はなはなショップ

バラ苗4本(新苗は5本)以上送料無料 ※種類(秋苗、大苗、裸苗、新苗)が同一の場合 バラ苗以外7,000円(税込)以上

はなはなショップは、毎年「国際バラとガーデニングショウ<西武ドーム>」に出店しております。

スタンダード仕立て

復活しました!

2018.06.15

弱り気味だった、スタンダードの「ラドルチェヴィータ」↓↓↓

弱っているバラ、鉢をサイズダウンして植替えました

復活しました!↓↓↓

バラのスタンダード

ツボミもいっぱい↓↓↓

バラ

弱った原因は、水のやり過ぎだと思います。

スタンダードは、知らないうちに水切れするので、用心して、

春~秋の期間、ほぼ毎日やってたんです。

それがNGでした。

 

植替えの時は、このままダメになっちゃうかも、、と半ば覚悟していただので、

嬉しい復活です。

水やりに注意して、キープしますよ!

 

2018春、指名買いやります!

2018.05.12

ズバリ写真の商品が届く指名買い、今年もやります!

1点ものなので、早いモノ勝ちですよ。

 

01「ナエマ オベリスク仕立て」↓↓↓ 20,800円(税、送料込み)

バラのオベリスク仕立て

 

02「ソレイユ・ヴァルティカル オベリスク仕立て」↓↓↓ 20,800円(税、送料込み)

バラのオベリスク仕立て

こちらからお買い求めいただけます。

◆オベリスク仕立て

https://www.hanahana-shop.com/SHOP/obe_shimeikai.html

 

 

01「ラ・ドルチェ・ヴィータ スタンダード仕立て」↓↓↓ 22,800円(税、送料込み)

バラのスタンダード仕立て

 

02「ラ・ドルチェ・ヴィータ スタンダード仕立て」↓↓↓ 22,800円(税、送料込み)

バラのスタンダード仕立て

 

03「ボルデュール・アブリコ スタンダード仕立て」↓↓↓ 22,800円(税、送料込み)

バラのスタンダード仕立て

 

04「ブランシュ・カスカード スタンダード仕立て」↓↓↓ 22,800円(税、送料込み)

バラのスタンダード

こちらからお買い求めいただけます。

◆スタンダード仕立て

https://www.hanahana-shop.com/SHOP/stan_shimeikai.html

 

弱っているバラ、鉢をサイズダウンして植替えました

2018.02.01

寒いからと言って、冬の作業を先延ばしにしてると、春が来ちゃうので、

今日は「ラ・ドルチェヴィータ」(デルバール)スタンダード仕立ての

冬剪定と簡単植替えをすることにしました↓↓↓

スタンダード

まずは、冬剪定から↓↓↓ 先に冬剪定するのは、枝を短くした方が扱いやすいからです

バラのスタンダード

どれくらい切るのか?昨年の冬剪定は、コレ↓↓↓ スッキリしていますね

バラの冬剪定

そして、春はこう咲きました↓↓↓ バランスバッチリ!!ブラボー!

ラドルチェヴィータ

なので、今年も同じような長さに剪定します↓↓↓ イメージしましょう

バラのスタンダード

細すぎる枝や枯れ枝は、元からカット↓↓↓

バラの冬剪定

 

バラの冬剪定

その他の枝も、大胆に切ります↓↓↓ 外向きの芽の5ミリ~1cm上で

バラの冬剪定

全ての枝にハサミを入れて、終了↓↓↓

バラの冬剪定

カットした枝たち↓↓↓

バラの冬剪定

 

で、次は“簡単植替え“。

“簡単植替え“は、土の上の方だけ取り除き、たい肥を入れる方法です↓↓↓

バラの植え替え

土を取り除き始めると、すぐに「あれ?」と思いました。

土が柔らかく、掘っても掘っても根が出てこないのです。

元気な株なら、根がビッシリ張っているために、土が固いはずです。

 

去年の冬の枝が真っ赤だったのに、今年の枝が黄色っぽいことや

枝が細くなっていることから、ピンときました。

「これ、根が回っていないね~。全部出してみようか~」

 

結局株を取り出して、土を落としてみると、根はこんな状態↓↓↓

バラの植え替え

これでは、枝の勢いもなくなるし、良い花も咲かないはずです。

春は良く咲いたので、そのあと根の成長がよくなかったのでしょう。

考えられるのは、水のやり過ぎと夏の暑さです。

 

