はなはなショップ

バラ苗4本(新苗は5本)以上送料無料 ※種類(秋苗、大苗、裸苗、新苗)が同一の場合 バラ苗以外7,000円(税込)以上

はなはなショップは、毎年「国際バラとガーデニングショウ<西武ドーム>」に出店しております。

今年のバラの花、見納め

2019.12.10

ショップのある名古屋の最高気温は16度。ポカポカ陽気です。

庭に出てみると「ナエマ」の枝が紅葉してました。

枝や葉が赤っぽくなってます ↓↓↓

紅葉した「ナエマ」の枝

そして、バラもポツポツ咲いてました。

ラパリジェンヌ」かと思ったら「モーリスユトリロ」でした ↓↓↓

「モーリスユトリロ」

持久走で「ダフネ」に勝てるバラはいないと思います! ↓↓↓

10月からずーっと咲き続けている「ダフネ」

フェンスの外に咲く孤高の「フラマン・ローズ」 ↓↓↓

たぶん、これが2019年バラの見納めです。

今年は、夏が暑すぎて弱らせてしまってごめんなさい。

来年は、同じ失敗をしないようにするので、安心して休眠してね。

元気なバラは2回目

2019.11.08

樹が元気だと、秋でも2回目が咲きますね。

ラパリジェンヌ」↓↓↓

ラパリジェンヌ


シャンテロゼミサト」 ↓↓↓  ツボミがちらほら

ダフネ」 ↓↓↓  見てるだけで元気がもらえる

樹の元気は、葉の数に比例します。

葉を落とさないことって大事!

バラ専門誌『New Roses』新刊にバックナンバー1冊プレゼント

2019.11.01

バラの専門誌『New Roses2020スペシャル』が刊行されました。

2020年春にデビューする新品種が紹介されています。

New Roses2020スペシャル

上の写真に写っているのは、デルバールのニューフェイス2品種。

白バラは、半つる四季咲きのロゼット咲き。

大輪。ボリュームあるボテッとした花で存在感あります。

デルバールになかった、白の大輪、四季咲き。トゲ少なめ。爽やかな香り。

販売は、2020年2月予約の新苗からです。

赤紫のバラは、リンゴの香りがプンプンしてきます。このバラ好きです!

開き始めのカタチがエレガント↓↓↓色もイイ!

