はなはなショップ

バラ苗4本(新苗は5本)以上送料無料 ※種類(秋苗、大苗、裸苗、新苗)が同一の場合 バラ苗以外7,000円(税込)以上

はなはなショップは、毎年「国際バラとガーデニングショウ<西武ドーム>」に出店しております。

2018年3月

雑草退治は、今から!

2018.03.30

気温が上がって植物がイキイキしてくると、雑草もイキイキしてきます↓↓↓

庭の雑草

雑草は、こまめに退治するのがコツ!

そこで、役立つのが“雑草グリッパー”。

土をひと掻きすれば↓↓↓

雑草退治グッズ

※この雑草、根が深く張る、やっかいな”カタバミ”ですね

雑草退治グッズ

根っこから雑草が取れます。力が要らないので、ほんとラクですよ。

雑草退治グッズ

他の雑草でも…

雑草グリッパー

根っこから取れます↓↓↓

 

雑草退治グッズ

1家に1つ!雑草退治が苦痛じゃなくなる“雑草グリッパー”

◆雑草グリッパー

⇒ https://www.hanahana-shop.com/SHOP/sun34479.html

 

あと、雑草退治で使えるのが“虫とりばさみ”。

こういう石畳の間に生える雑草って、抜きにくいですよね~↓↓↓

雑草グリッパー

これに役立つのが“虫とりばさみ”↓↓↓

虫とりばさみ

虫とりばさみは、先がギザギザになっているので↓↓↓

虫とりばさみ

狭い場所にも入って、草をキャッチして↓↓↓

虫とりばさみ

根っこから抜き取ります↓↓↓

虫とりばさみ

これも、すごく便利です。

もちろん、虫を見つけたときも活躍しますよ。

昨日出没した、ホソオビアシブトクチバ↓↓↓ 今年は、出るのが早いです

ホソオビアシブトクチバ

虫とりばさみでキャッチ

ホソオビアシブトクチバ

多様な使い方が出来て、1本あると便利です。

◆虫とりばさみ

⇒ https://www.hanahana-shop.com/SHOP/sun34396.html

1ヶ月に1度の肥料やり

2018.03.29

「そろそろ肥料やるころかなぁ」と思い

ブログを見返してみたら、前回は2月24日でした。

あらあら、1か月過ぎちゃってましたね。

 

以下の肥料は、1か月に1回が目安です。

バラ芽出し肥

急いで、肥料やりを。

バラの株元に、指で溝を掘って↓↓↓

バラの肥料やり

「バラの肥料」を2握り、溝に入れます↓↓↓

バラの肥料やり

土を薄くかぶせて完了↓↓↓

バラの肥料

 

鉢植えには、ひと握りを↓↓↓ 肥料は、土の上に撒くだけでもOKです

バラの肥料やり

しばらく雨が降ら無さそうなので、肥料が分解するよう、水をやっておきます

バラの肥料やり

 

今年は、ツボミが早く付きそうなので、開花までの肥料は、これが最後かも…

 

前回の肥料から1か月経っている方は、今やっておきましょう!

以下の肥料なら、有機質でゆっくり効くタイプなので、初心者の方でも安心です。

バラ芽出し肥

◆バラの肥料 5kg ※送料無料

⇒ https://www.hanahana-shop.com/SHOP/fl07190.html

◆特選有機 濃いバラの肥料2.5kg 送料無料

⇒ https://www.hanahana-shop.com/SHOP/fl05890.html

桜満開、初夏の陽気

2018.03.28

ショップがある名古屋の桜は満開↓↓↓ 庭から見える会社近くの神社

満開の桜2018

 

今朝も、じっくりパトロールです。

まず、新芽の出ていない枝が気になるのでカットしました↓↓↓ 古い枝ですね

バラの古枝

太いので剪定ばさみでは切れません。「剪定のこぎり」を使います↓↓↓

剪定のこぎり

切り口には、枯れこみを防ぐ「トップジンMペースト」を↓↓↓

トップジンMペースト

 

次は、昨日見つけた“うどん粉病”のケア。

「バラの活力液」をシュッシュッ↓↓↓白い粉が消えてたので、このまま治りそうです

バラのうどん粉病ケア

他の樹にも、予防でシュッシュッしておきます↓↓↓

バラのうどん粉病予防

薬品じゃないから毎日使ってOK、素手でOK「バラの活力液」

⇒ https://www.hanahana-shop.com/SHOP/el36583.html

 

次に、クレマチス誘引の手直し↓↓↓先週末から15センチほど伸びてるので…

クレマチスの誘引

どの位置に這わせたらイイ具合に花が咲くかイメージして、誘引場所を移動↓↓↓

クレマチス誘引

結局、全部の枝の位置を変えました↓↓↓外して結びを繰り返すコツコツ作業

クレマチス誘引

外して結ぶの繰り返しに耐えられる「強力ペーパータイ」が使いやすいです↓↓↓

クレマチス誘引

 

パトロールの最後は、枝葉が多くなっているオベリスクのナエマに水遣り↓↓↓

バラの水やり

この陽気なので、多く葉が茂っているバラは、水切れに注意しましょう!