この弱った根を、今の大きな鉢に入れると、水の乾きが遅くなり、

根の元気が回復しません。

鉢のサイズダウンが必要です。

 

急きょ、

デルバール12号鉢」と「バラの土」と「バラのバイオキャッチ」を用意して↓↓↓

バラの植え替え

バラのバイオキャッチ」は、スプーン3杯を根に振ります。根の発育促進に↓↓↓

バラのバイオキャッチ

鉢をサイズダウンして植え替えました↓↓↓ 植替え手順は、いつもと同じです

バラの植え替え

最後に水をやっておくのも同じ↓↓↓

バラの植え替え

鉢をサイズダウンして気を付けることは、水切れと転倒です。

 

ウィッチフォードのテラコッタは重量があって、台風でも転倒しなくて良かったのですが、

今年は根の元気回復が優先ですから、仕方ありません。

水やりと強風に気を付けながら、お世話していきます!

2番花の切り戻し スタンダード編

2017.07.20

スタンダード「ラ・ドルチェ・ヴィータ」の2番花が咲いています↓↓↓

ラ・ドルチェ・ヴィータ

なかなかバランス良いので、1番花の切り戻しはバッチリだったなぁと自画自賛。

ちなみに1番花の切り戻しは、こんな感じでした↓↓↓

スタンダードバラの切り戻し

 

全体の姿はバランス良いのですが、コガネムシに葉と花を食べられて、

近くで見ると、可哀そうな状態です↓↓↓

ラ・ドルチェ・ヴィータ

 

今日、切り戻しちゃいます。

夏の間、暑さで葉が落ちる可能性があるので、多少落ちても光合成できるように

葉を多めに残しておきます。

 

上の方にある、元気な葉の5ミリ上でカット↓↓↓

バラの切り戻し

 

バラの切り戻し

 

これだけ切って↓↓↓

バラの切り戻し

 

終了↓↓↓

バラの切り戻し

 

バラの切り戻し

 

9月に入ったら夏剪定して、昨年みたいに、秋の花をキレイに咲かせますよー。

昨年の秋(10月27日)の様子↓↓↓

ラ・ドルチェ・ヴィータ

バラの指名買い 第4弾

2017.06.14

まだイイのが2点ありましたので、バラの指名買い 第4弾を開催します!

スタンダードは最後です。

 

【01】スタンダード仕立て(ラドルチェヴィータ) 送料込み20000円(税込)

※お届け時には、もっと咲いています

ラドルチェヴィータ

咲くとこんな感じ↓↓↓ 秋もよく咲きます!

バラのスタンダード仕立て

ご注文はコチラ。この写真の商品をお送りするので、1点限りです。

※完売しました。

⇒ https://www.hanahana-shop.com/SHOP/obe_shimeikai.html

 

 

【02】スタンダード仕立て(クロードモネ) 送料込み20000円(税込)

クロードモネ

咲くとこんな感じ↓↓↓

バラのスタンダード仕立て

ご注文はコチラ。この写真の商品をお送りするので、1点限りです。

※完売しました

⇒ https://www.hanahana-shop.com/SHOP/obe_shimeikai.html

 

早いモノ勝ちですので、ピンときたらスグに!

バラの指名買い、第2弾!

2017.06.07

ほとんどのバラの一番花が終わり、苗木の販売も終盤です。

 

そこで、「残すのがもったいない!まだこれから見ごろ」というものをピックアップして、

「指名買い」第2弾をやることにしました。

お花好きな方への贈り物にしても喜ばれるはず。

 

また、今月中旬より、今までお願いしていた宅配業者さんが、

荷のサイズの問題で使えなくなり、

別会社に変更するものの、来シーズンから価格の値上げは避けられなくなりました。

 

ですので、迷っている方は、今お求めいただいた方がお得です。

受付は、6月14日(水)までですので、お早目にお申込みください。

 

【01】スタンダード仕立て(ラドルチェヴィータ) 送料込み20000円(税込)

※お届け時には、もっと咲いています

バラのスタンダード

咲くとこんな感じ↓↓↓

バラのスタンダード仕立て

ご注文はコチラ。この写真の商品をお送りするので、1点限りです。

※売り切れました

⇒ https://www.hanahana-shop.com/SHOP/obe_shimeikai.html

 

