はなはなショップ

バラ苗4本(新苗は5本)以上送料無料 ※種類(秋苗、大苗、裸苗、新苗)が同一の場合 バラ苗以外7,000円(税込)以上

はなはなショップは、毎年「国際バラとガーデニングショウ<西武ドーム>」に出店しております。

バラ栽培

シャンテロゼミサト秋の花、イマイチの件

2019.10.01

8月26日に夏剪定した「シャンテロゼミサト」の秋の花が

咲き始めました↓↓↓ もう半分散ってます

シャンテロゼミサト秋の花

今日の名古屋市は31度。

ずーっと気温が高いんですね。

だから、咲いた花がイマイチ。あっさりした夏の花になっちゃいました。

↓↓↓

シャンテロゼミサト、残念な秋の花

こんな残暑が続くと分かっていたら、

夏剪定を、あと2週間遅くしたんですけどね。

仕方ありません。

皆さんの 「シャンテロゼミサト」 は、いかがですか?

夏剪定しなかったバラ咲くころ

2019.09.26

夏剪定しなかったバラがポツポツ咲いています。

サントノーレ」↓↓↓ かわいい花

サントノーレ

レジスマルコン」 ↓↓↓  べたーっとした形だから、夏の花ですね

レジスマルコン

ラ・レーヌ・ドゥ・ラ・ニュイ」 ↓↓↓  四季咲き強いです

ラ・レーヌ・ドゥ・ラ・ニュイ

名古屋は先日まで35度あったので、

その頃付いたツボミだと、花が小さいし、イマイチです。

あと、夏剪定を早く行った「シャンテロゼミサト」 ↓↓↓

シャンテロゼミサト

思惑通りに、大きなツボミが付いてきました ↓↓↓

大きなツボミ

あと1週間で咲いてきそうですね。

涼しい日をねらって夏剪定しました

2019.09.13

昨日まで猛暑日だった名古屋が、今日は30度以下。

「今日しかない!」と夏剪定しました。

鉢植えバラ 「ラパリジェンヌ」↓↓↓

鉢植えバラの夏剪定

だいたい、1/3くらいカットするのをイメージしてスタート。

枝がある程度太い場所まで下がっていってカット

完了↓↓↓

夏剪定の完成

カットした枝は、これくらい ↓↓↓

カットした枝葉

庭植えのバラも ↓↓↓  パトラッシュ

夏剪定前のバラ

花が咲いてたり、ツボミが付いていても、カットします ↓↓↓

咲いている花は、あとで飾りましょう

新芽が出ていてもカットします ↓↓↓

夏剪定は、新芽が出ていてもカット

そうして、完成 ↓↓↓

夏剪定の完成

夏剪定しない!と決めたバラもありますよ ↓↓↓  ガブリエル

夏剪定しないガブリエル

葉が少ないので、剪定をせず、冬まで養分を蓄えてもらいます。

ツボミは咲かせないでカットします。

夏剪定は、開花時期を揃えるためにする作業です。

ですから、しなくても花は咲いてくれます。

弱っているバラや、一季咲きのバラにはする必要ありません。

もし、作業する場合は、9月20日頃までには終わらせましょう。

夏の小さな花の飾り方

2019.09.10

夏の小さな花って、どうしていますか?

私たちは、コレです。水に浮かべる↓↓↓

夏のバラ

これなら、センスが無い人でも、キレイに見せられちゃうんです。

本当です。

あと、最近発見したのがコレ ↓↓↓

ツボミを浮かべるんです。

夏剪定前って、ツボミが付いちゃうじゃないですか、

暑くて庭に出られないあいだに…。

で、摘んだツボミを、水に入れるんです。 ↓↓↓

バラのツボミ

すると、次の日にはこんなふうに開くのです。 ↓↓↓

これの良いところは、花びらが傷んでいないので、美しいこと。

長持ちすること。

ぜひ、お試しください!

ガラスのプレートが、残り少なくなりました。お早目に!

◎フローティングプレート

https://www.hanahana-shop.com/SHOP/va64498.html

花壇の土が減ったら…

2019.09.03

花壇や鉢植えの土って、減りますよね。

こんなふうに↓↓↓

花壇の土が減る

根っこが表面に出てきちゃいそう↓↓↓

バラの根が出て来ちゃう

他の花壇のバラも↓↓↓

バラの根が出る

花壇や庭の土は、低い場所に流れたり、

雨や気候でギュッと詰まって、少なくなります。

 

鉢植えでも、この現象は見られます↓↓↓

鉢植えバラ

鉢植えの場合も、水遣りの時に土が流れ出たり、

ギュッと詰まって少なくなります。

 

対処法は、土を足すことです。

私たちも今日、土を足しました。

「バラの土」です。

土を足す

出して広げるだけ↓↓↓

増し土

 

鉢植えも↓↓↓

増し土作業

 

