はなはなショップ

バラ苗4本(新苗は5本)以上送料無料 ※種類(秋苗、大苗、裸苗、新苗)が同一の場合 バラ苗以外7,000円(税込)以上

はなはなショップは、毎年「国際バラとガーデニングショウ<西武ドーム>」に出店しております。

お庭の手入れ

四季咲きクレマチス、剪定しました

2019.09.06

四季咲きクレマチスを10月中旬にもう一度咲かせるため、

剪定しました。

剪定前↓↓↓ 絡まって、暑苦しくなってる

クレマチス夏剪定

夏に伸びた枝の半分の長さの位置の

節と節の間で切ります↓↓↓

クレマチス夏剪定

切った枝は、引っ張って外しましょう!

 

最後に、「バラの肥料」を2握り、株元に撒いておきましょう↓↓↓

バラの肥料

そのうち枝が伸びてきたら、咲かせたい場所に誘引します。

クレマチス花後剪定&肥料

2019.05.30

一旦休憩に入ったバラに代わって、アジサイが咲き始めています↓↓↓

カシワバアジサイ

さて、クレマチスも一旦休憩です↓↓↓

つるバラ

この品種は、剪定をすれば1か月半で、また花が咲いてきます。

剪定のタイミングは、2割花が残っているくらい。↓↓↓

果球のクレマチス

昨年まで、ボボ(果球)だらけになってからやっていたので、今年はタイミングOK。

 

株元から3節くらいを残して、節と節の真ん中でカット↓↓↓

クレマチス剪定

引っ張って、枝を外していきます↓↓↓

クレマチス剪定

これで全部↓↓↓

クレマチスの枝

仕上げに、肥料をやっておきます↓↓↓ 「花ごころ バラの肥料」を2握り

クレマチス花後の肥料

クレマチス以外の草花も整理して、暑くなる前にスッキリさせました↓↓↓

つるバラ

ベイサルシュートを待ち望んでいた「シャンテロゼミサト」は、1本出ました↓↓↓

バラのベイサルシュート

今日の作業で、日当たりと風通しが良くなったので、良い枝に育ちそうです。

春の花が次々に…

2019.04.24

会社前のお家のモッコウバラが満開です↓↓↓

モッコウバラ

西洋オダマキも咲いてます↓↓↓

西洋おだまき

ウツギも美しい↓↓↓

ウツギ

 

さて、バラたちも

5年目の「ガブリエル」↓↓↓ 枝先にツボミがいっぱい

ガブリエル

5年目の「パトラッシュ」↓↓↓ 上にも横にも凄いボリューム!地植え向き

パトラッシュ

3年目の「アカデミア」↓↓↓ お行儀の良い樹形です

アカデミア

咲き揃うのは、連休明けか!?

2019.04.16

お庭のパトロールが楽しみです。

ピッカピカの葉を見たり↓↓↓ 「エドゥアール・マネ

ピカピカのバラの葉

つるバラの並んだツボミを見たり↓↓↓ しているだけでワクワクしますね。

つるバラのツボミ

今日は、クレマチスの枝の誘引をしました。

放っておくと、ブラ~ンと垂れたり、上に伸びるだけだったりします↓↓↓

クレマチスの枝

横に這うよう、枝を倒して、軽く留めておきます↓↓↓

クレマチス誘引

あと、早く咲き終わったチューリップの処理も。

まだ可愛く咲いてるものもあるんですが↓↓↓

チューリップ

早く咲き始めたのは、花が終わっています。

球根を太らせ取り出し、来年も咲かせたいので、

茎をカットして、葉で光合成させておきます↓↓↓

チューリップの花後処理

終わりかけの見栄えが悪くなった花も、やっちゃいます↓↓↓

チューリップ花後の処理

葉が黄色くなったら、球根を取り出しますよ。

 

最後は、鉢植えバラの水遣りで終了↓↓↓

バラの水やり

ツボミが大きくなってきたので、2日に1回必要ですね。水切れ注意です!

 

多くのバラが咲き揃うのは、連休明けになりそう↓↓↓去年より1週間程遅いですね

花が咲く前のバラ

この時期の庭しごと

2019.04.12

昼過ぎ、庭のパトロールに出ました。

まずは、ビオラの花がら摘み↓↓↓ ゴールデンウィークまで元気に咲きますよ!

