はなはなショップ

バラ苗4本(新苗は5本)以上送料無料 ※種類(秋苗、大苗、裸苗、新苗)が同一の場合 バラ苗以外7,000円(税込)以上

はなはなショップは、毎年「国際バラとガーデニングショウ<西武ドーム>」に出店しております。

「黒星病」予防は週1回

2018.09.18

夏剪定した株は、枝先に新芽が出て、赤くなっていますね↓↓↓

バラ秋の新芽

 

雨が多い今の時期、大事な葉を「黒星病」にしないために、

週に1回殺菌剤を散布しておきましょう!

先週は「ベニカXファインスプレー」だったので、今週は「アタックワンAL」↓↓↓

殺菌剤の散布

葉の裏にも液をかけることと↓↓↓

バラの薬品散布

液がポトポトしたたるほど、たっぷり散布するのがポイントです↓↓↓

バラの薬品散布

 

雨が降り出す半日前には、終わらせておきましょう。

薬品が浸透するまでに、雨で流れてしまわないためです。

雨の日が続きます

2018.09.12

今週は、雨だったり曇りだったり、スッキリしないお天気が続いています。

 

夏剪定が終わったバラたちは、さっそく

タケノコのような、頼もしい新芽を出してきました↓↓↓

バラの新芽

若い枝ほど、反応が良いですね。

 

この時期、雨が続くと、土からキノコが生えることがあります↓↓↓

土から生えるキノコ

これは、もともと土やたい肥の中にいる菌類が、

たまたま菌の発生に都合の良い条件(湿度や温度等)が揃ったため、

姿を現したものです。

そのままにしても問題ありませんし、気持ち悪い方は取り除いてください。

晴れて、土の中の水分が減ると、しぼんでいきます。

 

あと、今カメムシの産卵時期なんですね。バラの葉の裏で、生まれてました↓↓↓

カメムシの卵

こういうのは、気持ち悪いので、葉ごと処分してしまいましょう!

バラゾウムシ&黒星病、出はじめます

2018.09.10

今朝のパトロール中、バラゾウムシ発見↓↓↓

バラゾウムシ

気温が落ち着いたので、バラゾウムシ出てきてますよ。

春より秋のバラゾウムシの方が大きいし、強いです。

お皿でキャッチして、潰しましょう。

バラゾウムシ

 

あと出て来たのは、「黒星病」↓↓↓ 黒い点が葉に広がり、葉が落ちる病気

バラの黒星病

これは、台風で葉がこすれたあと↓↓↓ 黒星病ではありません

バラの葉が風で擦れたあと

雨が降る前に、「ベニカXファインスプレー」を散布しておきましょう↓↓↓

バラ黒星病予防

液がしたたるくらいかけるのがコツです↓↓↓

バラの薬剤散布

クレマチス秋の剪定

2018.09.08

四季咲きクレマチスを秋にも咲かせるなら、

この時期に、剪定が必要です。

先日の台風で、絡まりようがスゴイです↓↓↓

夏のクレマチス

 

夏に延びた枝の半分をカットします。

節と節のあいだでカット↓↓↓

クレマチス剪定

 

カッとしたら、引っ張って枝を取り除きます↓↓↓

クレマチス秋の剪定

 

最後に「バラの肥料」を2握り、株元に撒いておきましょう↓↓↓

クレマチスの肥料

 

こうしておくと、10月半ばに3回目の花が咲きます。

バラの夏剪定&肥料やり

2018.09.07

10月下旬に、揃って花を咲かせるために、

四季咲きバラの夏剪定をしました。

まず、鉢植えの「シェエラザード」から↓↓↓

シェエラザード

 

シェエラザード

そんなに葉が多いわけではないので、葉を残すため1/3程度の剪定にします↓↓↓

バラの夏剪定

シェエラザード」は、もともと枝が細いので、これくらいでOK↓↓↓

シェエラザード夏剪定

終了↓↓↓

バラの夏剪定

カットした量はこれだけ↓↓↓

バラの夏剪定

 

次は花壇の「パトラッシュ」↓↓↓

バラの夏剪定

こちらは、けっこう葉が多いので、これくらいカットします↓↓↓

バラの夏剪定

全部の枝にハサミを入れます↓↓↓ 赤い新芽も切り戻します

バラの夏剪定

完了↓↓↓

バラの夏剪定

カットした量↓↓↓

バラの夏剪定

つるバラは、夏剪定しません。「ラ・レーヌ・ドゥ・ラ・ニュイ」↓↓↓

ラ・レーヌ・ドゥ・ラ・ニュイ

エドゥアール・マネ」も、今の花がじゅうぶん可愛いので、夏剪定しないことに…

エドゥアール・マネ

いっぱいツボミがあるでしょ↓↓↓ ひとまず、これを咲かせます

エドゥアール・マネ

夏剪定は、絶対しなきゃいけない作業ではないので、こういう判断もアリです。

 

