はなはなショップ

バラ苗4本(新苗は5本)以上送料無料 ※種類(秋苗、大苗、裸苗、新苗)が同一の場合 バラ苗以外7,000円(税込)以上

はなはなショップは、毎年「国際バラとガーデニングショウ<西武ドーム>」に出店しております。

2016年11月

姿を消すギボウシにご注意!

2016.11.29

そろそろ、姿を消す植物があります。

ギボウシです。↓↓↓

ギボウシ

 

春はこんなにイキイキして、庭のアクセントになってくれるギボウシは、

宿根草といって、一度植えると、何年も生き続ける草花です。↓↓↓

ギボウシ

冬の間は、地上部が枯れてなくなり、春になると再び芽を出して、葉を茂らせます。

 

庭を模様替えするときは、間違って掘り起こしたりしないよう、

植えてある場所に、シルシを付けておきましょう。

葉が全部無くなる前に、ネームプレートを立てておきました↓↓↓

ギボウシ

 

場所を変えたい!という時は、一時的に鉢に移しておいてもOKです↓↓↓

草花

 

同じ宿根草でも、落葉しない種類もあります。

今の「アカンサス・モリス」は、モリモリ↓↓↓

アカンサスモリス

春に咲く「アカンサス・モリス」の花↓↓↓

アカンサスモリス

 

宿根草には、常緑性のもの、落葉性のもの、暑さに強いもの、寒さに強いもの

があり、多種多様です。

私たちも、1年間育てて性質を掴んでいます。

 

お庭を作ろうと思っている方は、

本などで研究して、自分のお庭に合う宿根草を探してください。↓↓↓

宿根草の本

スタンダードのドルチェヴィータ、秋の花終わり

2016.11.25

スタンダードの「ラ・ドルチェ・ヴィータ」ですが、

満開(10月25日)から↓↓↓

ラ・ドルチェ・ヴィータ

1ヵ月後(11月25日)↓↓↓ 秋の花が終わりそうです。

ラ・ドルチェ・ヴィータ

 

1ヵ月間、次から次へと咲き続けてくれました。

 

2月の冬剪定までは、できるだけ葉を残して光合成させ、樹に栄養を蓄えます。

 

スタンダードは黒星病にかかりにくいと聞いていましたが、

本当に、黒星病が出ていません。↓↓↓

バラの葉

中の方や下の方の葉が黄色くなっているのは、

太陽の光が当たりにくく、さらに役割を終えた葉が

自然に落ちる自然現象なので問題ありませんよ。

和の庭にバラもイイ!

2016.11.24

はなはなショップの母体「株式会社花ごころ」には、お庭づくり部門があります。

最近、そこのメンバーから「和の庭を作って、バラを植えてきたよ~」と聞いたので、

ショップのお客様にもご紹介。参考になさってください。

 

4.5坪ほどの坪庭を和風にしたい、というご要望だったそう。

まず、完成の写真↓↓↓

和の庭

 

和の庭

つくばい、石灯篭、御簾垣がある、典型的な和の庭です。

 

スタッフは、つくばい用の排水工事からはじめて↓↓↓

庭の配管工事

景石を入れて↓↓↓

和の庭施工

草木を植栽して↓↓↓

和の庭

玉竜(タマリュウ)も植えて↓↓↓

玉竜

アクセントに、四つ目垣(左の竹垣のこと)も作って↓↓↓

庭の四つ目垣

そこに、真っ赤なつるバラを1株植えました↓↓↓ 枝が伸びたら、四つ目垣に誘引するのです。

四つ目垣

椿(ツバキ)の代わりにバラというのも、良いですね。大きくなりすぎない木立ち性バラでも合いそう。

和の庭

 

お庭づくりスタッフのブログも、合わせてどうぞ

⇒ http://hanagokoro.co.jp/enviro/news/2133

モネのバラ&モネの池

2016.11.23

「クロードモネ」の秋バラが咲いています。

ふんわり柔らかい色↓↓↓

クロードモネ

 

モネと言えば、話題の”モネの池”に行ってきました↓↓↓

ただの携帯電話で撮っただけの写真ですが、まるで絵画のようでしょ。

モネの池

 

