はなはなショップ

バラ苗4本(新苗は5本)以上送料無料 ※種類(秋苗、大苗、裸苗、新苗)が同一の場合 バラ苗以外7,000円(税込)以上

はなはなショップは、毎年「国際バラとガーデニングショウ<西武ドーム>」に出店しております。

2019年8月

消費税率変更(増税)に伴うお知らせ

2019.08.30

10月1日(火)から、消費税率が10%になります。

当店では、土や肥料の苗木以外の商品については

10月1日より価格が上がります。

 

秋の「開花苗」販売中は、

・開花苗

・送料

・手数料

は、販売期間中は据え置き価格で販売いたします。

 

11月から予約販売する「大苗」「裸苗」から、

以下のように、価格変更いたします。

・大苗 3980円(税込)⇒4080円(税込)

・裸苗 3240円(税込)⇒3420円(税込)

・新苗 2800円(税込)⇒2940円(税込)

・送料  800円⇒ 900円

1000円⇒1100円

1200円⇒1300円

消費税分だけでなく、人件費、運送費のアップにより少し値上げしております。

どうかご理解くださいませ。

「シャンテロゼミサト」夏剪定しました

2019.08.26

四季咲きなのに、秋に咲きにくいと言われる「シャンテロゼミサト」。

夏剪定を早めに、浅くしておくと、秋も花を付けてくれます。

 

そこで、私たちも「シャンテロゼミサト」夏剪定しました↓↓↓ 夏剪定前

バラの夏剪定

 

花やツボミが付いていますが、カットします。

切る位置はこれくらい↓↓↓

バラの夏剪定

花やツボミがついてない枝は、これくらい↓↓↓

バラの夏剪定

全ての枝にハサミを入れます↓↓↓ 花がツボミが無くなりました

バラの夏剪定

夏剪定、完了↓↓↓

バラの夏剪定

 

2年前から、この方法をとって、ツボミが付いたんですよね。

でも、秋は台風シーズンなので、せっかく付いたツボミが

台風にもっていかれて、結局花が見られなかったんです。

今年こそ!

夏に強いバラたち

2019.08.23

今日の名古屋は、ようやく人が活動できる気温になったので、

庭に出て、頑張って咲いちゃったバラの花がらやツボミを摘みました。

 

夏に強いバラが分かりますね。

ダフネ」↓↓↓ 極太ベイサルシュートの先に咲いた花。ブーケみたい

ダフネ

 

オマージュアバルバラ」↓↓↓ 夏でもイイ色が出ます

オマージュアバルバラ

 

シャンテロゼミサト」↓↓↓ 夏でも大きなツボミを付けます

シャンテロゼミサト

 

ローズポンパドゥール」↓↓↓ 色が薄いけど、これはこれで可愛い!

ローズポンパドゥール

 

あと、農場からも「これ、暑さに強いよ!」と写真が来ました。

ブロドリー」↓↓↓

ブロドリー

シュクレ」↓↓↓

シュクレ

オルフェオ」↓↓↓

オルフェオ

パオロ・ペイローネ・ジャルディニエレ」↓↓↓

パオロ・ペイローネ・ジャルディニエレ

ニューサ」↓↓↓ 想定内かな~

ニューサ

フィオーラ」↓↓↓ 可愛い花!

フィオーラ

こんなに暑いのに!

2019.08.06

ショップのある名古屋市は、連日35度超え。

朝か夕方に、バラの生存確認をしています。

 

そんな中、えっ!と驚く現象が…。

なんと、ベイサルシュートを出そうとしているのです↓↓↓ 「キルケ

夏のベイサルシュート

凄いでしょ!この暑さなのに。

全体はこんな様子。まあまあ葉が残っています↓↓↓

バラのキルケ

他のバラも、この暑さの中、赤い新芽を出していて、関心しちゃいます↓↓↓

バラの新芽

今のお手入れは、

バラは本来、暑さに弱い植物なので、エネルギーを消耗させないために

花が咲いていたら、早めにカットして↓↓↓

バラ夏のお手入れ

ついでに、ツボミも摘んでおく↓↓↓

夏の摘蕾

小さいツボミは手でポキンと折れます。大きくなったツボミは剪定ばさみで。

バラ夏の摘蕾

葉を落として、弱っているバラほど、このケアが必要です。

 

中には「シャンテロゼミサト」のように、葉がワサワサ茂っていて、

ちょっとやそっとじゃ音を上げないバラもあるので↓↓↓

シャンテロゼミサト

そういうのは、咲かせても問題ないです↓↓↓ 暑さのなか摘む作業も大変なので…

バラのツボミ

ページのトップへ