はなはなショップ

バラ苗4本(新苗は5本)以上送料無料 ※種類(秋苗、大苗、裸苗、新苗)が同一の場合 バラ苗以外7,000円(税込)以上

はなはなショップは、毎年「国際バラとガーデニングショウ<西武ドーム>」に出店しております。

暑さ対策

地面がコンクリートなら鉢キャスター

2016.07.08

連日、夏の暑さ対策について書いています。

水の心配には”たい肥でマルチング”。

さらに、鉢の温度を下げるのに、”鉢キャスター”がオススメです。

 

私たちも使っています↓↓↓

鉢キャスター

※この場所は、午後から日陰になるので、夏はココに鉢を置きます。

 

使っているのは、この鉢キャスター↓↓↓

鉢キャスター

 

鉢キャスターを使うと、

●地面と鉢の間に隙間が出来て、熱がこもりにくい

●鉢を移動するのに、少しの力で動くのでラク

●掃除がしやすい

という利点があります。

 

特に、ベランダ栽培の方や、玄関先に置いている方は重宝するはず。

 

ナエマのオベリスク仕立ての鉢にも使っていますが、スラスラと動きます↓↓↓

ナエマのオベリスク仕立て

 

お好みのデザインやサイズをお選びください

⇒ https://www.hanahana-shop.com/SHOP/99295/list.html

 

 

 

 

“バラのたい肥でマルチング” 地植えバラの場合

2016.07.07

暑い夏にバラを弱らせないために、“バラのたい肥でマルチング”しましょう。

今回は、地植えバラの場合。

 

用意するのは「特選有機バラのたい肥」or「バラのたい肥お徳用20L」←中身は同じです

バラのたい肥

 

まず、株周りに生えている雑草や、落ちている葉を取り除きます↓↓↓↓

バラのたい肥でマルチング

↓↓↓↓↓↓↓↓

バラのたい肥でマルチング

 

バラのたい肥を株元に出して、↓↓↓↓

バラのたい肥

 

約1.5cmの厚みで敷きます↓↓↓↓

バラのたい肥でマルチング

 

作業時間は約5分で完成↓↓↓↓

バラのたい肥でマルチング

 

今、このマルチングを30名の方にモニターしていただいています。

「こんな風に、やってますよ~」とお送りいただいた写真をご紹介

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

バラのたい肥マルチング

 

バラのたい肥マルチング

 

バラのたい肥でマルチング

 

バラのたい肥でマルチング

 

“バラのたい肥でマルチング” 鉢植えバラの場合

2016.07.06

本格的な夏まで、もう少し。

日に日に気温が上がり、特に鉢植えの水管理が大変になってきました。

 

ちょっと油断すると、

水不足のサインが現れます↓↓↓↓

水切れの葉

 

鉢植えの方は、水切れ予防に

“たい肥でマルチング”をオススメします。

かなり、水もちが違ってくるので、水遣りがラクになりますよ。

 

用意するのは、

特選有機バラのたい肥」or「バラのたい肥お徳用20L」←中身が同じなので

バラのたい肥

 

まず、鉢の中に落ちている葉や雑草を取り除きます↓↓↓

たい肥のマルチング

 

土の上に、「特選有機バラのたい肥」or「バラのたい肥お徳用20L」を入れます

鉢植えバラのマルチング

 

約1.5cmの厚みで、広げます↓↓↓

鉢植えバラのマルチング

 

完成↓↓↓

鉢植えバラのマルチング

 

1鉢3分程度で終了します。とっても簡単なのに、効果絶大!

水のお世話が悩みという方は、ぜひ試してみてください。

 

今、このマルチングを30名の方にモニターしていただいています。

「こんな風に、やってますよ~」とお送りいただいた写真をご紹介

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

マルチングモニター

 

マルチングモニター

 

皆さんも一緒に、「たい肥でマルチング」で夏のお悩みを軽くしましょう!