出ました!チュウレンジハバチ、うどん粉病

2018.03.27

今朝のパトロール。

直射日光が身体に当たると、暑いくらいです。

 

とそのとき、黒いハエに似た虫が飛んできて、バラの葉に着地しました↓↓↓

チュウレンジハバチ

このカタチは、チューレンジハバチ!お腹のオレンジが紛れもない証拠です

チュウレンジハバチ

早い!もう出没ですか~。

今年は、イロイロ早いです。

と思っていたら、こちらも↓↓↓ 白い粉が吹いてます。うどん粉病ですね。

バラのうどん粉病

気温20度~25度で、空気が乾燥すると出るんですよね~。

うどん粉病には、「バラの活力液」をシュッシュッしておきましょう↓↓↓

バラの活力液

薬品じゃないので、素手で大丈夫ですよー。明日もシュッシュッです。

◆バラの活力液

⇒ https://www.hanahana-shop.com/SHOP/el36583.html

今年は開花が早くなりそう

2018.03.26

今年の冬は、あんなに寒かったのに、一気に春本番のような気候になっています。

会社近くの神社の桜も8分咲き↓↓↓

2018年の桜

昨年のブログを見返してみると、2週間ほど植物の成長が早いです。

 

一番早い「パトラッシュ」は、こんなに茂っています↓↓↓

バラのパトラッシュ

他のバラは、これくらい↓↓↓

庭のバラ

 

ラベンダーも紫の花が咲き始めました↓↓↓

ラベンダー

ローズマリーにも、花が付いてました↓↓↓

ローズマリー

鉢を回しましょう

2018.03.24

現在、オベリスクのナエマ↓↓↓ いい調子ですね

ナエマオベリスク仕立て

しかし、なんか写真の右側に葉が集まっている感じです。

これ、太陽の当たり方のせいなんです↓↓↓

バラの成長と太陽

植物は太陽を求めて枝葉を伸ばすため、日が射す方向に偏ってくるんですね。

 

このままだと、咲いた時に全体のバランスが悪くなるので、

鉢植えは、ときどき回しましょう↓↓↓ 庭植えは無理ですが…

バラの鉢

↓↓↓

バラの鉢植え

↓↓↓ 影になっていた方を、日が射す方に向けました

ナエマのオベリスク仕立て

そろそろ、クレマチス最初の誘引

2018.03.23

クレマチスが伸びてきたので、最初の誘引をすることにしました。

 

用意するもの↓↓↓

クレマチス誘引グッズ

強力ペーパータイ」「セロハンテープ」(枝が折れたら巻いて修復するため)

 

まず、1本1本をそーっと離します↓↓↓ ヒゲはちぎっても大丈夫です

クレマチスの誘引

この1本1本を、伸ばしたい方向に誘導するわけです。

 

次に、ペーパータイを長めにカットします↓↓↓ カッター付なのでハサミ要らず

ペーパータイ

支柱になるものに結びます↓↓↓ この場合は、バラの枝

クレマチス誘引

一度、回して固定する↓↓↓

クレマチス誘引

その先に、クレマチスの枝をゆるく留める↓↓↓

クレマチス誘引

↓↓↓

クレマチス誘引

↓↓↓

クレマチス誘引

↓↓↓

クレマチス誘引

 

まだ枝が短くて、支柱になるものに届かないなら↓↓↓こんなふうにビヨーンと

クレマチス誘引

全体は、こんな仕上がり↓↓↓

クレマチス誘引

 

クレマチスの枝は、スグにポキッと折れます。

もし折れたら、スグにセロテープでつなげましょう↓↓↓

クレマチス誘引

2日後に枝先がしな~っとしていなければセーフです。

しな~っとしていれば諦めて節の少し上で切ります。

また節から新しい芽が出るので、大丈夫ですよ。

 

クレマチスの誘引はこれで終わりじゃありません。

枝はどんどん伸びてきますから、

これから週に1回は手直しして、絡まらないよう、思った場所に花が咲くよう、

枝を誘導していかなければいけません。

芽の出ていない枝は切る

2018.03.20

新芽の出具合を見て回ると、こんなのありませんか?↓↓↓ 枯れ枝

バラの枯れ枝

芽の出ていない枝↓↓↓

バラの枝

 

見つけたら、早めに切ってしまいましょう!

