はなはなショップ

バラ苗4本(新苗は5本)以上送料無料 ※種類(秋苗、大苗、裸苗、新苗)が同一の場合 バラ苗以外7,000円(税込)以上

はなはなショップは、毎年「国際バラとガーデニングショウ<西武ドーム>」に出店しております。

2016年1月

冬しかできないバラの移植&バイオキャッチの使い方

2016.01.29

冬の間しかできない作業に、「バラの移植」があります。

 

「咲かせてみたら、思ってた感じと違ったから、別の場所に移したいなぁ」

「今の場所は生育が悪いから、他の場所に移したいなぁ」

「庭植えのバラを鉢植えにしたいなぁ」

というとき、1月~2月中旬なら、バラを移動させることができます。

 

バラの移植は、根を切るので、バラの休眠期にしかできません。

ですから、今がチャンス!

 

私たちも、「バラの移植」やってみました。

 

今回、引っ越しするのは「マドモアゼル」(デルバール)です。

丈夫で勢いのあるバラなのですが、花壇の模様替えをしたいので、他へ移ってもらうことに…

移植前は、こんな状態です。↓↓↓

マドモアゼル

マドモアゼル

(分かりにくいので、後ろに板を置いてみました)

 

枝が長いままだと扱いにくいので、先に、冬剪定しちゃいましょう。

木立ちで咲かせるバラなので、高さを1/3まで短かくしました。↓↓↓

マドモアゼル

 

では、移植作業に入ります。

まず、用意するものから。↓↓↓

バラの移植必要なもの

特選有機バラのたい肥お徳用20Lも中身が一緒)/バラのバイオキャッチ/スコップ/グローブ

 

最初に、引っ越し先を準備します。

新しく植える場所に穴を掘りますよ。幅30~40cm、深さ30~40cmが目安です。

バラの移植

 

バラがよく育つ、ふかふかの土にするため「バラのたい肥」を混ぜ、土壌改良します。

この大きさの穴の土の量には、約5Lの「バラのたい肥」を使います。

バラのたい肥

 

たい肥が入ったら、そこに「バラのバイオキャッチ」も入れます。

附属のスプーンで山盛り1杯を投入。↓↓↓

バラのバイオキャッチ

 

バラのバイオキャッチ

※「バラのバイオキャッチ」は、連作障害を抑える効果がある粉なので、

バラが植わっていた場所に再びバラを植える時は、特にオススメします。

 

掘り出した土を2/3穴に戻して、

「バラのたい肥」と「バラのバイオキャッチ」と混ぜ合わせます。↓↓↓

バラ移植の穴

これで、引っ越し先の準備は完了。

 

さて、一番の大仕事。株を掘り出しますよ~。

根がなるべく多く付いていた方がいいので、株周り半径30cm以上の場所に、

バラの移植

スコップをグイグイ挿して、土を切り取っていきます。↓↓↓

バラの移植

土が柔らかいので思ったより簡単でした。ふかふかの土にしておくと、いろいろ便利!

バラの移植

 

そして、堀り上がったのは、こちら。↓↓↓ 重いよ~

バラの移植

 

根に付いている土は要らないので、落とします。↓↓↓ (穴の中でやってもOK)

土は全部落とす必要はありません。根を洗う必要もなし。

バラの移植

 

これくらいまで↓↓↓ ※白い根は大事なやつなので、なるべく切らないように…。

バラの移植

 

ここからは、根が乾くといけないので、素早く作業しましょう。

 

株を引っ越し先の穴に入れて、

「バラのバイオキャッチ」をスプーン山盛り2杯、根に振りかけます。

※「バラのバイオキャッチ」には、根の活着を良くする効果があります。

バラのバイオキャッチ

 

根を広げて、株の高さと向きを決めたら、土をかぶせていきます。↓↓↓

バラの移植

 

植えつけたら、移植完了。↓↓↓

バラの移植

 

