はなはなショップ

バラ苗4本(新苗は5本)以上送料無料 ※種類(秋苗、大苗、裸苗、新苗)が同一の場合 バラ苗以外7,000円(税込)以上

はなはなショップは、毎年「国際バラとガーデニングショウ<西武ドーム>」に出店しております。

剪定ばさみ、黒くなってませんか?

2018.05.25

花がら摘み、切り戻しで毎日使う剪定ばさみ、汚れてませんか?

刃の黒いのは、ヤニです↓↓↓ ヤニが付くと、切れ味が確実に悪くなります

剪定ばさみのヤニ

一旦、このへんでお手入れしましょう!

用意するもの↓↓↓

剪定ばさみメンテナンスセット

まず、「ヤニ取りスプレー」を、シュッシュッと刃にかけます↓↓↓

ヤニ取りスプレー

はさみを裏返して、反対側にも↓↓↓

剪定ばさみメンテナンス

20秒待ち、浮き上がった汚れを拭き取ります↓↓↓

剪定ばさみメンテナンス

黒いヤニが落ちました↓↓↓

剪定ばさみメンテナンス

ここで終わって油を塗っても良いのですが、

黒い筋のようなものも、キレイに消してしまいたい方もいると思います。

私も、そのタイプです。

そんな方には「消すピカ」↓↓↓ 消しゴムの要領で、汚れをこすると

剪定ばさみメンテナンス

このとおり、1点の曇りもなくピカピカ↓↓↓

剪定ばさみメンテナンス

これなら満足ですね。

最後に、「サビ止めツバキ油」を1摘垂らし↓↓↓

剪定ばさみメンテナンス

全体に塗りこみます↓↓↓

剪定ばさみメンテナンス

これで、スパスパ切れるハサミに戻りました。

品質の良い剪定ばさみは、お手入れしながら、長く大事に使いましょう!

◆剪定ばさみメンテナンス3点セット

http://www.hanahana-shop.com/SHOP/ss34579_34580_34026set.html

昨日の雨で、第一幕は終了

2018.05.24

昨日の雨で、最後の一番花が散ったので、

今朝のパトロールは、2番花に向けて切り戻しをしました。

 

早く咲き始め、最後まで頑張ってくれた「パトラッシュ」↓↓↓

バラの切り戻し

房咲きの、最後の花が終わったので、切り戻します↓↓↓

バラの切り戻し

切り戻しは、大きくて元気な葉の5mm~1cm上でカット↓↓↓

バラの切り戻し

花がら摘みだけで終わっていた枝も、切り戻しておきましょう!↓↓↓

バラの切り戻し

切り戻しをしておくと、こんなふうに節目から2番花の花芽が出てきます↓↓↓

バラの切り戻し

そして、45日前後で花が咲きます。※四季咲きの場合

 

鉢植えも、全て花が咲き終わったら、同じように切り戻しをしておきましょう↓↓↓

バラの鉢植え

すでにビュンビュン出ているサイドシュート、ベイサルシュートは切り戻さずそのまま↓↓↓

バラのサイドシュート

 

また、切り戻しが済んだら、肥料も忘れずに!

地植えバラは、「花ごころ バラの肥料」2握り↓↓↓

バラの肥料やり

鉢植えバラは、ひと握り↓↓↓

バラの肥料やり

 

 

シュートを出しやすくするためには

2018.05.22

春から夏まで、ベイサルシュート、サイドシュートが出る時期です。

もうビュンビュン出てるバラもあります↓↓↓ 樹勢強し「アカデミア」!

バラのベイサルシュート

レジスマルコン」にもサイドシュート↓↓↓

バラのサイドシュート

凄いのは、トレリスに這わせている「ラ・レーヌ・ドゥ・ラ・ニュイ」↓↓↓

ラ・レーヌ・ドゥ・ラ・ニュイ

写真に写っているだけで、4本のサイドシュートが確認できます。

実際は7本出ています。

 

このシュートは、来年の花を約束してくれる枝なので、

出れば出るほどラッキー!

シュートを何本ゲットするか、で来年の花数が決まる訳です。

 

で、シュートを出やすくするには、どうしたらいいか?

 

出やすい品種、出にくい品種があるので一概には言えませんが、

1. 良質な土に植える ※安価な土だと出にくいです

良質なバラの土

 

2. 花芽が付かない古枝、細い枝、枯れた枝など、不要な枝を取り除く

バラの枝剪定

葉が付いているので、モッタイナイと感じるかもしれませんが、

よーく見ると“出開き”(=花芽の付かない葉)ばかりです↓↓↓ 古枝ですね。

バラの剪定

 

3.  株元に太陽が当たるようにする↓↓↓

株元に太陽

 

どれも、今できることです。

実践して、今のうちにたくさんシュートを出しましょう!

1番花が終わったら切り戻し&肥料

2018.05.21

スタンドトレリスに誘引している

ローズポンパドゥール」の一番花が終わりました↓↓↓

スタンドトレリス

まだ株が若いので、花数は少なかったですが、

濃厚な香りの、ボッテリとした豪華な花が、10輪前後咲きました↓↓↓

ローズポンパドゥール

これを、

花がら摘み&切り戻しhttp://hanahana-shop.com/shop_blog/rose/20160524/

のあと、

肥料やり↓↓↓ 「バラの肥料」ひと握りして、土の上に撒きます

バラの肥料やり

こうしておくと、50日前後で2番花が咲いてきます。※四季咲き品種だけ

 

ここで、嬉しい発見!

