はなはなショップ

バラ苗4本(新苗は5本)以上送料無料 ※種類(秋苗、大苗、裸苗、新苗)が同一の場合 バラ苗以外7,000円(税込)以上

はなはなショップは、毎年「国際バラとガーデニングショウ<西武ドーム>」に出店しております。

2019年5月

クレマチス花後剪定&肥料

2019.05.30

一旦休憩に入ったバラに代わって、アジサイが咲き始めています↓↓↓

カシワバアジサイ

さて、クレマチスも一旦休憩です↓↓↓

つるバラ

この品種は、剪定をすれば1か月半で、また花が咲いてきます。

剪定のタイミングは、2割花が残っているくらい。↓↓↓

果球のクレマチス

昨年まで、ボボ(果球)だらけになってからやっていたので、今年はタイミングOK。

 

株元から3節くらいを残して、節と節の真ん中でカット↓↓↓

クレマチス剪定

引っ張って、枝を外していきます↓↓↓

クレマチス剪定

これで全部↓↓↓

クレマチスの枝

仕上げに、肥料をやっておきます↓↓↓ 「花ごころ バラの肥料」を2握り

クレマチス花後の肥料

クレマチス以外の草花も整理して、暑くなる前にスッキリさせました↓↓↓

つるバラ

ベイサルシュートを待ち望んでいた「シャンテロゼミサト」は、1本出ました↓↓↓

バラのベイサルシュート

今日の作業で、日当たりと風通しが良くなったので、良い枝に育ちそうです。

一旦お休み、バラの庭

2019.05.29

ショップの庭は、すっかりバラの一番花が終わりました。

バラの庭

販売中の「開花苗」も、切り戻し済のものです。

バラの苗木

四季咲きであれば、45日前後で次の花が咲いてきます。7月上旬頃とお考えください。

バラの開花苗

花後の肥料は、ほんの少ししかやっていないので、

植替え後、通常の量をやってください。

今年はバラゾウムシ出なかった!

2019.05.28

ショップの庭だけでしょうか?

この春は、バラゾウムシが出なかったんですよね。

バラゾウムシ被害↓↓↓

バラゾウムシ被害

朝の捕獲作業が不要で、本当にラクでした。

バラゾウムシだけでなく、うどん粉病も出なかったんですよ。

病害虫の悩みが無い、ラッキーな春でした。

 

でも、虫がいないわけではないので油断はできません。

昨日遭遇した虫↓↓↓ 「ホソオビアシブトクチバ」の幼虫

ホソオビアシブトクチバ

「チュウレンジハバチ」の幼虫↓↓↓

チュレンジハバチ幼虫

卵が産みつけられた場所は、ココ↓↓↓ 柔らかい枝に卵を産みます

チュウレンジハバチ産卵場所

切り戻しでカットして、一網打尽でした。

そろそろコガネムシ類も出てきそうです。

33度の中のバラ

2019.05.27

ショップのある名古屋の今日の気温は33度。

今日だけではなく、土・日・月曜日3日連続30度超えです。

このとおり、咲いたままドライフラワーになってます↓↓↓ 「アカデミア

暑さでドライフラワーのバラ

葉は元気なので、水切れではないんですよねー↓↓↓ 「ラ・レーヌ・ドゥ・ラ・ニュイ

暑さでドライフラワーのバラ

こうなったら、さっさと切り戻しです↓↓↓

バラの切り戻し

ラ・レーヌ・ドゥ・ラ・ニュイ」も切り戻し↓↓↓

ラレーヌドゥラニュイ

そして、これだけ雨が降らないと、地植えでも水やりが必要です↓↓↓

バラの水やり

鉢植えも、朝夕やります↓↓↓

バラの水やり

花が終わったら、切り戻し&肥料やり

2019.05.23

そろそろ一番花が終わりそうです。ショップの庭↓↓↓

バラの庭

終わったバラから、切り戻し&肥料やりをしました。

ガブリエル」↓↓↓ 養分を蓄えるため、葉をたっぷり残します

ガブリエル

エドゥアールマネ」↓↓↓ キレイな花を残して、他の枝は切り戻しました

バラ

シャンテロゼミサト」↓↓↓ 深めに切り戻しました

つるバラ

パトラッシュ」↓↓↓ 花が咲いている2本を残し、2/3の高さまで切り戻し

パトラッシュ

切り戻したバラには、肥料をやっておきましょう!

バラの肥料やり

花ごころ バラの肥料」なら、鉢植えには1握り、地植えには2握りで簡単!