最後に、バケツ1杯の水をやっておきましょう。(土手のおかげで、水が周りに流れません)

バラの移植

 

かかった時間は約1時間。女性一人でもできる作業です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冬剪定 その② いい位置でこんもり咲かせたい

2016.01.27

寒さが緩んできたので、冬剪定を再開しました。

今日は、「パトラッシュ」(ヤンスペック)の冬剪定です。5月の様子↓↓↓↓

パトラッシュ

このバラは、シュラブに分類されているのですが、植えつけた昨年、意外に枝が伸びませんでした。

常に1メートル前後の背丈をキープして、ちょうど良い高さで花が咲いてくれたんです。。。

大きくなったら、後ろにトレリスを挿して誘引しようと思っていましたが、

昨年の花姿が気に入ったので、今年も、1メートル前後で、こんもり可愛らしく咲かせたいと思います。

 

今の状態↓↓↓↓

冬剪定

 

木立性バラの冬剪定の基本は、全体の1/2~1/3の高さで切る!です。

勢いのある品種なので、1/3の高さにすることにしました。

冬剪定

 

では、枝を切っていきます。

良い芽を見つけて、5mm~1cm上をカットします。

バラの冬剪定

 

「パトラッシュ」は、中輪の花が咲くバラなので、割りばし以上の太さの枝だけを残します。

細い枝を残しても、花が付かなかったり、良い花が咲かなかったりするので。。

冬剪定

 

太い枝を思い切って短くしたり、(もったいないと思うかもしれませんが、エイッとやってください)

バラの冬剪定

 

不要な枝を元からカットしたり、↓↓↓

バラの冬剪定

 

枯れている部分をカットしたり、↓↓↓

バラの冬剪定

 

バラの冬剪定

 

ときに大胆に、ときに繊細に、

全ての枝にハサミを入れたら、終了。↓↓↓

バラの冬剪定

バラの冬剪定

 

バランスよく新しい枝が出て、花がいっぱい付くといいなぁ。

 

春の花が咲いたら、咲き方を見て、剪定の採点をしてくださいね。

「ここで切ったのは正解だった~」とか、

「この枝、要らなかった~」とか。

バラの特徴を知って、剪定を反省すると、次の年にその経験を生かせます。

理想に近い姿で花を咲かせることができるようにするには、この反省が大事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冬剪定の時、気を付けること

2016.01.21

これから冬剪定をする方、まだまだいらっしゃると思います。

今日は、冬剪定の時に知っておくと良いことを紹介します。

 

まず、このあと2枚の写真のうち、

剪定ばさみの使い方が正しいのはどちらだと思いますか?

 

①残す枝の方に、「受け刃」がある

冬剪定

 

②残す枝の方に、「切り刃」がある

冬剪定

 

正解は②です。

では、実際に切った切断面を見てみましょう。

 

①枝が割れて、表面がデコボコしている。

バラの枝切断面

 

②キレイな平面。

冬剪定

 

①のような切り方だと、全ての枝の断面が割れるわけではありませんが、

キレイに切れない確率が高くなります。

 

枝の状態や、ハサミの動きによっては、これくらいになることもあります。↓↓↓↓↓

剪定後の断面

 

枝の切断面がイビツになっていると、そこから枯れこんだり、雑菌が入ったりしやすくなります。

剪定の時は意識して、残す枝の方に切り刃を当てる癖をつけると良いですね。

 

また、切れ味の悪い剪定ばさみでも、切断面が割れたり、潰れたりします。

今のハサミに満足していない方は、冬剪定前に新調してはどうでしょう?

