はなはなショップは、毎年「国際バラとガーデニングショウ<西武ドーム>」に出店しております。

 
HOME > バラの剪定&植え替えグッズ

木立ち性のバラは、冬剪定&植え替えの適期です!

バラは、寒くなると活動をやめ「休眠期」に入ります。
この「休眠期」の間にメンテナンスを行い、春の開花の準備をします。

1~2月のバラの状態

水やり 乾き気味でOK。やり過ぎない。
水やりする時は、気温の高い昼間に。
肥料 必要なし
病害虫 カイガラムシに注意
寒冷地の場合 雪で枝が折れないよう冬囲いをしたり、玄関先へ入れたりする。部屋の中に置くのは暖かすぎるのでNG。剪定&植え替えは11月、4月に行う。

冬剪定とは?

冬剪定とは、伸び過ぎた枝や乱れた樹形を整えるために、枝を切ることです。
春から秋にかけて生育が旺盛なバラは、冬の間に形を整えておかないと、年々背が高くなってしまい、上の方だけに花が咲いてしまったり、枝が混みすぎて病気になりやすくなってしまいます。

  • 伸び過ぎた枝や乱れた樹形

  • 枝を整理する

バラの植え替えとは?

バラの植え替えには、栄養が偏った古い土を養分を含んだ土に替える目的と、土の中いっぱいに生長した根を整理する目的があります。
また、購入した時の小さな鉢のまま育てている場合は、直径30cm前後の鉢へ植え替えましょう。

  • 根の張った鉢、購入時の小さな鉢は植え替える

  • 土と根をリフレッシュ

準備するもの

冬剪定

植え替え

冬剪定の方法

初心者の方は、枝を短くしてしまうことに抵抗があるかもしれませんが、思いのほか春には枝が伸びてきます。
鉢と株のサイズにもよりますが、株元から30センチ程度の高さにしておくと、ちょうどイイ位置で春の花が咲いてくれます。

株全体の1/3~1/2の高さにする

鉢バラの植え替え方法

バラの植替え
(1)株元をつかんで鉢から抜き
古い土を落とす
バラの植替え
(2)手でブチブチとちぎれる
細い根は土ごとむしり取る
根を乾かさないよう注意します
バラの植替え
(3)鉢に鉢底石を2cmほど敷く
バラの植替え
(4)バラの土を1/3入れて
根を広げながら苗を置く
接ぎ木部分は土の上に出す
バラの植替え
(5)高さと角度が決まったら
バラの土を足していく
バラの植替え
(6)棒などを使って
根のすき間にも土を入れる
バラの植替え
(7)鉢縁の3~5cmは
水を溜めるスペースとして残す
バラの植替え
(8)鉢底から溢れるまで水やり
し、水が引いたら繰り返す

地植えのバラの場合

地植えバラの場合準備するもの
準備するもの
手袋/スコップ/バラの熟成たい肥

地植えバラの冬のメンテナンスは、冬剪定&土のリフレッシュです。
株元から30㎝ほど離れた所に、深さ30㎝ほどの穴を3~4か所掘り、その穴に堆肥を入れ、掘り起こした土を戻して混ぜ合わせます。
堆肥を土に混ぜることで、土に栄養分が増すだけでなく、微生物も増えて活発に動きだすので、根が生長しやすいフカフカの土に蘇ります。
1つの穴に必要な堆肥は約5Lです。
2~3年に1回を目安に行ってください。

地植えバラの場合準備するもの

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件~2件 (全2件)

1件~2件 (全2件)

ページトップへ