はなはなショップ

バラ苗4本(新苗は5本)以上送料無料 ※種類(秋苗、大苗、裸苗、新苗)が同一の場合 バラ苗以外7,000円(税込)以上

はなはなショップは、毎年「国際バラとガーデニングショウ<西武ドーム>」に出店しております。

2018年6月

明日の雨に備えて薬剤散布

2018.06.28

シャンテロゼミサト」の2番花がピークです。

今朝も、コガネムシに食い荒らされる前に、切り花にしました↓↓↓

シャンテロゼミサト

ピンクが濃くなって、美しいです↓↓↓ 巻きは少ないですが…。

シャンテロゼミサト

 

明日は雨が降りそうなので、「黒星病」がひどくならないよう、

ベニカXファインスプレー」を散布しておきました↓↓↓ 庭植えの「夜来香」

バラの黒星病

どれくらいかけるか?というと、液がしたたり落ちるくらい↓↓↓

バラの薬剤散布

今は特に「黒星病」がでやすいので、10日間に1回のペースで、

雨が降る半日前には終わっているよう、スプレーで予防&治療をしましょう!

これから咲く花は、部屋に飾りましょう

2018.06.27

昨日、今年初コガネムシを確認し、3匹捕獲しました!

また、今週は30度超えの気温が続いていますね。

 

今から咲く花は、すぐコガネムシの食糧になっちゃいますし↓↓↓

コガネムシの被害

外は、暑すぎて1日で花が傷んじゃいますから↓↓↓ でろ~んってなります

暑さで傷むバラの花

 

今からの花は、開き始めたらスグ切って、部屋に飾ることをオススメします!

 

ポツポツ咲いている花も、集めれば、こんな豪華に!↓↓↓

バラの切り花

あと、小さい花は一輪挿しに!

左から「シェエラザード」「ローブアラフランセーズ」「ダム・ドゥ・シュノンソー」

一輪挿し

◆一輪挿し https://www.hanahana-shop.com/SHOP/va63837.html

 

房咲きのバラは、フローティングプレートに!

フローティングプレート

◆フローティングプレート https://www.hanahana-shop.com/SHOP/va64498.html

 

この時期の虫被害

2018.06.26

2番花がポツポツ咲いています。

シャンテロゼミサト」↓↓↓ 今年は、色が薄くて花びらの巻が少ないです

シャンテロゼミサト2番花

ローブアラフランセーズ」 一時は全部の葉が落ちましたが、復活して咲いてます

バラ

 

朝のパトロールをしていると、虫の被害が目に付きます。

「エドゥアールマネ」の中に潜っている、黒いピカピカした虫は「ルリマルノミハムシ」↓↓↓

ルリマルノミハムシ

花を食べるので注意!ノミのようにピョンピョン跳ねて逃げるので、すぐ潰しましょう

ルリマルノミハムシ

 

おなじみ、枝の中に卵を産み付ける「ハバチ」の幼虫↓↓↓ 集団でいます

ハバチ幼虫

近くに、生まれた場所が必ずあります↓↓↓

ハバチの産卵場所

 

こちらもおなじみ「バラゾウムシ」被害↓↓↓

バラゾウムシ被害

見つけたら、土の上に落ちる前にカットしてください。ココに卵が入っているので

バラゾウムシ被害の跡

 

出たばかりの芽やツボミに「アブラムシ」と「コナジラミ」↓↓↓

アブラムシとコナジラミ

甘い液を出すので、アリも集まってきます。

コナジラミは大発生するので、「ベニカXファインスプレー」で1秒でも早く退治を!

 

あと、夏のイヤな風物詩「コガネムシ」↓↓↓頭を突っ込んでツボミを食べてました

薔薇の花を食べるコガネムシ

花やツボミを食い荒らします↓↓↓

コガネムシの被害

 

最後に、犯人捜索中のやつ↓↓↓バラゾウムシ被害に似ていますが、違います

虫の被害

茎がガジガジかじられたような跡。バラクキバチ?カミキリムシ?

バラの虫被害

ただいま捜索中です。お心当たりのある方は、ご一報ください!

つるバラ、古枝の剪定しました

2018.06.25

4月に、こんな記事を書きました↓↓↓

来年のために、枝を観察しておきましょう

つるバラの花芽が出なくなった古枝は切りましょう!という記事です。

 

6月15日の様子↓↓↓

つるバラ

冬の剪定で切ろうと思っていましたが、

クレマチスのつるを取り除いて、枝が切れる状態になったので、

冬を待たないでカットすることにしました↓↓↓

つるバラの枝剪定

今はシュートが出やすい時期で、1日でも早く切った方がいいんです

つるバラの剪定

約2.5メートルありました↓↓↓

つるバラの枝

慣れていないと、もったいないと思うかもしれませんが、

つるバラは、こういう枝の更新が必須です。

花が付かなくなった枝があったら、春、早めにカットしちゃいましょう!

力のある株を手に入れる、ラストチャンス!

2018.06.22

今年も農場スタッフから、「力のある株、ありますよ!」と連絡が入りました!

どれどれ↓↓↓

バラの見本苗

ボリュームありますね。

左側は、ワサワサに茂っているし、右側は力強いシュートが出ています。

 

切り戻してから1か月くらい経ったものは、ツボミも見えてます↓↓↓

バラの見本苗

 

「開花苗」と比較すると、こんな感じ。2~2.5倍のボリューム。

バラの見本苗

こんな方に、ぴったり!