写真を撮る場所や太陽の具合によって色合いが変わるんですよ。

印象派モネの、ぼんやりした色使いが再現されています↓↓↓

モネの池

岐阜県の山奥ですが、写真好きな方には面白いスポットです。

◆モネの池 岐阜県関市板取448番地

休眠前の黒星病

2016.11.22

バラが休眠する前の、この時期、「黒星病」が出ます。

 

ショップの庭でも、病気に強い「ラ・パリジェンヌ」が黒星病になっています。

樹は元気なので、葉はよく茂っていますが↓↓↓

ラ・パリジェンヌ

近くに行って見ると、葉に黒い斑点が…↓↓↓

黒星病

 

この時期に「黒星病」が出やすい理由として、

・休眠前の力が弱っていく時期なので、病気にかかりやすくなる

・直射日光が当たる時間が減るため、樹の力が弱り、病気にかかりやすくなる

・秋の雨で、「黒星病」が出やすい条件になるため

 

私たちは、今の時期の「黒星病」には、何もしません。

どちらにしてもバラは休眠するからです。

 

ただ、黒星病にかかると、葉が落ちるので↓↓↓

黒星病の葉

 

落ちた葉を見つけたら、拾うようにしましょう↓↓↓ 土に菌が付くため

虫取りはさみ

手を入れにくい場所の葉を取るのに、虫取りばさみが役立ちます!

◆虫とりばさみ

⇒ https://www.hanahana-shop.com/SHOP/sun34396.html

 

 

 

クレマチスとバラ

2016.11.17

最後のクレマチスが咲いています↓↓↓

クレマチス

 

バラとクレマチスの相性は良いので、↓↓↓(春「リパブリック・ドゥ・モンマルトル」と共に)

バラとクレマチス

一緒に植えることが多いのですが、

クレマチスは多種多様なので、選ぶのが難しいかと思います。

 

私たちの庭に植わっているのは、コレ↓↓↓

庭のクレマチス

「ビチセラ(ヴィチセラ)系」 「新梢(新枝)咲き」がポイントです。

ビチセラ(ヴィチセラ)系は、暑さや病気に強く、四季咲き。

また、新梢(新枝)咲きは、手入れが簡単です。

 

冬は、こんな感じに頼りなくなりますが…↓↓↓ 枯れてるわけじゃないんですよ。。

冬のクレマチス

 

クレマチスの植え付けは、冬が適していますから、この冬植える方は、

今から研究しておきましょう。

『Garden Diary Vol6』には、バラと一緒に植えるクレマチスについて

詳しく分かりやすく載っています↓↓↓

ガーデンダイアリー

 

植えつけ、植え替え前の秋の「開花苗」お手入れ

2016.11.16

ショップの庭に来た秋の「開花苗」は、今こうしています。

↓↓↓

秋の「開花苗」

 

もう、花が終わって葉だけになったのが2鉢。「レジスマルコン」と「セラフィム」↓↓↓

秋の開花苗

この2鉢は、まだ植え付けしないので、しばらくこのまま管理します。

直射日光の当たる場所へ置いて、光合成させ、株を元気に保っておきます。

そのために、葉を多く付けたままにしました。

 

あとの2鉢「ガブリエル」と「フェクロシェット」は、まだ花が咲いているので、

日当たりの良い場所に置いて、花や香りを楽しんでいます。

秋とあって、花が長もちします↓↓↓

秋の「開花苗」

フェクロシェット」は、花にボリュームがあって良い香り。ホント、優秀なバラ↓↓↓

フェクロシェット

 

植え替え・植え付けまでは、特に何もしないのですが、水のお世話だけは必要です。

指で土を触ってみて↓↓↓

バラの水遣り

 

乾いていたら、水をやる↓↓↓ 特に花が咲いている鉢は乾きやすいので注意!

バラの水遣り

 

今の時期、ショップでは、だいたい5日に1回程度です。

葉や花の数、土の質、気温、置く場所、雨の有無によって、土の水分量は変わるので、

実際に土の状態を確かめて、自分のバラの水遣りサイクルを見つけましょう!

誘引ひもの選び方

2016.11.15

つるバラの誘引に初めて挑戦する方のために、

誘引ひもの選び方について、ちょっと解説を…

 

つるバラの枝を誘引するのに、↓↓↓ひもorワイヤー類が必要です。

バラの誘引ひも

 

決まりは無いので、好きなのを自由に使っていただいてイイのですが、

私たちが、便利だなと思っている使い方を紹介しておきます。

 

まず、枝を誘引するのには、「ソフトタイ」がラクです。

「ソフトタイ」とは、針金の周りにゴムが巻いてある結束具のこと↓↓↓

つるバラの誘引ひも

万能ばさみで、適当な長さにカットして↓↓↓ 剪定ばさみは使わないで!

