈夫。

私たちは、花が咲いた時に、鉢とバランスが良くなる位置にしました↓↓↓

バラの冬剪定

 

まずは、明らかに不要な枯れ枝を切ります。太いので、剪定のこぎり登場↓↓↓

バラの冬剪定

 

枝の剪定は、枝の外側にある芽の5ミリ~1cm上で↓↓↓

バラの冬剪定

 

細枝は、元からカット↓↓↓

バラの冬剪定

 

全ての枝にハサミを入れたら、冬剪定の終了↓↓↓

バラの冬剪定

これだけ切りました↓↓↓

バラの冬剪定

 

次は、植替えです。用意するもの↓↓↓

バラの植え替え

バラの土20L/手袋/ガーデニングシート/スコップ

 

ガーデニングシートの上に、鉢を寝かして、根を取り出します↓↓↓

バラの植え替え

くり返し使える鉢底石」も付いてくるので、↓↓↓

くり返し使える鉢底石

剥ぎ取ります↓↓↓ 網目に根が入っていると、ブチブチちぎることになります

バラの植え替え

鉢底石が入っている袋は強い!引っ張っても破けません↓↓↓

だから、くり返し使えるんです!

くり返しくり返し使える鉢底石

スグ使うので、先に洗ってしまいましょう↓↓↓

くり返しくり返し使える鉢底石

次に、古い土と根を落とします↓↓↓

元気な樹は根が張って固いので、スコップなどで崩します

バラの植え替え

細い根は、手でブチブチちぎりましょう↓↓↓

バラの植え替え

これくらいまでスッキリしたらOK↓↓↓

バラの植え替え

 

鉢の底に、洗った「くり返し使える鉢底石」を敷き↓↓↓

くり返し使える鉢底石

「バラの土」を半分くらいまで入れます↓↓↓

バラの植え替え

 

そこに株を入れ、高さ(接木部分が土の上に出るよう)、向き、角度を調整したら↓↓↓

バラの植え替え

「バラの土」を入れていきます↓↓↓

バラの植え替え

土は、何回かに分けて入れると、高さ、向き、角度が調節できますよ↓↓↓

バラの植え替え

 

土が入ったら、支柱などの棒で、根の間に土が入るように突っつきます↓↓↓

バラの植え替え

鉢を持ち上げられるならば、持って地面にトンと下すと、土がしっかり入ります↓↓↓

バラの植え替え

 

こうすると、土が沈むので、

バラの植え替え

足りない土を足しましょう↓↓↓

バラの植え替え

 

バラの植え替え

 

これで、植替え終了

バラの植え替え

 

最後に、水を鉢底から出てくるまで、たっぷりやっておきましょう↓↓↓

バラの植え替え

 

「ガブリエル」2年目の冬剪定&簡単植え替え

2018.01.18

今日は暖かいので、

2年目「ガブリエル」の冬剪定&簡単植え替えをしました。

 

今の「ガブリエル」↓↓↓ 枝数多く、枝色良く、とても良い状態です。あと、トゲ少なっ!

ガブリエル

 

「ガブリエル」は、株が若いうちは、環境を変えると機嫌を損ねて枯れることがあるので、

注意が必要なバラです。

ショップの「ガブリエル」は、大苗でやってきて2年目なので、

今年いっぱいは、注意深くお世話しようと思います。

 

準備するもの↓↓↓

特選有機バラのたい肥20Lお徳用と中身同じ)/剪定ばさみ剪定のこぎり

バラ用手袋手袋ガーデニングシート/スコップ

 

まずは、冬剪定から。

「ガブリエル」の場合、若い株の冬剪定は、

なるべく枝の長さをキープして、葉っぱがたくさん茂るようにします(光合成させるため)。

細い枝先をカットする程度に!

