はなはなショップ

バラ苗4本(新苗は5本)以上送料無料 ※種類(秋苗、大苗、裸苗、新苗)が同一の場合 バラ苗以外7,000円(税込)以上

はなはなショップは、毎年「国際バラとガーデニングショウ<西武ドーム>」に出店しております。

2016年9月

庭の計画の楽しみ

2016.09.30

夏とも秋とも言えない、この時期の庭。

 

会社(株式会社花ごころ)前の花壇です↓↓↓

秋の花壇

今は花が少ないので、葉が主役の時期。

 

大きなオリーブの木には、たわわに実がなっています↓↓↓

オリーブ

 

「マジカルミラクル」というバラには、たくさんの実(ローズヒップ)が…↓↓↓ このあとオレンジに色づきます

マジカルミラクル

 

アクセントに寄せ植えの鉢も↓↓↓

草花の寄せ植え

草花が近くにあると、気持ちが安らぎますね。

 

これからは、土いじりに良い時期です。

私たちも「あの場所に○○を植えたらどうかなぁ」「あのバラを移動したいね」なんていう会話が増えてきました。

悩ましく楽しいシーズンです。

秋の開花苗、こんな感じです

2016.09.29

これからお届けする秋の「開花苗」の写真、農場で撮ってきました。

 

秋の「開花苗」の良いところ↓↓↓

・ スグに花が見られる (天候や管理に依るのでお約束はできません)

・ ある程度、株が育っているので、枯らす心配が少ない

・ 花や樹形を見て、植え付ける場所を決められる

 

また、今年は夏バテ対策として、鉢カバー↓↓↓を試しました。

夏バテ防止の鉢カバー

このおかげで、鉢の中の温度は最大で10度ダウン。

その結果は、根に現れています↓↓↓ よく張っています。

バラの根

 

まだまだ、良い品種が揃っていますので、ぜひ悩んでください↓↓↓

 

クロードモネ」↓↓↓ とにかく花が可愛い!何度も咲き、花数多いです。

クロードモネのバラ

 

レジス・マルコン」↓↓↓ 赤バラをお探しの方に、オススメ。強く、香りもGood

レジスマルコン

 

ラ・ドルチェ・ヴィータ」↓↓↓ オレンジのバラならコレ!中輪の花がいっぱい

ラ・ドルチェ・ヴィータ

 

ミルフィーユ」↓↓↓ 何度も咲き&お行儀良い樹形。花壇の前面に!

ミルフィーユ

 

赤い新芽が出てきています

2016.09.27

9月末だというのに、今日は30度を超えるそうです。

秋の入り口で足踏みしている感じですね。

 

まだ、夏の花が咲きますし、↓↓↓最近咲いた「ナエマ」。花はイマイチだけど香りは抜群

ナエマ

 

日差しも強いし↓↓↓

夏の空

 

まだ、夏感が抜けてないのですが、

バラは、秋に向けて赤い新芽を出し始めました。

バラの新芽

 

バラの新芽

 

あと、前回の雑草退治から1ヵ月経って、また目立つようになってきたので↓↓↓

庭の雑草

 

ササーッと、草取りをしました↓↓↓

雑草グリッパー

 

庭の雑草

雑草グリッパー」を使えば、5分もかかりません。

 

終わった後、道具を水洗いして終了。こうしておくと、次に使う時に気持ちイイですよ↓↓↓

園芸道具

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『趣味の園芸10月号』で紹介されました

2016.09.23

『趣味の園芸10月号』ご覧になりましたか?↓↓↓

趣味の園芸10月号

これからの秋バラに役立つ情報がたっぷり載っていますよ。

 

特に、葉を落としたバラに、どうしたら良い花が咲かせられるか?

この対処法は、皆さん知りたいんじゃないかと思います。

 

あと、ショップのバラもいくつか登場しています。

私たちのオススメとも一致していましたよ。

例えば、

ラ・パリジェンヌ」(デルバール)↓↓↓

 

ラ・パリジェンヌ

花数が多く、良く咲き、春から夏にかけてベイサルシュート(若枝)がどんどん出る

頼もしいバラです。色もキレイです。

 

モーリスユトリロ」(デルバール)↓↓↓

モーリスユトリロ

とにかく強いバラ。枝も太いし、何かあってもスグに復活します。

花もよく咲きます。

 

ニュー・イマジン」(ドリュ)↓↓↓

ニュー・イマジン

 

ニュー・イマジン

個人的に大好きなバラ。色気があるんです。ぜひ、咲かせて実感していただきたい!

 

ミルフィーユ」(河本バラ園)↓↓↓

ミルフィーユ

背が高くならず、四季咲きの強いバラです。花壇の前面か鉢植えで。

見てのとおり、花が可憐です。

 

ぜひ、本の中でチェックしてみてください。

 

スゴイよ、シャンテロゼミサトの底力!