切れ味の良いハサミを使うと、冬剪定も楽しくなります。

(スパッとした感触が気持ちよくて、ついつい切り過ぎちゃうかも)

 

スタッフも使っている、イチオシの剪定ばさみはコチラ。↓↓↓↓↓

秀久剪定ばさみ

「秀久 剪定鋏」 https://www.hanahana-shop.com/SHOP/ss34175_34174.html

 

切れ味は言うことなし。スパッと切れます。(評価レビューを見ると皆さん同意見です)

あと、刃の部分が細身に出来ているので、枝の込み合った間にも入ります。

グリップも握りやすく、手にフィットしてくれ、強い力が要りません。

秀久剪定ばさみ

 

バラのプロたちにも愛用者が多く、雑誌で紹介されていることも…。

紹介されていた雑誌⇒https://www.hanahana-shop.com/shop_blog/news/20150724/

 

バラ栽培には、この剪定ばさみと、剪定のこぎりがあれば、バッチリです。

これくらい太い枝になると、剪定のこぎりじゃないと切れません。↓↓↓↓

太いバラの枝

この剪定のこぎりは、ハンディタイプでちょうど良いです。

剪定のこぎり

 

ぜひ優秀な道具を使って、楽しくラクにお手入れしましょう。

「秀久 剪定鋏」

https://www.hanahana-shop.com/SHOP/ss34175_34174.html

「剪定のこぎり」

https://www.hanahana-shop.com/SHOP/ss34475_34476_34477.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今シーズン初雪。バラは寒さに強い!

2016.01.20

この冬は暖かかったのですが、今週になって本格的な寒さがやってきましたね。

そして、今日の初雪。

ショップのある名古屋市でも、この光景です。

先日、植えつけしたばかりのバラたち↓↓↓↓

雪で埋まったバラ

 

雪とバラ

 

何センチあるかなぁ~と定規を挿してみると、↓↓↓↓

名古屋の雪

な・ん・と、5センチ!名古屋市で5センチ積もるのは、珍しいんですよ~。

 

さて、この寒さでバラは大丈夫かしら?と心配されている方もいると思いますが、

安心してください!大丈夫ですよ。

 

もともとバラは寒さに強く、暑さに弱い植物です。

よっぽどのことがない限り、寒さで枯れることはありません。

マイナス8度位までなら問題ないと言われています。

 

でも、冬の間ずっとマイナス8度以下になるような寒冷地の場合は、

地面や枝が凍るので注意が必要です。寒さで枯れることもよくあります。

地面や枝が凍るような場合は、

・雪囲いをする

・株元にマルチングをする

・鉢は軒先など、風の当たらない場所に移動する

といった対策を。

 

また、雪が多い地域では、雪の重みで枝が折れる心配があるので

・冬剪定で枝を短めにしておく

・つるバラの長い枝は誘引から外して束ね、雪の下に埋まるようにする

など、雪が降る前に準備を。

 

寒冷地ほどではないけれど、寒い日が多い地域の方は、

株元のマルチングが一番簡単です。

 

(1)「バラのたい肥」を株元へ注ぐ↓↓↓↓

寒さ対策マルチング

(2)株周り30センチくらい、1センチ程度の厚みで「バラのたい肥」を敷く↓↓↓↓

寒さ対策マルチング

(3)完成↓↓↓↓

寒さ対策のマルチング

これで、寒さから根を守ることができます。

 

特選有機バラのたい肥」を使うと、土も若返って一石二鳥です。

バラのたい肥お徳用20L」も中身が一緒なので、

もしも植えつけに使って余ったら、ぜひマルチングを試してみてください。

 

◆バラのたい肥お徳用20L

https://www.hanahana-shop.com/SHOP/cp34095.html

 

 

 

 

 

 

 

 

地植えバラも土のメンテナンスを!

2016.01.16

冬になると、鉢植えのバラは、植え替えをします。

根を整理し、疲れた土を栄養のある土に替えるわけですね。

 

じゃあ、地植えのバラの土には何もしなくていいのか?と言うと、

やった方がイイんです。

バラの成長を左右するのは、根っこ。

その根っこ周りの土が、栄養分がなくなってカチカチだったら、根は成長してくれません。

根が成長しないと、ベイサルシュートが出なかったり、弱々しい枝葉になったり…。

ですから、根の周りの土に有機質という栄養たっぷりの「バラのたい肥」を混ぜて、

環境を整えてあげるのです。

 

作業は難しくないので、一緒にやってみましょう!