 

まずは、明らかに不要な、枯れ枝などを取り除きます。↓↓↓ 「剪定のこぎり」を使います

バラの冬剪定

 

バラの冬剪定

 

そのあと、枝先のカット。

「ガブリエル」は、細い枝にも花を付けるバラですが、

せっかくなら太い枝に咲く、見応えある花に養分を集中させたいので、

細くなってる枝先は、カットします↓↓↓

バラの冬剪定

しっかり太い枝も、枝先はカットします↓↓↓

バラの冬剪定

 

バラの冬剪定

 

冬剪定の終了↓↓↓

バラの冬剪定

カットした枝↓↓↓

バラの冬剪定

 

次は、簡単植え替え。用意するもの↓↓↓

バラの植え替え

簡単植え替えは、根の環境を急激に変えないよう、上の方の土だけを取り除き

土壌改良効果と栄養のある「特選有機バラのたい肥」を入れる方法です↓↓↓

バラの簡単植え替え

上部5センチ程度の土を、スコップで出します↓↓↓ 土と一緒に細い根も取り除かれます

バラの植え替え

 

そこに、「特選有機バラのたい肥」を2L~3L入れます↓↓↓

バラの植え替え

 

バラの植え替え

 

棒で、下の方の土に混ざるように、突っつきます↓↓↓

バラの植え替え

簡単植え替え、終了。

 

「ガブリエル」は太陽が大好きなので、日当たりの良い特等席に置きました。

最後に水をやって完了です↓↓↓

バラの植え替え

この状態なら、今年も良い花が咲くはずです。

 

1年目の植え替え方法が知りたい方はコチラ↓↓↓

秋の開花苗「ガブリエル」の植え替え

植替えで、こんなに差が出るんです

2017.11.02

寒くなる=“バラの植替え”時期が近づく、ですよね~。

 

今年、私たちは、同じ品種、同じ年齢のバラを使い、

「植替えした」のと「植替えしない」のでは、どれくらい差が出るか?実験してみました。

 

まず、2月にデルバールの「モーリスユトリロ」を用意しました。

同じ環境で育ってきたものです↓↓↓

バラの植替え

これを、冬剪定して↓↓↓

バラの植替え

右の株だけ植替えしました↓↓↓

バラの植え替え

バラの植え替え

バラの植替え

 

日当たり、水やり、肥料を同じにして、4月の状態↓↓↓

植替えしていない株は、枝葉の伸びが少し劣ります。

バラの植替え

 

日当たり、水やり、肥料を同じにして、9月初旬↓↓↓ 植替えした方が元気です

バラの植替え

 

日当たり、水やり、肥料を同じにして、11月↓↓↓ 勢いが全然違いますね

バラの植替え

 

こんなに違いが出るとは、私たちも想像していませんでした。

時間が経つにつれて、どんどん差が大きくなるんですね。

 

あと、見た目の違いだけでなく、持った時の重さにも大きな違いが…。

どちらの鉢も2週間くらい水遣りをしていなくて、雨水だけなのですが、

植替えしていない鉢は、ズシンと重く、植替えした方は、軽いのです↓↓↓

バラの植替え

土が黒いのは、濡れている証拠。土が白いのは、乾いている証拠ですね。

この時期、土は乾き気味にしたいのに、植替えしていない方は土が乾かない。。

こういうのが、生育に影響してくるんですね。

 

やはり、植替えは大事です!

もし、植替えしていなくて生育が悪いバラがあったら、今年は植替えをしてください!

元気になる可能性が高いです。

 

そして、植替えに使う土の品質も大事!

水はけ、水もち、栄養がちょうど良く配合されている「バラの土」を使いましょう。

バラの土

使う量が少ない方は、

◆特選有機バラの土

⇒ https://www.hanahana-shop.com/SHOP/rs09800.html

 

たくさん使う方は、

◆はなはなショップお徳用20L バラの土

⇒ https://www.hanahana-shop.com/SHOP/rs22090.html

秋の「開花苗」、花が終わったので花壇に植えました

2017.10.31

秋の「開花苗」、花が終わったので花壇に植えることにしました。

 

植える場所は、ココ↓↓↓ 枯れた「ミステリューズ」を取り除いて、ココに植えます。

枯れたバラ

「ミステリューズ」は、2、3年元気じゃない状態が続き、とうとう夏にダメになりました。。。

枝の切り口から病気が入ったのが致命傷だったと予想しています。

 