2016.09.16

ショップの庭では、フェンスに「シャンテロゼミサト」を誘引しています。

 

今の状態↓↓↓

シャンテロゼミサト

 

ご覧のとおり、ビューンとベイサルシュート(若枝)がたくさん出て、元気いっぱいです。

病気(うどん粉病と黒星病)にかかっても、自己治癒力みたいなので、いつの間にか止まっています。

なので、ほぼ無農薬で育て中。

 

花もボリュームがあって、いっぱい咲いて、キレイです。

今年の2番花(7月15日)↓↓↓

シャンテロゼミサト

 

総合的に見て、とっても優秀なバラだと思うのですが、

さらに、このバラのポテンシャルに驚かされる出来事が…。

 

ジャーン!この時期にベイサルシュートが出たのです。

シャンテロゼミサトのベイサルシュート

 

この時期に出るベイサルシュート(若枝)は、

来春の枝としてギリギリ使えるかどうかなのですが、

もし使えればラッキーくらいの気持ちで、このまま伸ばします。

今までと同じく、ツボミが出たらスグにカットして、さらに上に伸ばします。

うまく行けば、枝の下の方は固くなり、誘引の時に使えるかもしれません。

 

虫や病気が出はじめます!

2016.09.14

夏の終わり。

ちょっと涼しくなって、動きが活発になるのは、人間だけじゃありません。

虫や病気も、動き始めるんです…。

 

私たちの庭でも出はじめましたよ~

 

まず、「黒星病」↓↓↓ 雨の日が続くと、発生しやすくなります!

黒星病

 

見つけたら、「ベニカXファインスプレー」を散布しておきましょう!

雨が続く前に、あらかじめ散布しておくのがベストです。

黒星病の対策

散布するときは、液がしたたり落ちるくらい、たっぷりとかけるのがコツです。

黒星病の治療

 

次に、「バラゾウムシ」もチラホラ↓↓↓ 柔らかい新芽を狙って来ます

バラゾウムシ

 

「バラゾウムシ」は、”見つけて捕殺”が一番です。

触ると下に落ちて逃げようとするので、受け皿のようなものを用意しておいて、

そこに受けるようにすると、失敗しません。↓↓↓

バラゾウムシ

 

 

最後は、「チュウレンジハバチ」↓↓↓ この姿勢は、産卵スタイルです。

チュウレンジハバチ

 

産卵の時は、ちょっとやそっとでは動かないので、虫とりばさみでキャッチできます↓↓↓

チュウレンジハバチ

 

チュウレンジハバチ

産卵しているかなぁと思ったら、その部分をカットしておきましょう。

夏剪定が終わったら肥料を!

2016.09.13

“夏剪定”が終わったら、肥料をやっておきましょう!

 

雨が降る前のこんな時↓↓↓にやると、グッドタイミング!肥料がすぐに雨で溶け出すので…。

雨の降る前

 

 

鉢の場合↓↓↓   夏剪定が終わった「ラ・パリジェンヌ

夏剪定したバラ

 

「花ごころ バラの肥料」なら、ひと握り掴んで、株周りにパラパラと撒くだけ。

これからの時期は、気温が高くないので、有機質の肥料でも臭いは気にならない

バラの肥料やり

 

完了↓↓↓

バラの施肥

 

雨が降った後↓↓↓ 粒が崩れ、土の中に肥料成分が浸みこんでいきます

雨で溶けた肥料

 

 

 

庭植えの場合↓↓↓ 「ローブ・ア・ラ・フランセーズ

 

「花ごころ バラの肥料」は、地植えの場合“ふた握り”の量です。

1回目、株周りにパラパラと撒きます↓↓↓

庭植えバラの肥料やり

 

2回目、株周りにパラパラ↓↓↓

バラの肥料

完了↓↓↓

花ごころ バラの肥料

 

雨が降った後↓↓↓ 粒が崩れ、土の中に肥料成分が浸みこんでいきます

バラの肥料

 

バラの肥料は、2種類からお選びください↓↓↓

バラの肥料

左は、近年発売の商品

◆特選有機濃いバラの肥料 https://www.hanahana-shop.com/SHOP/fl05890.html

右は、20年以上の実績がある商品

◆バラの肥料 https://www.hanahana-shop.com/SHOP/fl07190.html

 

迷った時は、こちらの記事を↓↓↓

赤い肥料と青い肥料、どっちがいい?

つるバラは“夏剪定”が必要か?

2016.09.12

すでに誘引している、つるバラの場合、

“夏剪定”は必要ありません。

 

ショップの庭のつるバラを例に、解説します。

 

現在、フェンスに誘引している「シャンテロゼミサト」の様子↓↓↓

シャンテロゼミサト

 

2番花の切り戻しをしてから、夏の間も、ポツポツと花が咲いていました。

今でも、いくつかツボミが付いています。↓↓↓

シャンテロゼミサトの蕾

 

一番長いベイサルシュートの先にも、ツボミが付いています↓↓↓(もう手が届きません)

ベイサルシュートの蕾

今、付いているツボミは、そのまま咲かせます。

 

花が終わったら、花がら摘みだけすればOK↓↓↓

※手が届かない高さの花がらは、そのままにして大丈夫です。

花がら摘み

 

で、一番大事なのはコレ↓↓↓

ベイサルシュート

12月末の誘引まで、来春に良い花が付くベイサルシュートやサイドシュートを

キープすること。

切らないよう、折れないように注意しましょう!