夏バテ症状が出ています

2016.07.04

ショップのある名古屋市の今日の最高気温は34度。

庭へ出ると、とろけそうです。

 

こんな暑さの中、一心に2番花を咲かせているバラがあります。

パトラッシュ」(ヤンスペック)↓↓↓ 花も多いし、香りも良い優秀な黄バラ。

パトラッシュ

 

ミルフィーユ」(河本バラ園)↓↓↓ 何度も良く咲いてくれる、可愛いバラ

ミルフィーユ

 

アンリマチス」(デルバール)↓↓↓本来なら白の絞りが入るのですが、暑さで真っ赤に

アンリマチス

 

典型的な夏バテ症状が出ているバラもあります。

 

枝先がフニャっとお辞儀しちゃっています。

土はちゃんと濡れているのに、枝先がぐったりするのは、

葉からの蒸発が激しく、水分の供給が追い付いていないのが原因。

この時期に良く出る現象です↓↓↓

夏バテのバラ

こうなっていても、慌てて水をやらないことです。

放っておけば、株が環境に慣れて、数日で元に戻ります。安心してください。

 

あと、コレ↓↓↓

夏バテのバラ

下の方の葉が黄色くなってしまいました。このあとパラパラ落ちます。

黒星病ではないんですよ。

これも、夏バテ症状の一つ。気にしないことです!

葉を少なくして、暑さに耐えようとしているバラの生理現象です。

 

夏を乗り切るマルチング

2015.07.13

夏本番前にやっておきたいことの一つが、マルチングです。

 

マルチングをすると、

・水分が保たれる

・黒星病が出にくくなる

・雑草が生えにくくなる

・土を柔らかくして、生育を良くする(特選有機バラのたい肥)

の効果があります。

 

誰でもできる簡単な作業なので、この時期ぜひやっておきましょう!

 

ショップでも先日、梅雨の合間をぬって“マルチング”しました。

 

用意したのは、「特選有機バラのたい肥」と「バラ専用マルチングチップ」です。

地植えのバラには、「特選有機バラのたい肥」を、

鉢植えのバラには「バラ専用マルチングチップ」を使います。↓↓↓↓↓↓

夏のマルチング材

◆特選有機ばらのたい肥 の購入はコチラ

https://www.hanahana-shop.com/SHOP/cp05850.html

◆バラ専用マルチングチップの購入はコチラ

https://www.hanahana-shop.com/SHOP/mc09590.html

 

 

まずは、地植えのバラのマルチングから。

 

「特選有機バラのたい肥」の袋を開けたら、スコップでバラの株元に敷いていきます。

特選有機バラのたい肥

 

特選有機バラのたい肥

 

だいたい、株元から半径30センチくらいの範囲に、敷きつめます。

厚みは、2センチくらい↓↓↓↓↓↓

特選有機バラのたい肥

 

さて、次の株も、、、

特選有機バラのたい肥

 

特選有機バラのたい肥

肥料は、この上からやれます。

 

特選有機バラのたい肥10L」で、約8株のマルチングができますよ。

 

次は、鉢植えのマルチング。

「バラ専用マルチングチップ」を使います。

鉢植えマルチング

 

鉢植えのマルチング

 

袋を開け、手でつかんで、入れていきます。↓↓↓↓↓↓

鉢植えマルチング

 

土が見えなくなるまで敷いたら、完成です。↓↓↓↓↓↓

鉢植えのマルチング

 

見た目も美しくなりました。↓↓↓↓↓↓

鉢植えマルチング

肥料は、この上からでも可能ですが

見た目を考えると、チップをよけて土の上に置いていただくことをおすすめします。

 

鉢植えに、「特選有機バラのたい肥」をマルチングするのもOKです。

 

バラ10本程度なら、30分もかからない作業なので、

涼しい日のある今のうちに、ぜひやっておきましょう!!

 

 

◆「特選有機ばらのたい肥」の購入はコチラ

https://www.hanahana-shop.com/SHOP/cp05850.html

◆「バラ専用マルチングチップ」の購入はコチラ

https://www.hanahana-shop.com/SHOP/mc09590.html

3 / 3123
ページのトップへ