 

バラが植えてある、この花壇が今回のモデルさん。↓↓↓↓

地植えバラの土リフレッシュ

 

用意するものは、こちら↓↓↓↓

バラのたい肥の使い方

特選有機バラのたい肥」(お徳用20Lも中身は同じ)/ガーデン手袋/スコップ

 

バラとバラの間は、約60㎝。これくらい間があれば大丈夫です。

この中間地点に、穴を掘ります。

地植えバラ

バラのメンテナンス

中間に、15cm幅で深さ40cmほどの穴を掘りました。↓↓↓↓

穴を掘る

ここに、「特選有機バラのたい肥」を、約5L入れます。↓↓↓↓

バラのたい肥

バラのたい肥は、真っ黒サラサラ。↓↓↓↓

このサラサラが大事。熟成して臭くないのは、このサラサラのおかげなんです。

バラのたい肥

 

さっき掘り起こした庭土を穴に戻して、「特選有機バラのたい肥」と混ぜます。↓↓↓↓

バラのたい肥

表面を整えたら完了。↓↓↓↓

バラの花壇

穴掘って、たい肥を入れて、混ぜるだけ。

本当に簡単でしょ。

知らなかった方、ぜひお試しください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冬剪定 その① 暴れ放題の枝をリセットしたい

2016.01.15

今、まさに冬剪定にぴったりの時期。

私たちも、冬剪定していますよ。

今回、ご紹介するのが、見せるのも躊躇するような、暴れ放題のバラの冬剪定。

 

お恥ずかしいけど↓↓↓↓↓

冬剪定

約5年目の「アンリ・マチス」(デルバール)です。

庭の片隅で忘れ去られていたのを引き取った株なので、

若い枝が少なく、枝先にしか花が付かなくなっています。

 

今日は、この樹形をリセットすべく、冬剪定しますよ。

 

まず、冬剪定に必要なもの。

剪定ばさみは、よく切れるように事前にメンテナンスしておきましょう。

https://www.hanahana-shop.com/SHOP/ss34579.html

冬剪定の道具

バラ用グローブ剪定ばさみ剪定のこぎり

 

最初に、明らかに枯れている枝を枝元からカットします。↓↓↓

剪定ばさみで切れそうもない太くなった枝は、剪定のこぎりを使って。

枯れ枝を落とす

 

枯れ枝を全て取り除いたら、芽の出てくるところを予測しながら、剪定します。

第1候補のポチっとしたところから芽が出るだろう、ぜひ出て欲しいと願って、

芽の約1㎝上でカット。

もし第1候補から出なかった場合は、第2候補の場所から出てくれそうです。

冬剪定

 

次の枝も、芽が出るだろう、ぜひ出て欲しい箇所を定めて、その1㎝上をカットしていきます。

今回、外向きの芽じゃないのは、後ろが壁なので、枝を前に出したいからです。

冬剪定

 

剪定は、必ずしも外芽で切る必要はありません。

大事なのは、「この枝からは、こんな角度で枝が出てくれるといいなぁ」とイメージして、

芽に“あ・た・り”をつけることです。↓↓↓↓

冬剪定

 

あと、枝先の枯れこんだ箇所があったら、カットしておきましょう。

枯れこみを、これ以上広げないためです。↓↓↓↓

冬剪定

 

こんなふうに1本1本の枝にハサミを入れて、完了です。↓↓↓↓↓↓↓↓

思ったとおりに枝が出て、スタイル良い株になってくれるといいなぁ。

あと、株元からベイサルシュートが出て欲しいなぁ。

冬剪定

 

