はなはなショップは、毎年「国際バラとガーデニングショウ<西武ドーム>」に出店しております。

 
HOME > ドリュ

ドリュとは?

フランスドリュのバラ
ローヌ県のモンタニーにある
ドリュ社のバラ畑
フランスドリュのバラ
研究と育種の担当フランソワ(左)
生産の担当ジョルジュ(右)

ドリュとは、フランスのローズブランド。
会社はフランス南東部、リヨンから車で1時間ほど走ったローヌ県のモンタニーという小さな村にあります。


ドリュ社の創業者はフランソワ・ドリュ。
1930年、植木生産者として創業し、当初は主に草花、植木生産を行っていました。


バラ苗の育種を始めたのは1940年、世界的な育種家メイアンとの出会いがきっかけでした。


華やかな中にも、ソフトなニュアンスのバラ


1954年、甘い香りの赤いランブラーローズが誕生し、その後バラの育種専門に。1985年からは、創業者の孫にあたる兄弟(右写真)が加わり、“IMAGINE LA ROSE(バラの夢)”“Craftmen of the roses(バラの職人)”をキャッチフレーズに、色彩豊かで香り高い品種を多く作出しています。


日本デビューを果たしたのは、2012年春。2013年国際バラとガーデニングショウで「ミステリューズ」が注目を集めました。





商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件〜20件 (全20件)

1件〜20件 (全20件)