★即戦力になる株を探している方、

★間違いない株を探している方、

★植え替えしないでこのまま置いておきたい方、

 

切り戻したばかりのものもあるので、通常より500円お安くしました。

状態の良いものだけピックアップしましたので、

品種によってあるもの、無いものありますが、一度チェックして

気になっていたものがあれば、ぜひこの機会に!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

◆展示会用の見本苗

https://www.hanahana-shop.com/SHOP/g19658/list.html

 

つるバラ、シュート先の花をカット

2018.06.21

トレリスにつるバラとして誘引している「ラ・レーヌ・ドゥ・ラ・ニュイ」。

サイドシュートの花が咲き終わったので↓↓↓

ラ・レーヌ・ドゥ・ラ・ニュイ

カットします↓↓↓ 枝の太い場所で切りましょう

バラのシュート処理

背の高い枝も、手を伸ばして↓↓↓

バラのシュートの枝先処理

このカットした場所から、また新たな芽が出て、枝が伸び、花が咲きます↓↓↓

バラのシュート処理

花が咲いたら、またカット。

この繰り返しで、枝を伸ばします。

2番花が咲いてくるころ

2018.06.19

一番花が終わってから約45日経って、二番花が咲いてきました。

ダフネ」↓↓↓

ダフネ

右側「レジスマルコン」↓↓↓

レジスマルコン

エドゥアール・マネ」↓↓↓

マネ

ローブ・ア・ラ・フランセーズ」↓↓↓

ローブ・ア・ラ・フランセーズ

 

「ホソオビアシブトクチバ」も見かけます↓↓↓

ホソオビアシブトクチバ

イモムシ類は、虫とりばさみが便利です↓↓↓

虫とりばさみ

 

復活しました!

2018.06.15

弱り気味だった、スタンダードの「ラドルチェヴィータ」↓↓↓

弱っているバラ、鉢をサイズダウンして植替えました

復活しました!↓↓↓

バラのスタンダード

ツボミもいっぱい↓↓↓

バラ

弱った原因は、水のやり過ぎだと思います。

スタンダードは、知らないうちに水切れするので、用心して、

春~秋の期間、ほぼ毎日やってたんです。

それがNGでした。

 

植替えの時は、このままダメになっちゃうかも、、と半ば覚悟していただので、

嬉しい復活です。

水やりに注意して、キープしますよ!

 

シュートの花は咲かせるか、咲かせないか?

2018.06.14

ベイサルシュート、サイドシュートの花は咲かせるの?咲かせないの?

答えは、どちらでもイイです。ケースバイケースで判断しましょう。

 

例えば、この「シェエラザード

1番花のあと、ベイサルシュートとサイドシュートがビューンと出ました↓↓↓

シェエラザード

サイドシュートの枝先は、大きな房咲きになって、こんなキレイな花が咲きました

シェエラザード

こんなキレイな花なら、見ないと損ですよね。

だから、咲いてから切ればOK。

 

一方、「ラ・パリジェンヌ」にも、ベイサルシュート、サイドシュートが出てきました。

合計4本あります↓↓↓

ラパリジェンヌ

シュートの枝先を見ると、

①の枝先だけ、大きなツボミが付いていて↓↓↓

バラのツボミ

②、③、④は、こんな感じ↓↓↓

バラの枝先

 

そのあと、株元を覗きこむと↓↓↓ まだ出てきそうなベイサルシュートがあります

バラのベイサルシュート

なので、出てこようとしているベイサルシュートにエネルギーを送るため、

②、③、④は、花が咲く前にカットすることにしました。

バラのシュートカット

もったいないと感じるかもしれませんが、カットすることで、枝数が増えます

バラのシュート

①のシュートは、花を見てからカットします。

こんなふうに、シュートの枝先、株全体の状態を見て、

どうするのがベターか、判断すると良いでしょう。

自分の思惑通りになれば「ヤッター!私って天才」と喜べばイイですし、

思い通りにならなかったら「ハズレたわね~、こういうこともあるわ」くらいに。

台風5号の被害

2018.06.13

皆さん、台風5号は影響なかったですか?

私たちは、昨日の夕方、事件が起きました。

 

台風の影響で、風が少しだけ強かったんです。

ふと目をやると、スタンドトレリスに絡めている「ローズポンパドゥール」の↓↓↓

つるバラ

ベイサルシュートが、付け根から折れてました。

すぐ、セロテープで手当てしましたが↓↓↓

バラの枝

今朝見ると、ダメでした↓↓↓

バラの枝

あー、80センチもあったのに↓↓↓ 支柱かヒモで留めておくべきでした

バラの折れたベイサルシュート

断面がデコボコしてたので、接着が難しかったんだと思います↓↓↓

枝の断面

ベイサルシュートは、枝先に花が咲くと、枝が固くなって折れにくくなります↓↓↓

ベイサルシュートの花

それまでは、付け根から折れやすいので、支柱でサポートしたり、

揺れないようにヒモでゆるく縛っておきましょう!

バラのシュート処理

 

他にも、「シャンテロゼミサト」の2番花ツボミが、付け根から折れてました

台風被害

 

自然のことなので仕方ないですね。

また、新しいシュートが出ることを祈ります。

1 / 212
ページのトップへ