まだバラ経験が浅い方は、あれこれ考えると切れなくなっちゃうかもしれません。

はっきり言って、健康な株ならどこで切っても芽は出て、花は咲きます。

分からなくなった人は、全体の高さだけを決めて、その付近の芽を見つけて切っていきましょう。

そして、春に枝が出てきたら「ここで切ると、こう出るのね~」と観察しましょう。

何度も繰り返せばコツが分かってきますから、今は上手く出来なくても大丈夫ですよ。

 

 

 

 

 

 

バラ苗、庭への植え付け方法&「バラのたい肥」の使い方

2016.01.12

前回は、鉢への植え付け方法を説明したので、今回は庭や花壇への植え付け方法を紹介します。

途中で「バラのバイオキャッチ」も使っていますから、持っている方は使ってみてください。

 

まず用意するものから。

バラの植え付け

「大苗」もしくは「裸苗」/バラのたい肥お徳用20L/水を入れたバケツ/バラのバイオキャッチ

 

今回ご紹介する植え付け方は、「大苗」(12月~2月お届け)と「裸苗」に共通です。

理由は、このあと説明します。

「大苗」と「裸苗」

 

まず最初に、苗を浸けておく水の準備です。

水には、「バラのバイオキャッチ」を附属スプーン3杯溶かします。↓↓↓↓↓

※「バラのバイオキャッチ」は、土の中の微生物の動きを活発にして、

根の伸びを良くしてくれる土壌改良材です。

バラのバイオキャッチ

 

「大苗」は、苗を鉢から外します。取り出した途端、下の方の土がバサッと崩れるはずです。

これは、12月に鉢へ入れたばかりで、まだ根が回っていないためです。

12月~2月にお届けする「大苗」はこの現象が起こりますが、問題ありません。

また、崩れた土は、植え付けに使っていただいて大丈夫です。

大苗の植え付け

 

土が取れて、「裸苗」と同じ状態になりました。↓↓↓↓↓↓↓↓

これが、“「大苗」と「裸苗」の植え付け方法は一緒”と言った理由です。

バラの「大苗」

 

根が乾かないように、すぐ「バラのバイオキャッチ」入りの水の中に浸けます。

少なくとも1時間は浸けておきましょう。

バラの苗の根を水に浸ける

 

その間に、植える穴を掘ります。幅も深さも30㎝~40㎝必要です。

「大苗」「裸苗」の植え付け

 

穴が掘れたら、穴に「有機特選バラのたい肥」をサラサラ~っと入れます。

1つの穴に必要な堆肥は、約5L。同じ中身の「バラのたい肥お徳用20L」だと4本分あります。

(「バラのたい肥お徳用20L」がお得です。もし余ったら、マルチングに使いましょう!)

バラのたい肥

掘った庭土を穴に戻して、たい肥と混ぜ合わせます。↓↓↓↓↓↓

バラのたい肥

 

穴の用意が出来たので、苗を水から出し、

バラのバイオキャッチ」を附属スプーン3杯、根に振りかけます。

バイオキャッチの使い方

 

苗の向きと高さを決めたら、根をなるべく広げて、土をかぶせていきます。↓↓↓↓↓↓

「裸苗」の地植え

 

完成はこんな感じ↓↓↓↓↓↓

バラの植えつけ

こうしておくのは、この後の水やりのため。

すり鉢のような形を作ることで、水が流れ出さず、根元までしっかり染み込みます。

 

苗を浸けていた、「バラのバイオキャッチ」入りの水を全てかけます。

土手を作っておくと、水が流れ出さないのが分かります。↓↓↓↓↓↓

バラ苗の植えつけ

植え付け完了。

 

さあ、あとひと手間です。

このまま春を迎えて花を咲かせると、ヒョロ~んと上の方に花が咲いて恰好悪くなるので、

もう少し枝を短くしておきます。

植え付け後の剪定

これくらいの長さにしておきましょう。↓↓↓↓↓↓

「大苗」「裸苗」植え付け

 

「大苗」「裸苗」の植えつけは、2月中に終わらせましょう。

3月になると、芽吹いてきちゃいますので。。。

 

 

「裸苗」の植え付け&「バイオキャッチ」の使い方

2016.01.08

もうすぐ「裸苗」をお届けするので、

皆さんにスムーズに作業していただくため、ひと足早く「裸苗」の植え付けをしてみました。

途中で、“バラのバイオキャッチ”も使っているので

早得キャンペーンのおまけで貰った方は、真似してみてください。

 

では、「裸苗」植え付けスタート!