ベイサルシュートが3つも顔を出しているじゃありませんか!↓↓↓

ローズ・ポンパドゥール

来年ボリュームアップは、確定ですね。ヤッター!

 

 

1番花は終盤

2018.05.20

1番花は終盤。 ※右奥の紫色は、クレマチス

ローズガーデン

朝のパトロールは、花がら摘みと切り戻し作業で終わります。

房咲きの場合は、終わった花を花首でカット↓↓↓

バラの花がら摘み

一輪咲きの場合は、枝の1/3辺りにある大きく元気な葉の5mm~1cm上でカット↓↓↓

バラの切り戻し

花がら摘みと切り戻しを同時に終わらせる方法です。

 

早く咲いてきた「ガブリエル」は、2番花ではないですが、次の花が咲いてます↓↓↓

ガブリエル

「ガブリエル」は、次から次へと小さいツボミも咲かせるバラです↓↓↓

ガブリエル

 

 

 

 

 

国際バラとガーデニングショウはじまりました!

2018.05.19

2018年国際バラとガーデニングショウが始まりました!

現場から届いた写真をご紹介します。

国際バラとガーデニングショウ

満開ですね。

国際バラとガーデニングショウ

つるバラの仕立て方や、バラの色合わせが参考になります

国際バラとガーデニングショウ

「はなはなショップ」のブースはこちら

国際バラとガーデニングショウ

良い苗木が揃っています!

国際バラとガーデニングショウ

皆さまのお越しを、お待ちしております。

虫が出てきてます

2018.05.18

虫が増えてます。

コガネムシより前に出てくる「ハナムグリ」↓↓↓

ハナムグリ

花潜(ハナムグリ)の名のとおり、花の中に潜っていることの方が多いですね↓↓↓

ハナムグリ

ハナムグリは、花粉や樹液を食べる昆虫なので、目に付く被害はないはず。

そのままにしてOKです。

 

問題は、コレ↓↓↓ ツボミが食べられてます

バラ虫の食害

犯人はコレ↓↓↓ 青虫ですね。ただ、ここまで食べた犯人は違う虫だと思うんです。

バラ虫の食害

もっと大きいやつが潜んでいると思うのですが、

昼間は隠れていて見つけられません。早めに逮捕したいです。

 

虫ではありませんが、こんな花をご紹介。一見、キレイに咲いた花ですが↓↓↓

ローズポンパドゥール

真正面にすると、花が半分に。これは、花の奇形ですね。よくあることです。

ローズ・ポンパドゥール

最高気温30度なので…

2018.05.17

昨日から、事務所は冷房を付けています。

最高気温30度ですから、ドカ~と暑いんです。

 

もう終了したバラもありますが、庭はまだこんな景色↓↓↓

ローズガーデン

 

ローズガーデン

 

でも、これだけ暑いと花がスグに傷むので、花を切って部屋に入れました↓↓↓

バラを飾る

こうすると、お部屋はバラの香りに包まれます。 赤の超大輪は「レジスマルコン」

30度近くになったら、切り花にして、お部屋で楽しむことをオススメします。

バラの器

持っていると重宝するガラスの器。

◆フローティングプレート

http://www.hanahana-shop.com/SHOP/va64498.html

 

超大輪「レジスマルコン」

2018.05.16

一番遅く咲くバラ「レジスマルコン」が開いてきました↓↓↓ 甘く香ります

レジスマルコン

このバラ、大輪です。

 

ダム・ドゥ・シュノンソー」も大輪なので↓↓↓

ダム・ドゥ・シュノンソー

 

どちらが大きいか比べたところ↓↓↓ 「レジスマルコン」の勝利!

バラの花

レジスマルコン」には、超大輪の称号をさずけます。

 

強い雨の被害

2018.05.14

日曜日は、雨が強く降りましたね。

ショップのバラたちも、いくつか被害を受けました。 一部をご紹介します

バラの花、雨被害

シャンテロゼミサト」の花びらは、雨に弱いです

バラの雨被害

エドゥアールマネ」も、花びらの外側が茶色くなります

バラの雨被害

今年の春は、25度を超えたと思ったら、寒くなり、

その次の日はまた25度超えて、その次は強い雨…、なんて

ころころと天気や気温が変化するので、花びらの傷みが目立ちます。

どうにかしたいですが、自然相手なので、どうにもなりません。

(鉢植えならば、家の中に入れることで回避できます)

 

その中でも、キレイに咲いてくれるバラもあるので、そちらに目を向けましょう!

シェエラザード」↓↓↓ 植替えが遅かったので、今が満開

シェエラザード

ラ・パリジェンヌ」↓↓↓ 今春は、黄色が強く出てます

ラパリジェンヌ

ダム・ドゥ・シュノンソー」↓↓↓ 豪華な横長トレリス仕立て

ダム・ドゥ・シュノンソー

ラ・レーヌ・ドゥ・ラ・ニュイ」は、花の寿命が長いです↓↓↓ 3枚連結のトレリス仕立て

ラ・レーヌ・ドゥ・ラ・ニュイ

一番花の寿命が長いのは「パトラッシュ」↓↓↓

パトラッシュ

スタンダード仕立て「ラ・ドルチェ・ヴィータ」。今年は花数が少ないものの、一つひとつはキレイ

ラ・ドルチェ・ヴィータ

 

1 / 5712345...102030...最後 »
ページのトップへ