 

【02】スタンダード仕立て(クロードモネ) 送料込み20000円(税込)

※お届け時には、咲いています

バラのスタンダード

咲くとこんな感じ↓↓↓

バラのスタンダード仕立て

ご注文はコチラ。この写真の商品をお送りするので、1点限りです。

※売り切れました

⇒ https://www.hanahana-shop.com/SHOP/obe_shimeikai.html

 

 

【03】スタンダード仕立て(ボルデュール・アブリコ) 送料込み20000円(税込)

※お届け時には、もっと咲いています

バラのスタンダード

咲くとこんな感じ↓↓↓

バラのスタンダード

ご注文はコチラ。この写真の商品をお送りするので、1点限りです。

※売り切れました

⇒ https://www.hanahana-shop.com/SHOP/obe_shimeikai.html

 

早いモノ勝ちですので、ピンときたらスグに!

スタンダード仕立ての切り戻し

2017.06.01

スタンダード「ラ・ドルチェ・ヴィータ」の一番花が終わりました↓↓↓

ラ・ドルチェ・ヴィータ

 

花数が多かったので、一つ一つの花が開ききらず、ドライフラワー状態↓↓↓

ラ・ドルチェ・ヴィータ

花数が多いとよく起こる現象です↓↓↓

でも、ガッカリしないでくださいね!このドライフラワーの楽しみ方があるんですよ。

それは、この記事の最後で…。

ラ・ドルチェ・ヴィータ

 

それでは、切り戻しスタート!

まず、半分~2/3の間で、どれくらいの高さにするか決めます。

ドルチェヴィータは樹勢が強いので半分にします。仕上がりをイメージして↓↓↓

ラ・ドルチェ・ヴィータ

ひと枝、ひと枝カットしていきます。↓↓↓

バラの切り戻し

花の付いた枝だけで見ると、1/3の位置↓↓↓

バラの切り戻し

大きくて、元気な葉の5ミリ上をカット↓↓↓

バラの切り戻し

同じように、どんどん切っていって↓↓↓

バラの切り戻し

切り戻し、終了↓↓↓

ラ・ドルチェ・ヴィータ

切ったのは、これくらい↓↓↓ たっぷりあります。

バラの切り戻し

ここまでスッキリ↓↓↓

スタンダードバラの切り戻し

 

ここからは、オマケ。

ドライフラワーになった花びらは、ポプリにしちゃいましょう↓↓↓

バラでポプリ

色がキレイ↓↓↓

ラ・ドルチェ・ヴィータ

「ラ・ドルチェ・ヴィータ」は香りのバラ。

すごく強くはありませんが、樹木や紅茶の香りがします。

2つもできちゃいました↓↓↓

バラの花でポプリ

こうして最後まで満喫すれば、

バラも「咲いた甲斐があった~」と喜んでくれそうです。

花数すごい!「ラ・ドルチェヴィータ」

2017.05.24

ショップの庭にある、スタンダード「ラ・ドルチェヴィータ」が満開です↓↓↓

ラドルチェヴィータ

 

このバラは、とにかく花数が多いのが魅力。あと、花が長持ちします↓↓↓

ラドルチェヴィータ

香りは“強香”に属していますが、強い時もあれば、弱い時もあってマチマチ。

 

秋の花と比べてください。

2016年10月末の様子↓↓↓秋の方が、ひとつひとつの花が大きくて綺麗です。

ラ・ドルチェ・ヴィータ

秋も楽しみなバラです。

◆スタンダード仕立て(ラ・ドルチェ・ヴィータ)

⇒ https://www.hanahana-shop.com/SHOP/dl2829T.html

 

秋の記事はコチラ↓↓↓

スタンダード「ラ・ドルチェ・ヴィータ」満開

今年もやります、指名買い!

2017.05.13

今年も登場です!