トゲ少なめ、四季咲き、木立性。強くて育てやすいと、お得感満載のバラです。

販売は、2020年2月予約の新苗からです。

名前は雑誌でチェックしてくださいね。

今なら、この新刊にお好きなバックナンバー1冊プレゼントします。

本だけ注文すると送料がかかってしまうので、

送料無料のバラの土、たい肥、肥料と一緒にご注文いただくと節約できます。

◆ 『New Roses2020スペシャル』

https://www.hanahana-shop.com/SHOP/bk34030_15.html

新登場のバラ、ご紹介します

2019.10.31

11月6日(水)20時から

「大苗」「裸苗」「長尺苗」「オベリスク仕立て」「スタンダード仕立て」

の販売をスタートします。

今年は、10月の消費税変更をまたがないように、販売時期を遅らせました。

お待たせしておりますので、さっそくニューフェイスをご紹介いたします。

最初は、「河本バラ園 カルトナージュ」↓↓↓

カルトナージュ

河本麻記子さん作出のアンティークな雰囲気のバラ。

フルーツとティの香りの中輪ロゼット咲き。房で繰返しよく咲く四季咲きです。

https://www.hanahana-shop.com/SHOP/ka21851.html

次は、オランダのブランド“ヤンスペック”の「バリスタ」 ↓↓↓

バリスタ

好みが分かれるバラですが、スッキリした花がお好きな方に。

耐病性、四季咲きが強いので、初心者の方にもおすすめです。

https://www.hanahana-shop.com/SHOP/yana21961.html

残りは、木村卓功さんの“ロサオリエンティス”です。

「アルチーナ」 ↓↓↓

アルチーナ

赤の大輪バラをお探しの方に。 じっくり育てるタイプのバラです。

https://www.hanahana-shop.com/SHOP/rosaa21931.html

「シャリマー」 ↓↓↓

シャリマー

乙女チックな女性好みのバラですね。

「キルケ」と同じような色の出かたですね。

「キルケ」も病気に強いですが、このバラは、さらに強いみたいです。

https://www.hanahana-shop.com/SHOP/rosaa21911.html

「スターリィヘブンズ」 ↓↓↓

スターリィヘブンズ

「星空」という花名のとおり、 花がいっぱい。

樹はコンパクトなので、花壇前列か鉢植えに。

花の寿命も長く、次から次へと花が咲く、お得なバラです。

https://www.hanahana-shop.com/SHOP/rosaa21941.html

最後は「マイローズ」 ↓↓↓

マイローズ

手のかからない次世代のバラというキャッチフレーズで登場しました。

次から次へと花が咲いて花期が長いので、玄関先におすすめです。

https://www.hanahana-shop.com/SHOP/rosaa21901.html

新登場のバラは、販売数が多くないため、お早目にお手続きください。

今年も出ました!巨大イモムシ

2019.10.30

庭に出ると、何やら黒いツブツブが…

庭に落ちた黒いツブツブ

一つ一つ、結構大きいです↓↓↓

大きなツブ

これは、もしや… と探すと ↓↓↓

ですよね~ スズメガのイモムシです。

2匹目 ↓↓↓

3匹目 ↓↓↓

私は、昨年の遭遇で耐性が出来ているので、

https://www.hanahana-shop.com/shop_blog/rose/20181101/

「またお会いしましたね!」という感じですが、

やはりこの大きさ、ちょっとアートなシルエットは、初めての人には 刺激が強いと思います。

枝ごと切って、袋に入れて燃えるゴミへGO。 ↓↓↓

本当は、鳥さんに食べてもらうのが自然なんですが、放っておくと移動するので、また木に登るんですよね。

最後は、お口直しに「ダフネ」をご覧ください。このバラ、丈夫だなぁ

もう、春にかける

2019.10.24

今年の秋のバラは、本当に寂しいです。

名古屋の夏が暑すぎたので、バラが調子を取り戻せてないんですね。

もう、春にかけます!

なんとか咲いてくれたバラでたち。

夜来香(イエライシャン)」↓↓↓

ローズポンパドゥール」 ↓↓↓

セラフィム」 ↓↓↓

クレマチスは、秋も咲いてくれたんですけどね。 ↓↓↓

シャンテロゼミサト秋の花、イマイチの件

2019.10.01

8月26日に夏剪定した「シャンテロゼミサト」の秋の花が

咲き始めました↓↓↓ もう半分散ってます

シャンテロゼミサト秋の花

今日の名古屋市は31度。

ずーっと気温が高いんですね。

だから、咲いた花がイマイチ。あっさりした夏の花になっちゃいました。

↓↓↓

シャンテロゼミサト、残念な秋の花

こんな残暑が続くと分かっていたら、

夏剪定を、あと2週間遅くしたんですけどね。

仕方ありません。

皆さんの 「シャンテロゼミサト」 は、いかがですか?

夏剪定しなかったバラ咲くころ

2019.09.26

夏剪定しなかったバラがポツポツ咲いています。

サントノーレ」↓↓↓ かわいい花

サントノーレ

レジスマルコン」 ↓↓↓  べたーっとした形だから、夏の花ですね

レジスマルコン

ラ・レーヌ・ドゥ・ラ・ニュイ」 ↓↓↓  四季咲き強いです

ラ・レーヌ・ドゥ・ラ・ニュイ

名古屋は先日まで35度あったので、

その頃付いたツボミだと、花が小さいし、イマイチです。

あと、夏剪定を早く行った「シャンテロゼミサト」 ↓↓↓

シャンテロゼミサト

思惑通りに、大きなツボミが付いてきました ↓↓↓

大きなツボミ

あと1週間で咲いてきそうですね。

涼しい日をねらって夏剪定しました

2019.09.13

昨日まで猛暑日だった名古屋が、今日は30度以下。

「今日しかない!」と夏剪定しました。

鉢植えバラ 「ラパリジェンヌ」↓↓↓

鉢植えバラの夏剪定

だいたい、1/3くらいカットするのをイメージしてスタート。

枝がある程度太い場所まで下がっていってカット

完了↓↓↓

夏剪定の完成

カットした枝は、これくらい ↓↓↓

カットした枝葉

庭植えのバラも ↓↓↓  パトラッシュ

夏剪定前のバラ

花が咲いてたり、ツボミが付いていても、カットします ↓↓↓

咲いている花は、あとで飾りましょう

新芽が出ていてもカットします ↓↓↓

夏剪定は、新芽が出ていてもカット

そうして、完成 ↓↓↓

夏剪定の完成

夏剪定しない!と決めたバラもありますよ ↓↓↓  ガブリエル

夏剪定しないガブリエル

葉が少ないので、剪定をせず、冬まで養分を蓄えてもらいます。

ツボミは咲かせないでカットします。

夏剪定は、開花時期を揃えるためにする作業です。

ですから、しなくても花は咲いてくれます。

弱っているバラや、一季咲きのバラにはする必要ありません。

もし、作業する場合は、9月20日頃までには終わらせましょう。

夏の小さな花の飾り方

2019.09.10

夏の小さな花って、どうしていますか?

私たちは、コレです。水に浮かべる↓↓↓

夏のバラ

これなら、センスが無い人でも、キレイに見せられちゃうんです。

本当です。

あと、最近発見したのがコレ ↓↓↓

ツボミを浮かべるんです。

夏剪定前って、ツボミが付いちゃうじゃないですか、

暑くて庭に出られないあいだに…。

で、摘んだツボミを、水に入れるんです。 ↓↓↓

バラのツボミ

すると、次の日にはこんなふうに開くのです。 ↓↓↓

これの良いところは、花びらが傷んでいないので、美しいこと。

長持ちすること。

ぜひ、お試しください!

ガラスのプレートが、残り少なくなりました。お早目に!

◎フローティングプレート

https://www.hanahana-shop.com/SHOP/va64498.html

1 / 7112345...102030...最後 »
ページのトップへ