 

「裸苗」は、こんなふうに届きます。↓↓↓↓↓ 袋の中は湿気があり、根は濡れています。

バラの「裸苗」

 

まず用意するものです。↓↓↓↓

裸苗の植え付け

デルバールポットバラの土お徳用20L(足りないのは困るので多めに)/

くり返しつかえる鉢底石バラのバイオキャッチ

 

「裸苗」の植えつけで注意するのは、バラの根を乾かさないこと。

根が乾くと、植え付け後に枯れることがあるので、十分注意してくださいね。

 

だから、最初にやるのは、水の中に根を浸ける作業。

この時に、「バラのバイオキャッチ」を使います。

※「バラのバイオキャッチ」は、土の中の微生物の動きを活発にして、

根の伸びを良くしてくれる土壌改良材です。

バラのバイオキャッチ

箱を開けると、袋に入った粉と計量スプーンが入っていますよ↓↓↓↓↓

バラのバイオキャッチ

 

この附属スプーン3杯を、水に入れ、棒などでグルグルして溶かします。

バラのバイオキャッチ

 

バラのバイオキャッチ

 

この中に、ドボンと根を浸けます。↓↓↓↓↓

スグに植え付けが出来ない方は、この状態で保管してください。

その日のうちに作業できる方は、少なくとも1時間このまま置いておきます。

バイオキャッチ入りの水

 

1時間経ったので、鉢に植え付けていきます。

まず、鉢底石を敷きます。(くり返しつかえる鉢底石はオススメ!何度も使えるエコ商品です)

くりかえし使える鉢底石

このデルバールポットには、3つ入ります。(1袋4つ入り)

くり返し使える鉢底石

 

次に「バラの土」を入れます。

今回は説明するのに分かりやすいので「特選有機バラの土15L」を使いましたが、

「裸苗」の場合、普段より土が多く必要です。足りないのは困るので、多めに用意しておきましょう。

この鉢には、バラの土お徳用20Lが、ぴったりです。

バラの土

バラの土

内側にひいてある最初の線まで、サラサラ~っと土を入れたら、

バラの土

水の中から苗を取り出して、

根に「バラのバイオキャッチ」をスプーン3杯ふりかけます。

バイオキャッチ

苗の位置、向きを決めたら、残りの土を入れていきます。↓↓↓↓↓

裸苗の植えつけ

 

土を入れただけだと、苗がグラグラしますし、根の周りに隙間があると、根が乾燥して弱るので

手を使って、根の間に土が入るように押さえます。カチカチに固め過ぎないように。

裸苗植えつけ

 

これで、植え付け完了。

最後に、苗が浸かっていたバラのバイオキャッチ入りの水をやっておきましょう。↓↓↓↓

植えつけ

 

植え付けは完了したのですが、もうひと手間!

このままだと、春の花が上の方に咲いてバランスが悪いので、枝を短くカットしておきます。

枝剪定

これが完成形↓↓↓ これくらいの長さにしておくと、バランス良く花が咲きます。

バラの植え付け

 

また、もし接ぎ木テープが巻いてあったら、ついでに取り除いておきましょう。

2年生以上の苗に、接ぎ木テープは不要です。

そのままにしておくと、枝が太ってくるので、テープがくい込んじゃいます。

接ぎ木テープ

ただし、「新苗」に巻いてあるテープは外さないように。

接ぎ木をしたばかりで、まだしっかりくっついてないので、途中で折れちゃいますから。

 

ページのトップへ