ビオラの花がら摘み

雑草が生えてきているので、雑草退治↓↓↓

雑草退治

3日ぶり、鉢植えバラの水やり↓↓↓

バラの水やり

来週からは、2日に1回のペースになりそうです。

 

病気は出ていませんが、“ハバチ”発見↓↓↓

バラに産卵するハバチ

産卵して子供が生まれると、葉がレースになりますよ。

バラゾウムシに比べれば、ハバチは可愛いモノです。

桜咲く

2019.04.04

昨日まで冬に逆戻りした気温でしたが、

今日のお昼からは、春らしさが戻りました。

毎年恒例、会社前の神社の桜が、7分咲きに…↓↓↓

2019桜

ビオラの中に仕込んでおいたチューリップも咲いてきました↓↓↓

ビオラとチューリップ

バラも、もうツボミが見えてきているのもあります↓↓↓「ダム・ドゥ・シュノンソー」

バラのツボミ

でも、遅いバラは、これくらい。移植する時期が遅かったのが原因です↓↓↓

バラの新芽

葉っぱワサワサの庭になっています↓↓↓

4月初旬のバラ

クレマチス最初の誘引

2019.03.27

クレマチスの枝が伸びてきました↓↓↓

クレマチス

このまま放っておくと、枝どうしが絡まって、バラの間に花を咲かせることが

できなくなります。 こんなふうに↓↓↓

リパブリック・ドゥ・モンマルトル

クレマチスは、今のうちに、枝を誘引しておく必要があるんです。

 

ちょっと絡まった葉柄をほどいて↓↓↓

クレマチス誘引

バラの間に枝が入るように、誘引していきます↓↓↓

クレマチス誘引

キレイな放射状にしました↓↓↓

クレマチス誘引

5月に花が咲くまで、このあと何回か、誘引を直していきます。

それでも、なかなか思った場所に花を咲かせるのが難しいです…。

庭が色づいてきました

2019.03.16

もう春ですね。

水仙が咲き、チューリップも顔を出してきました↓↓↓

春の水仙

ビオラも、モリモリになってきたし↓↓↓

ビオラ

クレマチスも、新芽が伸びてきました↓↓↓

クレマチス新芽

バラも、早いのはこんな感じ↓↓↓ 「パトラッシュ」(ヤンスペック)

バラの若葉

一番遅いのは、これくらい↓↓↓ 「アンナプルナ」(ドリュ)

バラの新芽

さらにグングン伸びて、楽しくなってきますよ。

春が早い!

2019.03.05

ショップのある名古屋の最高気温は18度。

午後からお庭に出ると、ポカポカしてて、お昼寝がしたくなります。

 

バラも、早いのは若葉が出てます↓↓↓

バラの若葉

遅いのは、まだこれくらい↓↓↓ 2月後半に移植したからでしょう

バラの枝

 

ビオラの寄せ植えに入れたチューリップも、ニョキっと顔を出してきました↓↓↓

春のチューリップ

一輪挿しへの生け方

2019.01.17

ショップの庭は、来週から、冬剪定&植替えを始めます。

日当たりが一番良い場所に置いている「ガブリエル」のツボミが

部屋でなら開きそうなくらい、緩んできたので、冬剪定の前にカットすることに↓↓↓

ガブリエル

そうやって、暖かい部屋の中にやってきた花たちが、このとおり↓↓↓

ローズポンパドゥール

 

この一輪挿しへの生け方ですが、キレイに見える法則があるんですよ。

まず、花瓶と花のてっぺんが1:1↓↓↓

一輪挿しの生け方

 

一輪挿しの生け方

次に、花瓶と花のてっぺんが5:3↓↓↓

一輪挿しへの生け方

あと、花瓶と花のてっぺんが3:5というのもあります。

この比率を意識すると、バランス良く生けることができます!

 

ガラスの一輪挿し 在庫限りで販売終了します

https://www.hanahana-shop.com/SHOP/va63837.html

1 / 712345...最後 »
ページのトップへ