バラの肥料

四季咲きのバラは、切り戻しから45日前後で、次の花が咲いてきます。

激しい雨でバラの1番花終了

2019.05.21

ショップのある名古屋は昨晩、激しい雨が降りました。

それによって、一部のバラの1番花は終了↓↓↓

クレマチスとバラ

「シャンテロゼミサト」ほとんど散りました↓↓↓

バラの花びら

終わったバラは、切り戻し作業をしていくわけですが、

その時には、こういうのを見つけて楽しんでください。

ベイサルシュート(株元から出る若枝)↓↓↓ 「アカデミア

バラのベイサルシュート

もう、顔を出しているのもあります↓↓↓ 「マドモアゼル

バラのベイサルシュート

エドゥアールマネ」にも出てます↓↓↓

エドゥアールマネ

アンナプルナ」↓↓↓

バラのベイサルシュート

見つけて、一番嬉しかった「イングリッシュアイズ」↓↓↓

バラのベイサルシュート

昨年の春、庭に来たのですが、成長がゆっくりで、ヒヤヒヤしながら見守ってました。

今年は花が咲いて↓↓↓、若枝も出してくれたので、嬉しい!

イングリッシュアイズ

今、イイ感じのバラありますよ

2019.05.19

農場スタッフから「今、イイ感じのバラありますよ!」

と写真が送られてきました。

カクテル」↓↓↓

カクテル

コーネリア」↓↓↓ 葉っぱツヤツヤ

コーネリア

アイスバーグ」↓↓↓ 葉っぱツヤツヤ

アイスバーグ

シャルム」↓↓↓ 色が「ローブ・ア・ラ・フランセーズ」に似ています

シャルム

良い株が届きます

バラの苗

1番花、そろそろ終盤

2019.05.18

来週は雨が降るようなので、1番花、そろそろ終盤です。

昨日の夕方、最後の輝きを見せてくれましたよ↓↓↓ 「シャンテロゼミサト

クレマチスとシャンテロゼミサト

左側「アカデミア」 右側「パトラッシュ」↓↓↓

バラ

トレリスに誘引した「ラ・レーヌ・ドゥ・ラ・ニュイ」↓↓↓

ラ・レーヌ・ドゥ・ラ・ニュイ

病気知らずで、花が多い「ダフネ」↓↓↓

ダフネ

乙女系「キルケ」↓↓↓

キルケ

バラらしくないバラだけど、庭全体で見ると、こういうのも必要「マドモアゼル

マドモアゼル

別フロアーのガーデンから「オデュッセイア」↓↓↓

オデュッセイア

クロードモネ」↓↓↓

クロードモネ

ナエマ」↓↓↓

ナエマ

フラゴナール」↓↓↓

フラゴナール

バラの花、全部摘みました

2019.05.16

フェンスに誘引して5年目になる「ローブ・ア・ラ・フランセーズ」。

今年も、こんなに咲いてくれているんですが↓↓↓

ローブアラフランセーズ

ここ3年くらいシュートが出ず、枝の色も良くないので、

咲いている花を摘んで、樹にエネルギーを行くようにしました。

ローブアラフランセーズ

今年も、美しい花をありがとう! もう休んで…。

バラの樹

あと、できたらシュート出してね!

バラの樹

優しいようで、スパルタなのでした。。

雨に負けず、残っているバラたち

2019.05.15

昨日の雨のダメージもありましたが↓↓↓

バラの傷み

まだまだ、庭は美しいですよ

バラの庭

香りの良い「セラフィム」↓↓↓ 切り花に出来ます

セラフィム

イングリッシュアイズ」↓↓↓ 成長がゆっくりなので、根気よく育てるバラ

イングリッシュアイズ

マドモアゼル」↓↓↓  ピンクの濃淡が可愛いバラ

マドモアゼル

シャトー・ドゥ・シュベルニー」↓↓↓ 爽やかな香りの黄バラ

シャトー・ドゥ・シュベルニー

シャンテロゼミサト」↓↓↓ 素晴らしい!

シャンテロゼミサト

クレマチスとうまくコラボしてます↓↓↓

クレマチスとバラ

エドゥアール・マネ」↓↓↓ まだまだ、たわわな花 右は「ガブリエル

エドゥアール・マネ

ラパリジェンヌ」↓↓↓

ラ・パリジェンヌ

花がら摘みしながら、ちょっと傷んだ花をブーケに↓↓↓

バラのブーケ

 

1 / 212
ページのトップへ