はなはなショップ

バラ苗4本(新苗は5本)以上送料無料 ※種類(秋苗、大苗、裸苗、新苗)が同一の場合 バラ苗以外7,000円(税込)以上

はなはなショップは、毎年「国際バラとガーデニングショウ<西武ドーム>」に出店しております。

暑さに強いバラが分かります

2018.07.20

フェンスに誘引している「シャンテロゼミサト」の3番花が揃って咲いてきたので↓↓↓

シャンテロゼミサト

朝のうちに、全てカットしました↓↓↓

シャンテロゼミサト3番花

この時期に、これだけの花が咲くのは優秀!

花瓶に活けると、部屋の中がプ~ンと香ります↓↓↓

シャンテロゼミサト

このバラが庭にあると、間違いなく重宝しますね。

見本苗、残りわずか!http://www.hanahana-shop.com/SHOP/dm2626M.html

 

あと、3番花でも見ごたえがあるなぁと感じるのは「レジスマルコン」↓↓↓

レジスマルコン

スタンドトレリスに誘引している「ローズ・ポンパドゥール」↓↓↓ちゃんと香ります

ローズ・ポンパドゥール

エドゥアールマネ」も、大きな花が咲きます!↓↓↓

エドゥアールマネ

枝葉も夏バテしていません↓↓↓

エドゥアール・マネ

こちらも見本苗、残りわずか!http://www.hanahana-shop.com/SHOP/dm2958M.html

 

暑さに強い品種を探している方、参考になさってください。

朝イチで、3番花を摘みました

2018.07.17

異常な気温の3連休明け。

出勤すると、3番花が咲いていました。「シェエラザード」↓↓↓

シェエラザード

パトラッシュ」↓↓↓

パトラッシュ

ダフネ」↓↓↓

ダフネ

フェクロシェット」↓↓↓

フェクロシェット

 

だいたい、3番花は小さくて、ささやかなんですが、これは凄い!

「ローズポンパドゥール」↓↓↓ 暑さに強いことが分かります。香りも強い!

ローズ・ポンパドゥール

 

今週は、40度近い気温になるので、朝のうちに摘んで部屋に飾りました。

ガブリエル」も、暑さに強いので、小さな花が…。香りもします。

ガブリエル

上の方で、切り花にできる程度にカット↓↓↓

バラの花

付いてるツボミは、手で摘みます↓↓↓

夏の摘蕾

いっぱい付いてます↓↓↓

夏の摘蕾

ちっちゃな「セラフィム」も摘んで↓↓↓

夏のセラフィム

花束にすると、可愛い~

セラフィム

一輪挿しに飾りました↓↓↓

バラの一輪挿し

輪挿し4種セット

http://www.hanahana-shop.com/SHOP/va63837.html

 

クレマチス、新芽が伸びてますよ

2018.07.10

ショップのある名古屋も、昨日梅雨明け。

まだ「ミーンミーン」を聞いていないのに、息絶えたセミが庭にコロン↓↓↓

セミ

今日は33度。暑すぎたのかなぁ。

 

刺すような暑さですが、クレマチスの新芽が伸びて絡まりそうだったので↓↓↓

クレマチス

枝を広げる作業をしました↓↓↓

クレマチス

絡まってるヒゲをほどいて、バラの葉の上に乗せておきます↓↓↓

クレマチス誘引

枝どうしが巻き付いていて、思いのほか手こずりました…。

あと1週間早くやっておけばよかった作業でした。

朝イチで、雑草退治

2018.07.09

お庭の徹底掃除を6月14日にやりました↓↓↓

バルコニーガーデン

雑草が一つもない状態に↓↓↓

草抜き後の庭

 

約1か月経った、今日の状態↓↓↓

庭の雑草

イネ科の雑草の勢いが凄い!

庭の雑草

 

ちょうど雨が降った後だし、

今週は連日35度前後になるという予報だったので、

朝イチで片づけよう!と決めていました。

 

この程度なら、「雑草グリッパー」を使えば10分で終わります↓↓↓

雑草グリッパー

ちゃんと、根っこも一緒に抜けますからね↓↓↓

雑草グリッパー

 

10分で、このとおり↓↓↓

庭の雑草退治

 

石の間の雑草には、これ↓↓↓ 「虫とりばさみ

石畳の雑草抜き

こちらも、根っこから取れます↓↓↓

石畳の雑草

そして、10分で終了↓↓↓

雑草退治

気持ちスッキリ!2週間はもってくれるかな。。。

◆雑草グリッパー

http://www.hanahana-shop.com/SHOP/sun34479.html

◆虫とりばさみ

http://www.hanahana-shop.com/SHOP/sun34396.html

台風でシュートを折られないように

2018.07.03

台風が近づいてきていますね。

ショップのある名古屋には、あまり接近しませんが、

後悔しないよう、念を入れて準備をします。

 

この時期の台風で一番避けたいのは、

春から今までに出たシュートを折られることです。

 

「シャンテロゼミサト」のサイドシュート↓↓↓ 来春活躍する、大事な若枝です

つるバラのサイドシュート

このままだと、強風が吹けば付け根からもぎ取られるので、

1年前の秋の台風で起きた、苦い思い出↓↓↓

台風で折れたバラの枝

台風前には、シュートの処理をしておきましょう。

 

まず、ツボミがあっても、枝先をカット↓↓↓ ある程度太い場所で

つるバラ台風対策

 

花が咲く前の若枝は、付け根が柔らかいので、風でユラユラして

付け根からもっていかれないように、麻ひもで緩く固定↓↓↓

つるバラシュート固定

 

つるバラのシュート処理

 

他のつるバラの大事な若枝は、麻ひもで緩く固定↓↓↓

つるバラのシュート処理

 