まず、枯れた株を抜きます↓↓↓ グラグラしているので、手でイケると判断

枯れたバラ

 

やっぱり、簡単に抜けました↓↓↓

枯れたバラ

 

土の中に残った、細かい根も取り除いておきましょう↓↓↓

枯れたバラの根

途中、コガネムシの幼虫1匹を発見↓↓↓ この時期、まだ暖かいので、よく動きます

コガネムシの幼虫

これが枯れた原因ではありません。

コガネムシに根を食べられてダメになるのは、鉢・プランター栽培だけです。

 

これで、枯れたバラの撤去は終了。

 

植えつけに入ります。

まず、新しいバラのための穴を掘ります↓↓↓花壇が狭いので幅25cm深さ25cmくらい

バラを植える穴

 

ここに、連作障害を予防する「バラのバイオキャッチ」登場↓↓↓

バラのバイオキャッチ

附属スプーン3杯、穴に入れます↓↓↓

連作障害予防のバラのバイオキャッチ

周りの土に混ぜ合わせます↓↓↓

バラのバイオキャッチ

 

次に、「花ごころ 有機特選バラのたい肥」(※お徳用20Lも中身同じ)を5L、穴に入れます↓↓↓

バラのたい肥

掘り起こした土と混ぜ合わせます↓↓↓

バラのたい肥

秋の「開花苗」をプラスチック鉢から抜きます↓↓↓片手で株元を持って、鉢の角を叩くと抜けますよ

バラの植え替え

根がしっかり張ってます。今の時期は、ココを触りません↓↓↓

バラの植替え

 

このまま穴に入れ、株の高さや向きを調節します↓↓↓

バラの植替え

位置が決まったら、土を被せます↓↓↓

バラの植えつけ

 

土を被せたら完了↓↓↓

バラの植えつけ

 

最後に水をたっぷりやっておきましょう↓↓↓

バラの植えつけ

花は終わっていますが、冬剪定まで葉を付けたままにして、たっぷり光合成させましょう!

「ランタン・シトロイユ」がやってきた!

2017.06.30

またまた、ショップの庭に新しいバラがやってきました!

ランタン・シトロイユ」(ドリュ)の新苗↓↓↓ 花が咲いてます

ランタンシトロイユ

咲くとこんな感じに↓↓↓ 楽しみです。

ランタンシトロイユ

まるでピンクグレープフルーツみたいな花は、デビュー直後すごい人気でした。

 

半つる性なので、花壇に植えて、小さいオベリスクに咲かせようと企んでいます。

まずは鉢で大きくして、今年の冬に花壇に植え付けることに…。

 

では、さっそく植え替えを!

最初に、花とツボミは摘んでしまいます↓↓↓ 元気な葉の5ミリ上でカット

バラの剪定

咲かせてもイイのですが、見応えある花じゃないので、

ここでエネルギー使わない作戦です。ツボミも取っちゃいます↓↓↓

バラの摘蕾

新苗にこれだけツボミがあるということは、花つきイイ品種だってことですね↓↓↓

バラの摘蕾

 

植替えに必要なものを用意して、スタート!

バラの土デルバールポット10号くり返しくり返し使える鉢底石

バラの植え替え

最初に「くり返しくり返し使える鉢底石」を2袋入れます↓↓↓

くり返しくり返し使える鉢底石

次に、バラの土を鉢の1/3の高さのところまで入れます↓↓↓

バラの植え替え

株元を持って、苗木を鉢から抜いたら↓↓↓

バラの植え替え

高さと、株の向きを決めます↓↓↓ 私たちは接ぎ木部分を土の上に出す派

バラの植え替え

決まったら、足りない土を入れます↓↓↓

バラの植え替え

最後に、水を鉢底から出るまで、たっぷりやったら↓↓↓

バラの植え替え

植え替え終了↓↓↓ かかった時間は10分程度。

バラの植え替え

栽培経過をレポートしていきますので、お楽しみに~。

1 / 41234
ページのトップへ