バラ苗4本(新苗は5本)以上送料無料 ※種類(秋苗、大苗、裸苗、新苗)が同一の場合 バラ苗以外7,000円(税込)以上

はなはなショップは、毎年「国際バラとガーデニングショウ<西武ドーム>」に出店しております。

たまにはバラ以外の花も、、

2021.04.04

ずっと”空席”になっていた錆びた盃状の鉢(アーンプランターと言うそうです)に、何か植えてあげようと思いたち、、

 

↓↓↓フルボ酸配合花ちゃん培養土で、 

 

↓↓↓数年前、枯れそうになっていたコルジリネ・オーストラリスが農場で復活していたので、これを中心に据えて、、  

  

↓↓↓近所の園芸店で買ってきたブラキカム(青花)3鉢と、バロータ(銀葉)3鉢を配置。

錆びたアイアンの鉢とコルジリネの銅葉、バロータのシルバーリーフ、ブラキカムのさわやかなブルーが”映え”ますね!

 

↓↓↓鉢底で巻いている根を軽く崩し、、

 

↓↓↓コルジリネ・オーストラリスの周囲に均等に植えつけて、

 

↓↓↓その間にバロータをまた均等に植え付けました。

やっぱり花ちゃん培養土は、ふかふかで寄せ植え作業がやり易い。

もちろん草花の生育の良さもお墨付き!

  

↓↓↓完成です!

いや~、いいですね。

なんか今までガーデンの”隅の方”だったスペースが、一気に上品な空気に変わりました!

  

↓↓↓もちろん草花を植えこんだ後も、しっかり水やりをしておきます。

  

「フルボ酸配合花ちゃん培養土」は元肥入りなので、最初は植えつけるだけでOK。

 

2週間~1か月後くらいから月1回程度追肥を与える予定です。

 

追肥は、IBのチカラEXあたりが万能に使いやすくておすすめですが、バラの肥料が余っていればそれでも全然大丈夫です。

    

フルボ酸配合花ちゃん培養土」は、はなはなショップの姉妹店、花ちゃん園芸ショップからお買い上げいただけます。

あわせて読みたい関連記事

  • 2022年3月11日
    昨年4月に、アーンプランターのコルジリネの足元に植え付けたブラキカム(薄青の小花)とバロータ(シルバーリーフ)が、夏の…

  • 2021年4月4日
    4月に入り、新芽の先端に蕾が見え始めました。 芽吹きも順調で、ガーデン全体が艶やかなバラの新緑で日々明るくなってきてい…

  • 2017年4月4日
    3月はじめ、誤って、新芽をポロッと取ってしまった出来事がありました。↓↓↓ https://www.hanahana-s…

  • 2021年8月1日
    夏らしい暑い天気が続く中、時折激しい雷雨も。 梅雨時期よりはマシになりましたが、それでもところどころ黒星病が。 黒星病…

  • 2022年6月4日
    バラの足元で咲いていた残りの宿根草も、ほぼピークを過ぎたので、バッサリ切り戻しをしました。 ↓↓↓リクニス・コロナリア…

アーカイブ

ページのトップへ