バラの剪定

枝が太い場合は、癒合剤「トップジンMペースト」を塗っておきましょう↓↓↓

切り口からの枯れこみを防ぎます

バラの枝剪定

新芽が出ていない枝も、元からカットします↓↓↓

バラの枝

 

要らない枝は、早く切り落とした方が、

ベイサルシュートやサイドシュートが出やすくなります。

これは、2月の冬剪定で、古くなっていた枝を3本切り落としたバラですが、

3つ新しいベイサルシュートが出てきてます↓↓↓ ②はまだ小さいですが…。

バラの剪定とシュート

新しい芽が、この方向に出てくれたのも嬉しくて、(樹のバランスが整うので)

「なんて、おりこうちゃんなの」と思わず話かけちゃいましたよ。

今、つるバラの様子

2018.03.19

曇りの朝のパトロール。

最初に目に留まったのは水仙↓↓↓ 手入れしなくても毎年咲くので、オススメです

庭の水仙

 

また、クレマチスも枝が伸びてきました↓↓↓

クレマチス

去年は、誘引が遅れて大変な思いをしたので、今年は注意を払っています。

 

つるバラも葉が出てきました↓↓↓ 「ラ・レーヌ・ドゥ・ラ・ニュイ

ラ・レーヌ・ドゥ・ラ・ニュイ

 

シャンテロゼミサト」↓↓↓

シャンテロゼミサト

 

ローブ・ア・ラ・フランセーズ」↓↓↓

ローブ・ア・ラ・フランセーズ

 

ダフネ」↓↓↓

ダフネ

どれも、イイ感じです。

無農薬でも大丈夫なバラ

2018.03.16

「無農薬でも大丈夫なバラってありますか?」

「手をかけられないので、丈夫なバラ教えてもらえますか?」

という質問、けっこう多いです。

 

そこで、私たちが無農薬で成功しているバラを紹介します!

 

まず「シャンテロゼミサト」(デルバール)↓↓↓

シャンテロゼミサト

半つるバラなので、木立ちにもなりますが

オススメなのは、フェンスにゆるく誘引する咲かせ方↓↓↓

シャンテロゼミサト

シャンテロゼミサト

病気が出にくく、もし出たとしても自然に治っているので、驚くほど手がかかりません。

ショップでも、薬品を使ったことありません。

その割に、花が多いし豪華。

コストパフォーマンスの高いバラです。

◆シャンテロゼミサト

⇒ https://www.hanahana-shop.com/SHOP/da38734.html

◆シャンテロゼミサト(長尺苗)

⇒ https://www.hanahana-shop.com/SHOP/dl26264.html

 

 

レジスマルコン」(デルバール)↓↓↓ 木立ちでハイブリッドティ系の咲き方

レジスマルコン

扇形のキレイな樹形(冬剪定前)↓↓↓ 枝が暴れず、ベイサルシュートがよく出ます

バラの冬剪定

病気知らずの大輪バラ。濃いピンクが鮮やか、香りもあります。

◆レジスマルコン

⇒ https://www.hanahana-shop.com/SHOP/da39711.html

 

 

ラ・レーヌ・ドゥ・ラ・ニュイ」(デルバール)↓↓↓

ラ・レーヌ・ドゥ・ラ・ニュイ

ラ・レーヌ・ドゥ・ラ・ニュイ

病気が出にくいのはもちろんのこと、花の寿命がすごく長いのに感動します。

ベイサルシュートもよく出るので頼もしい。

景色を作るのに使える、赤のつるバラです。

◆ラ・レーヌ・ドゥ・ラ・ニュイ

⇒ https://www.hanahana-shop.com/SHOP/da39848.html

◆ラ・レーヌ・ドゥ・ラ・ニュイ(長尺苗)

⇒ https://www.hanahana-shop.com/SHOP/dl27774.html

 

 

モーリス・ユトリロ」(デルバール)↓↓↓ 鉢植えで育ててます

モーリスユトリロ

 

モーリスユトリロ

植替えと切り戻しさえすれば、放っておいても咲くくらいのバラです。

存在感のある花がいっぱい咲くので、見ごたえもあります。

◆モーリスユトリロ

⇒ https://www.hanahana-shop.com/SHOP/da38750.html

 

ラ・パリジェンヌ」(デルバール)↓↓↓ 鉢植えで育ててます

ラパリジェンヌ

 

ラ・パリジェンヌ

一度“コナジラミ”が発生した時にだけ、薬品を使いましたが

あとは無農薬でイケてます。

華やかな花で、樹形もキレイなので、満足度高いですよ。

◆ラ・パリジェンヌ

⇒ https://www.hanahana-shop.com/SHOP/da39432.html

 

「ナエマ」(デルバール)↓↓↓ オベリスクに誘引して咲かせています

ナエマのオベリスク仕立て

 

ナエマ

病気が出にくいことはもちろん、香りが素晴らしい!

あと、気品がある花もイイです。

フェンスに誘引するより、オベリスク仕立てがオススメです。

◆ナエマ

⇒ https://www.hanahana-shop.com/SHOP/da38738.html

◆ナエマ(長尺苗)

⇒ https://www.hanahana-shop.com/SHOP/dl26444.html

1 / 212
ページのトップへ