 

 

同じように、フェンスに誘引している「ローブ・ア・ラ・フランセーズ」も紹介↓↓↓

ローブ・ア・ラ・フランセーズ

葉を落としていますが、ベイサルシュート(若枝)が3本出ているので、

来春の花は十分期待できます。

 

ちょうど今、ベイサルシュートの先に花が咲き、これから開くツボミも見えます↓↓↓

ローブ・ア・ラ・フランセーズ

ツボミはこのまま咲かせ、花はカット。

房咲きの花は、ガラスの器に浮かべるのがオススメ↓↓↓簡単&センス要らずです

バラのアレンジ

 

で、やっぱり大事なのは↓↓↓

ローブ・ア・ラ・フランセーズのシュート

12月末の誘引まで、来春に良い花が付くベイサルシュートやサイドシュートを

キープすること。

切らないよう、折れないよう、仮留めしておきましょう。

 

最後に、「ナエマ」のオベリスク仕立ての様子↓↓↓

ナエマ

2番花の切り戻し後、ポツポツと花が咲きました。

サイドシュートが何本か出たことを除いて、ほとんど変化はありません。

 

同じく、大事なのは

12月末の誘引まで、来春に良い花が付くベイサルシュートやサイドシュートを

キープすること。切らないよう、折れないように!↓↓↓

ナエマのオベリスク仕立て

 

と分かったようなことを言っていますが、

先週木曜、台風後の風で鉢が倒れて、この有望な枝を折ってしまいました↓↓↓

バラの枝が折れた

台風が過ぎたと思って油断してました…。

皆さんも、お気を付けください!

※私たちは、時間が経っていたのでダメでしたが、

折れてスグなら、セロハンテープでくっ付くこともあるので、諦めずに手当てしてみてください。

夏剪定 細かい枝の株の場合

2016.09.10

夏剪定 第3弾。

こういう、細かい枝のバラの場合↓↓↓↓

バラの夏剪定

ひと枝ひと枝見ながら切っていたら、大変ですよね。

 

こういうバラの場合は、全体のカタチを整えるだけでOK。

枝先をチョンチョン切って行きましょう↓↓↓↓

バラの夏剪定

 

もし、枯れ枝なんかを見つけたら、元からカット↓↓↓↓

バラの枯れ枝

 

で、完成形↓↓↓↓ 葉をある程度残して、こんもりと整えましょう!

バラの夏剪定

 

刈込ばさみなんかを使って、大雑把に剪定して良いタイプは、こんなバラ。

細い枝に小花がいっぱい付くバラです。

ブランシュ・カスカード」↓↓↓↓

ブランシュカスカード

 

ドミニク・ロワゾー」↓↓↓↓

ドミニクロワゾー

 

 

 

 

 

夏剪定 木立ち性バラ 葉の少ない株の場合

2016.09.09

夏剪定 第2弾。

木立ち性バラ、夏の暑さで下の方の葉が落ちちゃった樹の場合です。

 

このモデルさんは「フラゴナール」(デルバール)。

日当たりの良い花壇に植えてあるので、暑さから逃れられず、

下の方の葉が落ちてしまいました↓↓↓↓

バラの夏剪定

 

こういう場合は、葉を残すことを意識して、枝を整える程度にしておきます。

仕上がりのイメージ↓↓↓↓

バラの夏剪定

 

 

元気な葉の5ミリ上でカットしていきます↓↓↓↓

バラの夏剪定

 

 

今付いているツボミからは、ささやかな花しか咲かないので、カット↓↓↓↓

バラの夏剪定

※「もったいな~い」と思う方は、花を咲かせてからカットしても良いです

 

そして、完成形はコチラ↓↓↓↓

バラの夏剪定

 

葉が少なくなった樹は、葉が残るように、軽めにカットしておきましょう。

 

もう一つ、鉢バージョンもご紹介。

 

水切れを起こして、下の方の葉が少なくなった「モーリスユトリロ」(デルバール)。

バラの夏剪定

このバラは、とにかく強いので、葉が減っても、何も心配要らないのですが、

今回は、法則に従って、葉を残しながら、できるだけ高さを抑えます。

 

最初に、剪定する位置をイメージ↓↓↓↓

バラの夏剪定

 

長い枝から切っていきます↓↓↓↓

バラの夏剪定

 

咲いている花やツボミも切ってしまいます↓↓↓↓ 摘んだ花は室内に飾りましょう

バラの夏剪定

 

完成↓↓↓↓

バラの夏剪定

 

切った枝たち↓↓↓↓

バラの夏剪定

 

さあ、一緒にやってみましょう!

1 / 212
ページのトップへ