最後に、全部のバラに「バラの肥料」をやっておきましょう。

鉢植えバラには、「花ごころ バラの肥料」ひと握りをパラパラと↓↓↓

バラの肥料

地植えバラにも、「花ごころ バラの肥料」2握りをパラパラと↓↓↓

バラの肥料

これで、夏剪定終了です。

台風21号が去ったあと

2018.09.05

ショップのある名古屋は、昨日、台風21号が通り過ぎました。

朝は雨も風もなかったのですが、お昼過ぎに風雨が強まり、

家も揺れるくらいの強風が2時間くらい続いたので、

大なり小なり被害の話が聞こえてきます。

 

さて、庭のバラたちはというと、フェンスの「シャンテロゼミサト」は、枝先ボロボロ↓↓↓

バラ台風の被害

明日の夏剪定で、枝先を軽く切り戻します。

 

あと、これ初めてのことなんですが、株が傾いてしまっています↓↓↓「アカデミア

バラ台風被害

株元を見ると、土に亀裂が…。強風で株が振り回されて、傾いたことが分かります

バラ台風被害

根がしっかり張っていなかったら、土からもぎ取られて、株が飛んでたかも…

傾きはスグ直しておきましょう。

 

建物に寄せておいた鉢植えは、被害がありませんでした↓↓↓

庭の台風対策

被害に逢われた方が、早く復旧されますように。。。

台風前に花摘み

2018.09.03

ショップのある名古屋は、明日台風が通る予報です。

台風にもってかれる前に、花摘み↓↓↓ 「シャンテロゼミサト

シャンテロゼミサト夏の花

ローブアラフランセーズ」↓↓↓

ローブアラフランセーズ

女性好みなクラシックな色↓↓↓

ローブアラフランセーズ

一つひとつは、夏の小さな花だけど、集めると、こんなに可愛い!↓↓↓

夏のバラ

ポツポツ咲いてる「エドゥアールマネ」↓↓↓はガラスプレートに浮かべます

エドゥアールマネ

お部屋の中が、華やかになりますよ↓↓↓

バラの装飾

花を水に浮かべる「フローティングプレート」

https://www.hanahana-shop.com/SHOP/va64498.html

暑さが止まりません

2018.08.30

ショップのある名古屋は、週末からずっと35度超え。

暑さが止まりません。 陽射しが強くて、暑そうな庭↓↓↓

暑さの中のバラ

一旦、朝夕が涼しくなって、赤い新芽が見えたのですが、

暑すぎて、再び成長がストップしました。

 

その中でも、キレイな葉で、夏の花をつける「エドゥアール・マネ」↓↓↓

エドゥアール・マネ

エドゥアール・マネ

このバラ、本当に強いです!しかも、花が多い。

 

この暑いのに「レジスマルコン」の下の方から、サイドシュート↓↓↓

夏のサイドシュート

夏以降に出るシュートは、あまり良い枝にならないのですが、

樹にエネルギーがある証拠にはなります。

 

まだまだ夏日が続くので、水切れにご注意!

暑さで傷んだ宿根草の手入れ

2018.08.25

8月中に宿根草の手入れをしておきましょう!

私たちも、やりました!

寒さに強いけれど、暑さで蒸れて傷む“ラムズイヤー”↓↓↓

ラムズイヤー

茶色になった、汚い葉をチョンチョン切っていきます。手でちぎってもOK↓↓↓

ラムズイヤー手入れ

こういう細かい作業のときに役立つのが、

チェアーバケツ」↓↓↓ 座ってやると、集中できるんですよね

チェアーバケツ

中には、道具が入れられます↓↓↓

チェアーバケツ

20分くらいかけて、

花壇のラムズイヤー、ヒューケラなどの宿根草をキレイにしました↓↓↓

夏終わり宿根草の手入れ

台風20号が去った庭

2018.08.24

ショップのある名古屋は、昨晩、台風20号が通り過ぎました。

「被害はどうかしら…」と思いながら、朝のパトロール。

 

最初にコレを見つけて、ギョエッ!↓↓↓ 持ってかれました、でも短いのだからセーフ

台風被害

長いシュートは、麻ひもで縛っておいたので、被害ナシです。

 

他には、咲いた花がちぎれて落ちていたり↓↓↓

台風被害

 

葉がこすれることで、黒く傷ついていたり↓↓↓

葉がこすれた傷

この程度で済みました。

 

その傍らで、夏の花がチラホラ。「アカデミア」↓↓↓夏の花で小さいけれど、色は出てる

アカデミア

夜来香」↓↓↓ 花びらは少し少ないけれど、香りアリ。色もイイ。

夜来香

セラフィム」↓↓↓ まだまだ夏の花だけど、良い香りがします

セラフィム

レジスマルコン」↓↓↓

夏の花レジスマルコン

もちろん、体力消耗させないため、花は全て摘みました。

夏剪定は、9月6日頃にする予定です。

1 / 6212345...102030...最後 »
ページのトップへ