増し土作業

根が露出してしまうと、枯れることもあるので、

その前に、増し土をしてくださいね。

「シャンテロゼミサト」夏剪定しました

2019.08.26

四季咲きなのに、秋に咲きにくいと言われる「シャンテロゼミサト」。

夏剪定を早めに、浅くしておくと、秋も花を付けてくれます。

 

そこで、私たちも「シャンテロゼミサト」夏剪定しました↓↓↓ 夏剪定前

バラの夏剪定

 

花やツボミが付いていますが、カットします。

切る位置はこれくらい↓↓↓

バラの夏剪定

花やツボミがついてない枝は、これくらい↓↓↓

バラの夏剪定

全ての枝にハサミを入れます↓↓↓ 花がツボミが無くなりました

バラの夏剪定

夏剪定、完了↓↓↓

バラの夏剪定

 

2年前から、この方法をとって、ツボミが付いたんですよね。

でも、秋は台風シーズンなので、せっかく付いたツボミが

台風にもっていかれて、結局花が見られなかったんです。

今年こそ!

夏に強いバラたち

2019.08.23

今日の名古屋は、ようやく人が活動できる気温になったので、

庭に出て、頑張って咲いちゃったバラの花がらやツボミを摘みました。

 

夏に強いバラが分かりますね。

ダフネ」↓↓↓ 極太ベイサルシュートの先に咲いた花。ブーケみたい

ダフネ

 

オマージュアバルバラ」↓↓↓ 夏でもイイ色が出ます

オマージュアバルバラ

 

シャンテロゼミサト」↓↓↓ 夏でも大きなツボミを付けます

シャンテロゼミサト

 

ローズポンパドゥール」↓↓↓ 色が薄いけど、これはこれで可愛い!

ローズポンパドゥール

 

あと、農場からも「これ、暑さに強いよ!」と写真が来ました。

ブロドリー」↓↓↓

ブロドリー

シュクレ」↓↓↓

シュクレ

オルフェオ」↓↓↓

オルフェオ

パオロ・ペイローネ・ジャルディニエレ」↓↓↓

パオロ・ペイローネ・ジャルディニエレ

ニューサ」↓↓↓ 想定内かな~

ニューサ

フィオーラ」↓↓↓ 可愛い花!

フィオーラ

こんなに暑いのに!

2019.08.06

ショップのある名古屋市は、連日35度超え。

朝か夕方に、バラの生存確認をしています。

 

そんな中、えっ!と驚く現象が…。

なんと、ベイサルシュートを出そうとしているのです↓↓↓ 「キルケ

夏のベイサルシュート

凄いでしょ!この暑さなのに。

全体はこんな様子。まあまあ葉が残っています↓↓↓

バラのキルケ

他のバラも、この暑さの中、赤い新芽を出していて、関心しちゃいます↓↓↓

バラの新芽

今のお手入れは、

バラは本来、暑さに弱い植物なので、エネルギーを消耗させないために

花が咲いていたら、早めにカットして↓↓↓

バラ夏のお手入れ

ついでに、ツボミも摘んでおく↓↓↓

夏の摘蕾

小さいツボミは手でポキンと折れます。大きくなったツボミは剪定ばさみで。

バラ夏の摘蕾

葉を落として、弱っているバラほど、このケアが必要です。

 

中には「シャンテロゼミサト」のように、葉がワサワサ茂っていて、

ちょっとやそっとじゃ音を上げないバラもあるので↓↓↓

シャンテロゼミサト

そういうのは、咲かせても問題ないです↓↓↓ 暑さのなか摘む作業も大変なので…

バラのツボミ

チリチリの枝先はバラゾウムシ

2019.07.29

7月に入ってから、新芽のチリチリが目立ちました↓↓↓

バラゾウムシ被害

 

バラゾウムシ被害

これは、バラゾウムシの仕業ですよ↓↓↓

バラゾウムシ

この時期のバラゾウムシは、大きくて、枝を揺らしても落ちません。

だから、枝ごと切って、踏んで潰しましょう

バラゾウムシの駆除

35度を超えると出なくなります。暑すぎて活動できないんでしょうね。

 

あと、この時期はオンシツコナジラミも発生しやすいです。

白い羽の小虫が飛ぶやつです。

オルトランを撒いて対処してくださいね。

2番花が終わったら肥料を

2019.07.19

2番花がだいたい終わったので↓↓↓

バラ

 

バラ

肥料をやりました↓↓↓ 鉢植えは、「バラの肥料」をひと握り。

バラの肥料やり

地植えは、「バラの肥料」を2握り↓↓↓

バラの肥料

「完全に花が終わってからじゃないといけませんか?」

と聞かれるのですが、少々まだ花がついていても構わないので、

一気にやっちゃった方がラクです。

1 / 5512345...102030...最後 »
ページのトップへ