掲載した写真の商品そのものを、お届けする「指名買い」。

 

もちろん、現物1点限りですので、早いもの勝ち。

“遅くなってゴメンね!母の日プレゼント”や、

お誕生日プレゼント、記念日にピッタリですよ。

ピンと来たら、スグにお手続きください。ご注文から10日以内にお届けします。

さっそく、いってみましょう。

 

【01】オベリスク仕立て(ローズ・ポンパドゥール) 送料込み17000円(税込)

バラのオベリスク仕立て

咲くとこんな感じに↓↓↓↓↓↓

バラのオベリスク仕立て

 

ご注文はコチラ。この写真の商品をお送りするので、1点限りです。

※売り切れました

https://www.hanahana-shop.com/SHOP/obe_shimeikai.html

 

 

【02】オベリスク仕立て(ナエマ) 送料込み17000円(税込)

バラのオベリスク仕立て

咲くとこんな感じに↓↓↓↓↓↓

ナエマのオベリスク仕立て

 

ご注文はコチラ。この写真の商品をお送りするので、1点限りです。

※売り切れました

https://www.hanahana-shop.com/SHOP/obe_shimeikai.html

 

 

【03】オベリスク仕立て(ペッシュボンボン) 送料込み17000円(税込)

バラのオベリスク仕立て

咲くとこんな感じに↓↓↓↓↓↓

ペッシュボンボン

 

ご注文はコチラ。この写真の商品をお送りするので、1点限りです。

※売り切れました

https://www.hanahana-shop.com/SHOP/obe_shimeikai.html

 

 

【04】オベリスク仕立て(ブリーズ) 送料込み17000円(税込)

バラのオベリスク仕立て

コロンとしたお花です↓↓↓↓↓↓

ブリーズ

 

ご注文はコチラ。この写真の商品をお送りするので、1点限りです。

※売り切れました

https://www.hanahana-shop.com/SHOP/obe_shimeikai.html

 

 

【05】オベリスク仕立て(ミステリューズ) 送料込み17000円(税込)

バラのオベリスク仕立て

咲くとこんな感じに↓↓↓↓↓↓

ミステリューズ

 

ご注文はコチラ。この写真の商品をお送りするので、1点限りです。

https://www.hanahana-shop.com/SHOP/obe_shimeikai.html

 

 

【06】スタンダード仕立て(ラ・ドルチェ・ヴィータ) 送料込み20000円(税込)

バラのスタンダード仕立て

ショップの庭でも咲かせました(2016秋)↓↓↓

ラ・ドルチェ・ヴィータ

 

ご注文はコチラ。この写真の商品をお送りするので、1点限りです。

※売り切れました

https://www.hanahana-shop.com/SHOP/obe_shimeikai.html

 

 

【07】スタンダード仕立て(クロードモネ) 送料込み20000円(税込)

バラのスタンダード

かわいらしい花です↓↓↓

クロードモネ

 

ご注文はコチラ。この写真の商品をお送りするので、1点限りです。

※売り切れました

https://www.hanahana-shop.com/SHOP/obe_shimeikai.html

 

 

【08】スタンダード仕立て(ブランシュ・カスカード) 送料込み20000円(税込)

ブランシュ・カスカード

白い小花が咲きます↓↓↓

ブランシュカスカード

 

ご注文はコチラ。この写真の商品をお送りするので、1点限りです。

https://www.hanahana-shop.com/SHOP/obe_shimeikai.html

 

 

とにかく1点ものなので、ピンと来た方はお急ぎください~!

「スタンダード仕立て」の冬剪定&植え替え

2017.02.01

ラ・ドルチェヴィータ」のスタンダード仕立て(10月の花)↓↓↓

ラ・ドルチェ・ヴィータ

咲かせて分かった、スタンダード仕立ての魅力

・目の高さに花がまとまって咲くから、豪華

・黒星病にかからない

・背が高いので、枝葉に太陽がよく当たる⇒陽当たりが十分じゃない場所に◎

 

現在の姿↓↓↓ 秋以降も太陽の光を浴びたので、枝葉が赤く紅葉しています

バラのスタンダード仕立て

 

スタンダード仕立ても、冬剪定&植え替えが必要です。

 

このまま植替えしようとすると、枝が邪魔になるので、まず冬剪定しちゃいます。

今日まで太陽をたっぷり浴びていたので、赤味をおびた良い枝ばかり↓↓↓

バラのスタンダード仕立て

スタンダード仕立ての冬剪定は、「エーッ、こんなに切っていいの?」

というくらい短くするのがコツ。

枝を長く残すと、春の花が咲いた時にバランスが悪くなるからです。

 