誘引ソフトタイ

 

片手でネジれば留まるので、簡単です。力もあまり要りません↓↓↓

つるバラの誘引

 

つるバラ誘引

 

「ソフトタイ」には、細いタイプと太いタイプがあるのですが、どう違うのか?

というと、太いタイプは、ゴム素材が厚い↓↓↓です。

つるバラの誘引具

 

どう使い分けるか?と言うと、

Lサイズの方がホールド力があるので、太い枝を留めるのに良いです↓↓↓

つるバラの誘引

↓↓↓↓↓↓

つるバラの誘引

 

でも、使い分けるのが面倒な方は、Sサイズをお求めください!長くてお得なので!

バラの誘引ひも

 

「ソフトタイ」が無かった頃は、「ペーパータイ」を使っていました↓↓↓

枝の誘引ひも

細い枝ばかりなら、これでも良いです。「ソフトタイ」よりも安いです↓↓↓

枝の誘引具

 

最後に「麻ひも」の使い方です。

麻ひも」は持っていた方が良いですよ。

 

枝が折れないよう縛っておくとき、よく使います。↓↓↓

バラの枝台風対策

 

こんなふうに↓↓↓

つるバラの枝誘引

↓↓↓↓↓↓ 植物に馴染むので、見た目も良いです。

つるバラの誘引

 

持っていない方は、誘引前に用意しておきましょう!↓↓↓↓↓↓

バラの誘引ひも

◆麻ひも ⇒ https://www.hanahana-shop.com/SHOP/sp34379.html

◆ペーパータイ ⇒ https://www.hanahana-shop.com/SHOP/sp34381.html

◆ソフトタイS ⇒ https://www.hanahana-shop.com/SHOP/sp34552.html

◆ソフトタイL ⇒ https://www.hanahana-shop.com/SHOP/sp34553.html

終わりかけの花は、ガラスプレートに!

2016.11.12

最後まで、バラを満喫できるガラスプレート、使っていますか?

終わりかけの花は、花びらを浮かべるだけでアートになるんですよ。

 

シックに秋らしく↓↓↓

ガラスプレートのバラ

 

ちょっと明るい場所なら、透明感が出ます↓↓↓

ガラスプレートのバラ

 

ガラスプレートのバラ

 

センスに自信がない方でも、花を浮かべるだけで、おしゃれに見えちゃうのが、ガラスプレートの凄いところ。

お家のイロイロな場所に飾って、優雅な気分を演出しましょう!

 

送料無料の土やたい肥、肥料にも同梱できます!

◆フローティングプレート(M)

https://www.hanahana-shop.com/SHOP/va64498.html

軽いグラスファイバーの鉢、新登場!

2016.11.11

秋に購入したバラの花が終わり、

そろそろ植え替えをしようと思っている方も、いらっしゃると思います。

今月じゃなくても、2月までに植え替え作業をされる方が、ほとんどなのでは…。

 

そこで、鉢の新商品をご紹介します。

上品なデザインに加え、グラスファイバー製で軽いのが魅力↓↓↓

バラ用の植木鉢

 

女性が片手で軽く持てるんです↓↓↓ これなら、土が入っても運べますね。

バラ用植木鉢

 

四角と丸の2種類があり、↓↓↓それぞれ、2つのサイズがあります。

バラ用植木鉢

 

小さいサイズは、木立性バラに、

大きいサイズは、つる性バラに。

 

全てのサイズで、

初めてオベリスク」「プライムオベリスク スリムショート」「プライムオベリスクスリム」が入ります。

 

せっかく売り出したのですが、ちょうど売り切れていて、今はこのサイズしかありません↓↓↓

バラ用植木鉢

 

植え替えまでは、鉢カバーにしていても良いので、お早めにお求めください。

 

◆軽量アンティークライト ラウンド36cm

⇒ https://www.hanahana-shop.com/SHOP/pt34609.html

 

◆軽量アンティークライト スクエア30cm

⇒ https://www.hanahana-shop.com/SHOP/pt34607.html

1 / 212
ページのトップへ