折れてからでは、元に戻せないので、やれることはやっておきましょうね。

総合点の高い「エドゥアール・マネ」

2018.07.02

この春、ショップの庭にやって来た「エドゥアール・マネ」。

このバラ、可愛い花に加え、

病気が出ないし、花は多いし、花の寿命は長いし、棘少なくオススメです。

 

可愛い色の花↓↓↓ 2番花ですが、花のカタチが安定しています

エドゥアール・マネ

病気が出ていません↓↓↓

エドゥアール・マネ

花数が多いです↓↓↓

エドゥアール・マネ

枝がしなやかで、棘が少ない↓↓↓

エドゥアール・マネ

総合的の高いバラ。

 

鉢植えで木立ちバラとして咲かせてもイイし、

地植えでつるバラとして大きくしてもイイです。

 

今なら、展示会用の見本苗(エドゥアール・マネ)があります。

◆展示会用の見本苗(エドゥアール・マネ)

http://www.hanahana-shop.com/SHOP/dm2958M.html

明日の雨に備えて薬剤散布

2018.06.28

シャンテロゼミサト」の2番花がピークです。

今朝も、コガネムシに食い荒らされる前に、切り花にしました↓↓↓

シャンテロゼミサト

ピンクが濃くなって、美しいです↓↓↓ 巻きは少ないですが…。

シャンテロゼミサト

 

明日は雨が降りそうなので、「黒星病」がひどくならないよう、

ベニカXファインスプレー」を散布しておきました↓↓↓ 庭植えの「夜来香」

バラの黒星病

どれくらいかけるか?というと、液がしたたり落ちるくらい↓↓↓

バラの薬剤散布

今は特に「黒星病」がでやすいので、10日間に1回のペースで、

雨が降る半日前には終わっているよう、スプレーで予防&治療をしましょう!

これから咲く花は、部屋に飾りましょう

2018.06.27

昨日、今年初コガネムシを確認し、3匹捕獲しました!

また、今週は30度超えの気温が続いていますね。

 

今から咲く花は、すぐコガネムシの食糧になっちゃいますし↓↓↓

コガネムシの被害

外は、暑すぎて1日で花が傷んじゃいますから↓↓↓ でろ~んってなります

暑さで傷むバラの花

 

今からの花は、開き始めたらスグ切って、部屋に飾ることをオススメします!

 

ポツポツ咲いている花も、集めれば、こんな豪華に!↓↓↓

バラの切り花

あと、小さい花は一輪挿しに!

左から「シェエラザード」「ローブアラフランセーズ」「ダム・ドゥ・シュノンソー」

一輪挿し

◆一輪挿し http://www.hanahana-shop.com/SHOP/va63837.html

 

房咲きのバラは、フローティングプレートに!

フローティングプレート

◆フローティングプレート http://www.hanahana-shop.com/SHOP/va64498.html

 

この時期の虫被害

2018.06.26

2番花がポツポツ咲いています。

シャンテロゼミサト」↓↓↓ 今年は、色が薄くて花びらの巻が少ないです

シャンテロゼミサト2番花

ローブアラフランセーズ」 一時は全部の葉が落ちましたが、復活して咲いてます

バラ

 

朝のパトロールをしていると、虫の被害が目に付きます。

「エドゥアールマネ」の中に潜っている、黒いピカピカした虫は「ルリマルノミハムシ」↓↓↓

ルリマルノミハムシ

花を食べるので注意!ノミのようにピョンピョン跳ねて逃げるので、すぐ潰しましょう

ルリマルノミハムシ

 

おなじみ、枝の中に卵を産み付ける「ハバチ」の幼虫↓↓↓ 集団でいます

ハバチ幼虫

近くに、生まれた場所が必ずあります↓↓↓

ハバチの産卵場所

 

こちらもおなじみ「バラゾウムシ」被害↓↓↓

バラゾウムシ被害

見つけたら、土の上に落ちる前にカットしてください。ココに卵が入っているので

バラゾウムシ被害の跡

 

出たばかりの芽やツボミに「アブラムシ」と「コナジラミ」↓↓↓

アブラムシとコナジラミ

甘い液を出すので、アリも集まってきます。

コナジラミは大発生するので、「ベニカXファインスプレー」で1秒でも早く退治を!

 

あと、夏のイヤな風物詩「コガネムシ」↓↓↓頭を突っ込んでツボミを食べてました

薔薇の花を食べるコガネムシ

花やツボミを食い荒らします↓↓↓

コガネムシの被害

 

最後に、犯人捜索中のやつ↓↓↓バラゾウムシ被害に似ていますが、違います

虫の被害

茎がガジガジかじられたような跡。バラクキバチ?カミキリムシ?

バラの虫被害

ただいま捜索中です。お心当たりのある方は、ご一報ください!

つるバラ、古枝の剪定しました

2018.06.25

4月に、こんな記事を書きました↓↓↓

来年のために、枝を観察しておきましょう

つるバラの花芽が出なくなった古枝は切りましょう!という記事です。

 

6月15日の様子↓↓↓

つるバラ

冬の剪定で切ろうと思っていましたが、

クレマチスのつるを取り除いて、枝が切れる状態になったので、

冬を待たないでカットすることにしました↓↓↓

つるバラの枝剪定

今はシュートが出やすい時期で、1日でも早く切った方がいいんです

つるバラの剪定

約2.5メートルありました↓↓↓

つるバラの枝

慣れていないと、もったいないと思うかもしれませんが、

つるバラは、こういう枝の更新が必須です。

花が付かなくなった枝があったら、春、早めにカットしちゃいましょう!

1 / 6012345...102030...最後 »
ページのトップへ