一般的な品種は、1/3の長さを目安にして、切っていきますが、

今回は「ラ・ドルチェ・ヴィータ」。とびきり樹勢が強く、花数も多い品種です。

こういう品種は、思いきって、これくらいの長さにしちゃってください↓↓↓

バラのスタンダード冬剪定

はなはなショップで販売している「エドガー・ドガ」「カミーユ・ピサロ」

「ボルデュール・アブリコ」「ローズ・ポンパドゥール」も、一緒の剪定方法です。

 

これくらい太い枝も、バシバシ切っていきますよ~↓↓↓

バラの冬剪定

 

剪定ばさみで切れないような太い枝は、のこぎりを使って↓↓↓

20170201_5

 

もったいないですが、混みあっている枝があったら、カット。

風通しを良くするために、枝数を減らすのです。

バラの冬剪定

のこぎりを使って、枝分かれしているところから切ります。↓↓↓

バラの冬剪定

 

バシバシ切る冬剪定の終了!↓↓↓

バラの冬剪定

ビックリしますよね~、この短さ。

皆さんは、怖いのとモッタイナイので、なかなかココまで切れないと思います。

「ラ・ドルチェ・ヴィータ」は、特に枝葉がワサワサ茂って、花数も多い品種なので

大胆に切る必要がありました。

樹勢の強い品種は、これくらいを意識して、剪定しましょう。

 

 

さて、冬剪定が終わったので、次は植替えです。

植替えは大変な作業なので、もし根が詰まっていなければ、2年に1度でもOK。

 

私たちは「せっかくだから素敵な鉢に変えよう!」となったので、

今年は植替えをすることに…。来年は必要なければやらないかも…。

 

それでは、用意するものから↓↓↓

バラの植え替え

植木鉢/バラの土20Lくり返しくり返し使える鉢底石ガーデニングシート/スコップ

 

植替えの手順は、他のバラと一緒です。長さが違うだけです。

支柱が付いていたら、最初に外しましょう↓↓↓

スタンダードの冬剪定

 

ガーデニングシートの上に、鉢を寝かせて↓↓↓

バラの植え替え

鉢の底を叩いて、抜き出します↓↓↓

バラの植え替え

↓↓↓↓↓↓

バラの植え替え

 

根をほぐします↓↓↓ 根は下の方にあるので、上の方は大胆に崩して大丈夫

バラの植え替え

↓↓↓↓↓↓ 土と一緒にちぎれる細かい根は、取っても大丈夫

バラの植え替え

 

この程度まで土を落とし、細かい根もある程度取れたらOK!

土を全部落とす必要はありません↓↓↓↓↓↓

バラの植え替え

 

あとは鉢へ植えつけ。

今回は、高級ブランド「ウィッチフォード」の13号鉢を用意しました↓↓↓

ウィッチフォードの植木鉢

 

くり返しくり返し使える鉢底石」(今回は再利用のもの)を、底に敷いて↓↓↓

くり返しくり返し使える鉢底石

 

バラの土を、1/4ほど入れます↓↓↓

バラの植え替え

 

株を入れて、高さや向きを調整し↓↓↓

バラの植替え

 

OKならば、土をかぶせていきます↓↓↓

バラの植え替え

 

鉢の上の方まで土を入れたら終わり、ではありませんよ!

 

ただ土を流し入れただけでは、中に空洞が出来ていて、それによって根が乾いてしまいます。

根と根の間にも土が入るよう、棒を使って、土をつつきます↓↓↓

バラの植え替え

ぐるっと全体を、まんべんなくつつきましょう↓↓↓

バラの植え替え

 

この作業をすると、↓↓↓こんなふうに土が沈むので、

バラの植え替え

 

もう一度、土を足したら、今度こそ完了↓↓↓

バラの植え替え

 

バラの植え替え

 

折れないように立てている支柱も、ナチュラルに馴染む”竹”に変えて↓↓↓

バラのスタンダードの支柱

 

完成↓↓↓

スタンダードの冬剪定

 

最後に、たっぷり水をやっておきましょう↓↓↓

バラの植え替え

 

 

—————-おもしろエピソード—————–

 

根の周りの土をほぐしている時に、土の中に太ったミミズを発見↓↓↓

バラの根の中に棲むミミズ

捕まえようと握ったのですが、スルスル~と中に入っていっちゃいました。

ですから、このスタンダード鉢は、大きなミミズ入りです。

1 / 212
ページのトップへ